義史のB型ワールド

2013年2月7日

”豚のスタミナ丼”に釣られて、またまたアスパ高砂内のうどん屋さんで食べてみた!”スタ丼”とは違う素朴な味の豚丼だった。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:38 PM
 
代理人記録
 
少し前にアスパ高砂内にある『手打ちうどん工房 せらび亭』へ行って何と無く懐かしい響きがした”ハイカラうどん”を食べたのだが、その翌週にアスパ高砂に買物に寄った時にお店の前を通ると、今度は個人的に最近ハマっている?”スタミナ丼”が”日替り定食”のメニューの中にあったので、またまたそれに釣られて食べに入ってしまったのでご紹介・・・。
 
手打ちうどん工房せらび亭
こちらがまたまた行って来た『手打ちうどん工房 せらび亭』で、前回の記事でも書いた様にこのお店の昼間は大盛況で、この日の入店時間は午後12時40分過ぎだったのだが、店内はほぼ満席。テーブル席は当然の如く、窓際のカウンター席もほぼ埋まっていたので、真ん中のコの形をしたカウンター席に座る事に。偶に外のフードコートのテーブル席まで出前している姿を見る時があるぐらいに流行っている・・・。ま、それだけ賑わっている要因は、味よりば場所・・・、と言う気はしないでも無いが・・・。
 
手打ちうどん工房せらび亭日替り定食の見本
それはさて置き、こちらがお店の前に置いてあった、この日の”日替り定食”の見本で、先に書いた様にこの日は”豚のスタミナ丼”と”こぶうどん”との事。当ブログで時々紹介している”伝説のすた丼”を2年ぐらい前?に食べて以来、何かちょっと”スタ丼”と聞くと体が反応してしまうのだ・・・。ま、お店的に”伝説のすた丼”で食べれる”スタミナ丼”とは全然違うだろうなあ・・・、って事は想像出来たのだけど・・・。
 
手打ちうどん工房せらび亭の5%割引券
ちなみにこちらは、前回来た時のレシートの裏にスタンプで押してくれた”5%割引券”。割引率的にはしれているし、イオン感謝デーに来ると割引券が無くても5%引きだったと思うので、あまりお得感の無い割引券ではあるが、有効期間中に来る事は滅多に無いので、折角なので使ってみたのだった・・・。流石のこの日の帰り際には割引のスタンプは押して貰えなかった・・・。客を繋ぎとめて置くと言う意味では『かつや』みたいに、毎回割引券を渡した方がお店的にはメリットあると思うのだけどねえ・・・。
 
手打ちうどん工房せらび亭日替り定食豚のスタミナ丼とこぶうどん
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらのこの日の”日替り定食”で見本通り”豚のスタミナ丼”と”こぶうどん”、それに小鉢とタクアンの漬物が付いてお値段は780円也(さらにこの日は、割引券利用で741円)。見本の処には特に何にも書いては無かったが、雰囲気的には”豚のスタミナ丼”は何時もの如く?ミニサイズの様だ。
 
手打ちうどん工房せらび亭日替り定食の豚のスタミナ丼
そしてこちらが、何と無くネーミングに釣られて食べたくなった”豚のスタミナ丼”なのだが、ボリュームは当然として見た目も”伝説のすた丼”とは全然違うタイプの”スタミナ丼”でニンニク風味は一切無い、豚肉と玉ねぎを焼肉のタレを使って炒めた感じの”スタミナ丼”だ。とは言え、この手の焼肉風の味は好きなので、それなりに美味しかったけど。ちなみに後から思ったのだが、”博多金龍で食べたミニスタ丼”の方が”伝説のすた丼”に近い味だった様な気がする・・・。
 
手打ちうどん工房せらび亭日替り定食のこぶうどん
そしてこちらはこの日の”日替り定食”のもう一品である”こぶうどん”で、基本的にはこの前に食べた”ハイカラうどん”に昆布が加わっただけの”こぶうどん”で、味的にも昆布があるか無いかの違いでしか無い。”うどん”も讃岐うどんと言う割には柔らか目で、雰囲気的にはこのお店にやって来るご年配の方々のお口に合わせているのかも知れない・・・。
 
手打ちうどん工房せらび亭日替り定食の小鉢と漬物
ちなみにこちらはこの日の”日替り定食”に付いていた”小鉢とお漬物”で、遂、先日来た時と全く同じく”切り干し大根とタクワンの千切り”だった。味に関しては特に語るべき事も無く・・・
 
てな事で、今回は”豚のスタミナ丼”に釣られてまたまたアスパ高砂の中にある『せらび亭』に行って来たのだが、予想通り?私が期待してた”伝説のすた丼”とは全く事なる、また”北海道帯広名物の豚丼”とも違う、それでも何か食べた事がある様な”豚のスタミナ丼”だったかな。それはさて置き、次回このお店が来る時があれば”日替り定食”では無く、普通に”鍋焼きうどん”でも食べてみたい気がする・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。