義史のB型ワールド

2013年2月11日

ヤマトヤシキ加古川店の新春うまいものまつりで札幌ラーメンを食べた!何か昔長柄の素朴な味のラーメンだった。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:18 PM
 
代理人記録
 
当ブログで時々書いているが、私が現在の様なラーメン好きになった、そもそものきっかけはと言うと、幼き頃に父に連れられて良く行っていた百貨店北海道物産展で定番の”味噌ラーメン”を食べた時ぐらいから・・・。当時は今みたいにラーメン専門店と言うのは数える程しか無く、基本的に家でインスタントラーメンを作って食べるか、あるいは中華料理屋さんへ行った時に食べるぐらいでしか無かったので、その一風変わった?”北海道札幌ラーメン”を食べた感動は大きかった。そんな事もあり、今でも百貨店で開催される物産展は結構好きなイベントだし、その中でも”北海道物産展”には特別の思い入れがあり、時々あちこちの百貨店で開催されている”北海道物産展”には結構行っているのであった。
 
で、今年の1月の中旬頃にヤマトヤシキ加古川店で開催されていた”新春うまいものまつり”には、何故か”北海道札幌ラーメン”のお店が出店していて、しかも今回は加古川店では珍しく、会場で食べれる特設茶屋も開設されると耳にしたので、久々に”北海道札幌ラーメン”を食べるべく、催し会場に寄ってみた。
 
札幌ラーメン熊吉チラシ
ちなみに、こちらは1月中旬頃に開催されていた、”ヤマトヤシキ加古川店”の北海道物産展のチラシで、それを見ると今回出店しているのは『札幌すすきのラーメン横丁熊吉』と言うお店で、その下の説明を読むと、『まるは製麺所』と言うラーメンの麺を作っている会社直営のラーメン屋さんらしい・・・。札幌の製麺所と言えば”西山ラーメン(西山製麺)”があまりにも超有名で、それ以外の製麺所の名は余り耳にした事が無い事もあって、『まるは製麺所』の事は全く知らないのだけど・・・。
 
札幌ラーメン熊吉
それはさて置き、こちらが”新春うまいものまつり”の会場の一角にあった『まるは製麺所/札幌ラーメン熊吉』で、”北海道物産展”の時だと結構賑わっていたりするのだが、ランチタイムの割にはあまり多くのお客さんは居なかったかな・・・。
 
ちなみに、昨年の春頃に、同じくこのヤマトヤシキ加古川店で開催されていた北海道物産展に出店していた、私の大好きな『旭川らーめん山頭火』の時は、食べるスペースがメチャ狭かったのだが、今回は壁側と通路側に横一列でテーブル席が置いてあって、以前の様に狭苦しい事は無く、また、ラーメンの他、この会場で売っている他の商品を持ち込んで食べるのもオーケーの様だった・・・。
 
札幌ラーメン熊吉のメニュー
そしてこちらが『札幌ラーメン熊吉』メニューで、定番の正油、塩、味噌の他にみそバターラーメンとかチャーシューメンがあるのみ。物産展の会場の特設茶屋と言う事もあって、ご飯類等一切無い、会場限定のメニューだ。で、このお店は”札幌ラーメン”のお店なので、定番の”味噌ラーメン”でも食べ様かな?と思ったのだが、何か気分が”味噌ラーメン”じゃ無い・・・。そもそも、”札幌味噌ラーメン”が有名になったのは、札幌にある『味の三平』が”味噌ラーメン発祥のお店”と言うだけで、全てのお店が”味噌ラーメン”が美味しい・・・、と言う訳では無い・・・。って事で、この日は普通の”正油ラーメン”を食べる事にした。
 
札幌ラーメン熊吉正油ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”熊吉の正油ラーメン”で、お値段は735円也。この催し会場に来る前にお店の公式サイトをチェックしたら”正油ラーメン”は”鶏がらと豚骨白湯のダブルスープで すっきりしたコクと深み”と書いてあったのだが、何か普通に鶏ガラベースの淡い醤油色のスープに見える・・・。
 
で、そのお味であるが、見た目通りの何と無く懐かしさを感じさせる、昔長柄の中華そば・・・、と言うのか醤油ラーメンな感じで、スープの表面には脂分が浮いている物の、それ程の旨みも無く、雰囲気的には一昔前のラーメン・・・、と言う様な印象。私が時々、北海道へスキーに行っていた頃に、札幌横丁で食べたラーメンはこんな味だったのかなあ・・・、と思う様な味?だったかな。
 
札幌ラーメン熊吉正油ラーメン
ちなみにこちらは、今回食べた”熊吉ラーメン正油”にトッピングされていたチャーシューで、食べた感じはちょっと噛み応えがある固さの、これまた一昔前の味わいがあるチャーシューだ。最近はチャーシューだけでも別に頼んで食べてみたい・・・、と思う様なラーメン屋さんが数多くなった事に比べると、こちらも何と無く一世代前の味?と言う様な印象だった・・・。
 
札幌ラーメン熊吉正油ラーメン
そしてこちらが、ある意味一番の特徴とも言える『まるは製麺所』ご自慢の麺で、”札幌味噌ラーメン”定番のやや太目のちぢれ麺だ。折角の製麺所直営のお店なのだから、味噌にはちぢれ麺、正油にはストレート麺と言う風に、麺に拘って欲しかった気もするのだが・・・。それはさて置き、この麺の味であるが、何か印象的には業務チックな麺のお味・・・。最近は自家製麺のお店が増えて来た事もあってか、それらと比べると何かちょっと味とか食感が違うのよね・・・。でも一昔前は、お店で食べると大体がこんな感じの麺だった様な気もするし・・・、と言う事で、スープ同様にちょっと懐かしさを感じる様な麺だったかな。
 
てな事で、この日は”札幌ラーメン”を食べてみたのだが、何から何まで、まさに一昔前の?札幌すすきのラーメン横丁の味を彷彿とさせる様な味と内容のラーメンだった・・・。札幌と言えば味噌ラーメン札幌ラーメン熊吉熊吉ラーメン(味噌)だが、個人的にもう一度食べたい味噌ラーメンと言えば・・・、やっぱ”もんどの熟成味噌ラーメン”(マスターの拘りで麺も西山製麺製だった・・・)みたいな野菜がたっぷり入った味噌ラーメンかなあ・・・。『味の三平』の味噌ラーメンもそうであった様に、味噌ラーメンには炒めた野菜のトッピングが必須だと思う、今日この頃なのであった・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。