義史のB型ワールド

2013年2月18日

大阪で”一日分の野菜カレー”とやらを食べた!キャンプ場で食べるカレーをイメージしているらしいのだが、何故か炒めてる・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:24 PM
 
代理人記録
 
中島みゆきコンサート大阪公演”の最終日、再び大阪へとやって来た。で、この時の大阪到着は午後4時過ぎと、夜飯を食べるにはちょっと早い時間ではあったのだが、コンサート中にお腹が空くとコンサートに集中出来ないので、何時もの如く先に軽く何かを食べて置く事にした。で、ふと頭に浮かんだのが、この数日前に”中島みゆきコンサート”へ来た帰りに立ち寄った『牛たん炭焼 利久』があるエキマルシェ大阪店の中にあるカレー屋さん・・・。以前に三宮にある”神戸牛専門店で一日分の野菜が入ったカレー”とか、あるいは加古川にある”博多金龍で一日分の野菜が入ったと言う野菜ラーメン”を食べた事があるが、そのカレー屋さんでは、そのものずばり”一日分の野菜カレー”と言うメニューがあった事を思い出したので、食べに行ってみた。
 
野菜を食べるカレーcamp野菜を食べるカレーcamp
こちらが今回”一日分の野菜カレー”とやらを食べに行った、その名も『野菜を食べるカレー camp』と言うお店で、その紹介文を読むと”東京代々木の路地裏発。女子が行列する話題の野菜カレー専門店。アウトドアな店内でライブ調理される熱々カレー”で人気のお店との事。で、このお店があるエキマルシェ大阪が、昨年の12月頃?にオープンした、比較的新しい商業施設と言う事もあってか、午後4時過ぎと言う、ランチにもディナーにも若干中途半端な時間にも関わらず、ほぼ満席状態だった。この時間にカレー屋さんが満席になる辺りは流石に大阪?と言うのか都会ならでは?だよねえ・・・。
 
野菜を食べるカレーcamp
それはさて置き、こちらが『野菜を食べるカレー camp』の店内で、これまたお店の紹介文を読むと”アウトドアをテーマに、店内の装飾や器使いにも独自性を出していて、1品1品調理しライブ感を演出”と書いてある様に、何と無くキャンプ場でカレーを作っている様な雰囲気を作っている。が、実際にカレーを作っている様子を見ると、キャンプ場で食べるカレー・・・、と言う割には大きな鍋で煮込んだカレーでは無く、元となるカレールーと野菜を一緒に炒め、それを熱々にした鉄板の上に、ご飯を入れその上からカレーをかけると言う、あまりキャンプ場では作らないカレーっぽいのだけど・・・。
 
野菜を食べるカレーcampのメニュー野菜を食べるカレーcampのメニュー
で、こちらが『野菜を食べるカレー camp』のメニューで、看板メニューである”一日分の野菜カレー”を筆頭に、”トマトと生姜のチキンカレー”とか”茄子と豚肉の旨味噌炒めカレー”等の、個性的なカレーメニューが並んでいる。それらのカレーもちょっと気にはなったのだが、今回がこのお店初訪問なので、素直に1人前に”トマト、イエロートマト、レンコン、茄子、ししとう、カボチャ、じゃがいも、しめじ、えのき、マイタケ、さつまいも、パプリカ、小松菜、合挽肉等の季節野菜を12品目以上、一日の野菜摂取量である350g以上の野菜”を使っていると言う”一日分の野菜カレー”を注文!!!。ちなみにまたまたお店の説明では”代々木本店では不動の一番人気、最強メニュー”なんだとか。後、プラス150円すると”鶏手羽煮込のせ”になるらしく、それもちょっと食べてみたかったのだが、コンサート鑑賞前に、あまり食べ過ぎるのも良く無い・・・、と思い、今回は見送る事にした・・・。
 
野菜を食べるカレーcamp野菜を食べるカレーcampキャンプと野菜と本のしおり
ちなみに、カウンター席のテーブルの上に目を向けると、お手拭やティッシュが”飯ごう”の中に入れて置いてあるし、セルフのお水もご覧の様な水筒に入れて置いてある。写真を撮るのを忘れたが、最初に出て来たお水が入ったコップも”ステンレスカップ”で、確かに上でも書いた様に”食器類でもキャンプの雰囲気を演出”しているらしい・・・。中々ちょっと珍しいカレー屋さんだ。
 
野菜を食べるカレーcamp一日分の野菜カレー
で、そんなこんなしていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”一日分の野菜カレー”で、お値段は990円也。ご覧の様に”オリジナルの鉄製の小型フライパン”にカレーが入っていて、それをテーブルに置いてあった”スコップ型のスプーン”で食べると言う、見た目にも楽しそうなカレーだ。ちなみにフライパンの取っ手部分には、火傷防止用の布?みたいな物が巻いてある。てか、テーブルの上もステンレス?の板が敷いてあって、熱々のフライパンを直接その上に乗せて出して来るってのも、中々ワイルドだろ~?。
 
野菜を食べるカレーcamp一日分の野菜カレー
ちなみにこちらが”スコップ型のスプーン”で、何かちょっと可愛らしい雰囲気がある・・・。このスプーンをお土産で売ればそこそこ売れそうな気がする・・・、てか、既に何処かで売っているのかも知れないが・・・、ちょっと欲しいかも(amazonで検索すると、何種類も売っていた・・・。ちょっと買ってみようかな・・・っと)。
 
野菜を食べるカレーcamp一日分の野菜カレー
そしてこちらが”一日分の野菜カレー”で、お値段は990円也。お店の商品説明に寄ると”トマト、オクラ、シシトウ、ナス、タマネギ、ジャガイモ、カボチャなど、季節の野菜をオーダーごとに炒め、炒めダレと呼ぶ独自のスパイシーなペーストを加える。さらに野菜スープを入れてひと煮立ちさせ、1品1品仕上げている”との事。パッと見た感じは、何と無く”カレーハウスCoCo壱の鉄板カレー”に似ている様な気もするが、商品説明にもある様に、カレーと野菜を一緒に炒めて煮込んであるので、”鉄板カレー”とは少し違う・・・。
 
で、そのカレーのお味であるが・・・、野菜がたっぷりと入っている事もあってか、イマイチカレー自体の味は良く判らない・・・。と言うか、好みの問題だろうけど、私にはこれは旨い!と思える様な味では無い。しかもキャンプ場で食べる様なカレーの味とも程遠い様な・・・。ま、このカレーは、カレーの為のカレーでは無く、野菜を食べる為のカレーなんだろう?か?
 
野菜を食べるカレーcamp一日分の野菜カレー
ちなみに、カレーの中から野菜を探し出してみると、色んな種類の沢山の野菜が出て来る・・・。確かに今まであちこちのお店で食べて来た”野菜カレー”と比べると、野菜の種類と量は一番多い様な気はする。そう言った意味では中々楽しいカレーだったかな。
 
てな事で、最近出来たばかりのエキマルシェ大阪の中にあるカレー屋さんへ行ってみたのだが、味は兎も角として、お店的には中々楽しいお店だった。メニューを見ると夜限定の”スパイシーBBQチキンカレー”とやらもあって、何かそれもちょっと気になるので、次回このお店に行く事があれば、そちらのカレーを食べてみたいと思うのであった。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。