義史のB型ワールド

2013年2月22日

ちょっとしたプチ同窓会で、どんちゃん騒ぎ!!!なので、何を食べたか覚えて無いけどその時の料理をご紹介!!!

Filed under: エンターテイメント — 代理人 @ 9:43 午後
 
代理人記録
 
ここ数年、年が明けた1月下旬頃になると何故か?昔懐かしい友人達との集いがある。2年前は同期入社で、今は地元福井に帰って電器店を営んでいる新入社員当時の友人夫婦に会いに福井まで行き、昨年は大学時代の同級生で、卒業後も偶にマージャンをしていた友人達と姫路で飲み会、そして今年は、これまたちょっと珍しく?小中学生の時の同級生からの飲み会の誘いがあったので参加する事になった・・・(宴会と言えば・・・、今年は中島みゆきコンサートツアーの”縁会”にも参加した?のだが・・・)。
 
くしやもつやぶっちぎり
こちらが今回のプチ同窓会?の宴会場である山電高砂駅前に2年程前に誕生した居酒屋『くしや もつや ぶっちぎり』で、このお店はこの辺りでは珍しく、深夜遅くまで開いているので、昨年の春頃に行われた同窓会の3次会?で閉店近くまで飲んでいたお店だ。で、今回の飲み会のメンバーは男子はその時にも最後まで一緒だった2名なのだが、女子は今まであまり一緒に飲んだ事が無いメンバー4名、それに私を入れて7名のプチ同窓会と相成った・・・。
 
で、何時もであれば此処からこの日に食べた料理の事を、ウダウダ書いて紹介するのだが、この日は生ビール2杯を飲んだ後、直ぐに日本酒と焼酎に切り替えた為、早々に酔っ払ってしまった事や、そもそもテーブルが広いので、注文した全部の料理を食べた訳でも無いので、取り敢えず目の前に来た料理で写真に残っていた物だけをご紹介・・・。ちなみに味に関しては、食べたかどうかすらの記憶が曖昧なので、今回はほとんど写真のみの紹介となるが、ご了承を・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会サラダくしやもつやぶっちぎり飲み会サラダくしやもつやぶっちぎり飲み会サラダ
まず最初に運ばれて来たのが、今回は女子?メンバーが多いと言う事もあってか、この様な”サラダ”が何種類か・・・。てか、若干、お肉はダメ?とか言う人が居たので、私の大好きな肉系のメニューはあまり頼まなかった?様な気が・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会串かつ10本盛り
続いて運ばれて来たのが、居酒屋定番のメニューでもある”串かつ10本盛り”で、こちらは2皿ほど頼んだはず。で、このうち、お肉とウインナーを食べた記憶はあるのだが・・・、ま、そんな程度。
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会ピザ
その次に運ばれて来たのは、こちらの”ピザ”で、ご覧の様に薄い生地の”ピザ”で、トッピングも何と無くシンプルな感じだったが、約1名、偉くこの”ピザ”が気に入った様で、最後の遠慮の塊までしっかりと食べておりました
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会グラタン
そしてこちらは”グラタン”?か、何かそんな様な物・・・。はっきり言って、一体何時頼んだのか、料理名が何なのかは全く持って不明・・・。きっと私は食べて無い気がする・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会アサリの酒蒸し
そしてこちらが、見たマンマだが”アサリの酒蒸し”。こちらの料理は目の前を通過した事は記憶にあるのだが、これまた食べて無い気がする・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会ジャガバター
で、こちらも見たマンマの”ジャガバター”?で、これまた食べたかどうか、ちょっと怪しい・・・。ま、この頃は宴会が一番盛り上がって、話が弾んでいた頃なので、食べてる場合じゃ無い?みたい雰囲気だったと思うし・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会
そしてこちらは・・・、もう何か全然判りません!
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会海老マヨ
そしてこの日、多分であるが一番最後に運ばれて来たのがこちらの”海老マヨ”。この”海老マヨ”は私も食べたくて頼んだ記憶があるのだが、これまた食べたかどうかは記憶に無い・・・。雰囲気的に、さあ食べよう!と思った頃に、この居酒屋での宴会が終わって2次会に向かった様な気がするのだが・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり飲み会赤兎馬
最後に・・・、こちらがこの日、私が途中から飲んでいた焼酎の”赤兎馬”(せきとば)で、女子の中の誰かが飲んでいたので、それに釣られて後半はずっとこの”赤兎馬”を飲んでいたのであった。ちなみにネットでどんな焼酎か調べてみると”厳選された良質の黄金千貫と鹿児島特有のシラス台地で天然濾過(ろか)された清冽な水から誕生。「人中の呂布、馬中の赤兎」と讃えられた「赤兎馬(せきとば)」は、三国志に登場し、一日千里を走ると詠われた名馬です。口当たりは淡麗でありながら、喉を伝わる重厚な味わいは、南の大地を猛然と駆け抜ける、まさに「薩州赤兎馬(せきとば)」と呼ぶにふさわしい逸品です。非常にまろやかで、上品な芋焼酎の風味と旨みを持ち、初心者の方でも十分楽しんでいただける焼酎に仕上がっております”との事。
 
そう言えば、この”赤兎馬”を飲みつつ、三国志の話題で少し盛り上がったのだが、まさか女子(と言っても・・・)の方々と三国志の話で盛り上がるとは・・・、時代も変わったものだ・・・、と思ったのであった・・・。
 
それはさて置き、この後全員揃って近くのスナックへ突入!!!日付が変わる時間近くまでドンチャン騒ぎが続いたのであった!!!何かこう言ったプチ同窓会も中々楽しいもんだ!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.