義史のB型ワールド

2013年2月12日

ヤマトヤシキの物産展で”あわじ島バーガー”を食べた!確かにビーフとオニオンたっぷりでメチャ旨かった!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:44 PM
 
代理人記録
 
ヤマトヤシキ加古川店”で開催されていた”新春うまいものまつり”で、”札幌ラーメン”を食べているとその隣にあった”あわじ島バーガー”が何か気になる・・・。てか、”あわじ島バーガー”と言えば、”姫路食博”とか”加古川楽市”とかのグルメイベントの会場で良く目にするお店なのだが、今まで一度も食べた事が無い・・・。って事で、”札幌ラーメン”を食べた後に、ちょっと時間を置いてから試しに食べてみる事にした。
 
淡路島オニオンキッチン淡路島オニオンキッチンあわじ島バーガー
こちらが”あわじ島バーガー”を販売していた『淡路島オニオンキッチン』の出店ブースで、お店の名前とか全体的な飾り付けとか、あるいはそもそも”あわじ島バーガー”のポスターも”姫路食博”等の会場以外で見た事がある様な気がして、ふと昨年の淡路日帰り旅行?の記事を見てみると、その時に”大鳴門橋”の袂にある”道の駅うずしお”で”淡路島玉ねぎソフト”を食べたお店が、この『淡路島オニオンキッチン』だったらしい・・・(他にもお店はあるらしいが・・・)。
 
淡路島オニオンキッチンあわじ島バーガー淡路島オニオンキッチンあわじ島バーガー
で、その”あわじ島バーガー”とは一体どんな物かと言うと・・・、何か一杯あって一々説明が出来ないので、上のパンフレット?の紹介文でも読んで頂戴!ちなみに、出店ブースの垂れ幕に”日本で2番目にうまいバーガー”と書いてあったのは、”2012年度全国ご当地バーガーの祭典とっとりバーガーフェスタ2012”で、第2位を獲得したから?らしい・・・。
 
淡路島オニオンキッチンあわじ島バーガー
そしてこちらが”あわじ島バーガー”を買うと一緒に付いて来た、小冊子?の中の説明ページ・・・、を公式サイトから拝借した画像・・・。で、”あわじ島バーガー”を一言で言うと”5種類の淡路島産玉ねぎと淡路ビーフ”を使った、バーガーとの事。
 
淡路島オニオンキッチンあわじ島バーガー淡路島オニオンキッチンあわじ島バーガー
そしてこちらが実際に買って食べた”あわじ島バーガー”で、お値段は1個500円也。包み紙を開けると何時もの様に?具がお尻を向いていたので、見映えの良い様に具が見える様に表向けたのだが、何か余計に具が崩れてしまった様な気が・・・。ちなみに”淡路ビーフ”は、ハンバーガーになっている訳では無く、甘辛く味付けされた焼肉風の淡路ビーフがそのまま挟んである。
 
淡路島オニオンキッチンあわじ島バーガー
てな事で、早速”あわじ島バーガー”を食べてみると、思いの他、淡路ビーフがたっぷりで肉肉しい感じだし、それに加え中々ジューシー・・・、と言うのか特製の”玉ねぎ・トマトソース”とやらがこれまた旨い!そしてそおお肉の旨みに、”玉ねぎカツ”や”オニオンスライス”等の”5種類の淡路島産玉ねぎ”が加わって、全体的に物凄く美味しいバーガーだ。全国ご当地グルメバーガー大会で2位になったと言うのも納得出来る味だ!
 
淡路島オニオンキッチンあわじ島バーガー
ちなみにこちらは、その翌日に管理人さん邸に手土産で持って行った時に食べた”あわじ島バーガー”の断面。先の写真を見れば想像が付くのだが、具がちょっと偏っている為に、お肉がたっぷりな方と、玉ねぎ中心の方の2つが出来てしまい、それを食べた二人の方は全然違うバーガーと言う印象を持った様だ・・・。やっぱこの手の具沢山のバーガーは一人で全部を食べないと、その味の神髄は判り辛いかも・・・。
 
てな事で、今迄から何度も目にしつつ、一度も食べた事が無かった『淡路島オニオンキッチン』の”あわじ島バーガー”を初めて食べたのだが、中々美味しいバーガーだった。時々『マクド』や『ロッテリア』でハンバーガーを食べているが、やっぱそれらのチェーン店の味とは全然違う、別次元の美味しさがあった。また何時か機会があれば食べてみよっと!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。