義史のB型ワールド

2012年12月28日

10月の頭にオープンした”おうどん居酒屋”で今度は”鍋焼きうどん”を食べた!割引券も無くなったし、もしかしてこれで最後?

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:26 PM
 
代理人記録
 
今年は春から夏にかけて頻繁にやって来ていた”ご主人様”なのだが、その作業もひと段落し秋口から余り来なくなった。が、11月の下旬、ちょっとした所要で久々にやって来る事になった。作業自体は午前中の約1時間弱で終わったので、その後、ランチをご一緒して分かれる事となった。で、この日ランチを食べに向かったのは、前々から”ご主人様”には一度評価していただきたいと思っていた、今年の10月に荒井に誕生した『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』。割引券も丁度2枚残っていた事もあり、迷う事無くそちらのお店に行く事となった。
 
讃岐おうどん居酒屋たかさご本家
こちらがまたまた行って来た『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』で、お店到着は午前11時50分頃だったのだが、今迄何度か来た時は、この時間帯でも既に賑わっていたのだが、流石にお店が誕生して二ヵ月近く経ったからか、この時点では未だあまりお客さんは入っていなかった
 
讃岐おうどん居酒屋たかさご本家
って事で、この日は初めて窓側の明るい座敷席に案内される事となった。上の写真は今まで何回か来た時に、良く座っていた席側の様子。となると、後はお店の奥の広間風の座敷席の方に行ってみたくなるのだが、奥の席に行くには余程の大人数で来るか、手前側の席が全部埋まっている場合しか無さそうなので、私が奥の席に行くのはちょっと難しそうだ。
 
たかさご本家鍋焼きうどんメニュー
で、この日は数えて4回目の訪問なので、そろそろお店の売りの一つである”創作うどん”でも食べ様かと思ってメニューを見ていたら、一枚物の別メニューに、この様な”鍋焼きうどん”のメニューを発見!。それを見ると”通常価格1180円が期間限定特別価格980円”との事。限定物に弱い私だし、しかも割引商品にはもっと弱い・・・。すっかり季節は冬だったし”鍋焼きうどん”は持って来い!って事で、この日は試しにこちらの”鍋焼きうどん”を食べる事にした。
 
ちなみに”ご主人様”は、セット物を頼むかどうか思案した挙句、結局、讃岐うどん定番の”ぶっかけうどん”と、愛媛名物?の”じゃこてん”を注文・・・。それだけじゃあ、足りないのじゃあ無いの?と一応は忠告はしておいたのだけど・・・。
 
たかさご本家じゃこてん
で、まず最初に運ばれて来たのが、”ご主人様”が食べてみたいと頼んだ”じゃこてん”で、何時ぞや何ぞの折に”ご主人様”が四国の土産で買って来てくれた時に、ちょっと話題になった?、あの”じゃこてん”だ。個人的には20年程前に、四国松山へ出張した際に、JR松山駅校内の立ち食いうどんで”じゃこ天うどん”と言うのがあったので、てっきり”ちりめんじゃこ”の”かき揚”みたいな物だと思って注文したら、この練物の天ぷらで、メチャがっかりした事もあり、それ以来あまり良い印象を持って無い。
 
それはさて置き、運ばれて来た”じゃこてん”は4等分されていたので、折角なので一切れ食べてみると、揚げ立て?なのか温かい。しかも魚臭さは全然無く普通の練物の天ぷらに近くて普通に美味しい!今まで食べた”じゃこてん”の中では一番美味しいかったかも・・・。
 
たかさご本家温玉ぶっかけうどん
で、”じゃこてん”をつまみながらウダウダ話をしていると、間も無くして運ばれて来たのは”ご主人様”が頼んだ”温玉ぶっかけうどん”。基本的には私が初訪問時に食べた”ぶっかけうどん”に”温玉”をトッピングしただけの物で、思っていた通り、両が少なそう・・・。てか、実際に食べた”ご主人様”も、物足りない量だと仰っておりました・・・
 
それはさて置き、写真ではちょっと判り辛いのだが、”ぶっかけうどん”を頼んだのだが、付いている出汁は徳利では無く、何か”釜揚げうどん”に付いて来そうな、つけ汁タイプの器だった。もしかして間違えて運ばれて来たのかな?とも思ったのだが、出汁を味見した感じではそうでも無いらしい・・・。で、その出汁をかけて食べたのだが、”ご主人様”的には、割と普通の”讃岐うどん”で、こんなもんじゃあ無いの?と言う様な評価であった・・・。
 
たかさご本家鍋焼きうどんたかさご本家鍋焼きうどん
そしてこちらは、私が頼んだ”鍋焼きうどん”で、通常価格1180円が期間限定特別価格980円の処、更にこの日も”300円の割引券”を使ったので、実際に支払った金額は680円。ちなみに私もセットでは無く単品でのオーダーだ。で、早速この鍋焼きうどん”を食べてみると、具は海老天を筆頭に、生玉子、鶏肉、白菜、椎茸、ネギ、人参、揚げ、等々と、やや種類は少な目。個人的には、この他に穴子ぐらいは欲しかったかな・・・。
 
で、そのお味であるが・・・、雰囲気的には前回食べた”きつねうどん”のお出汁をベースに、その中に”うどん”や具を入れて煮込んだ様な感じ。なので、お出汁の味の印象も”きつねうどん”を食べた時と同じ様で、何かも一つ私の好みに合わない・・・。このお出汁の味では、『アスパ高砂内にあるうどん屋さん』とか、あるいは荒井で大人気の『喜両由には勝てないのでは無いかな・・・。
 
たかさご本家鍋焼きうどん
ちなみに”鍋焼きうどん”の麺はこんな感じで、多少煮込まれているので若干柔らかいが、そこそこコシのある讃岐風のうどんだ。と書いて、ふと思ったのだが、本場讃岐で”鍋焼きうどん”って食べるんだろうか?ま、どうでもエエけど・・・。
 
たかさご本家鍋焼きうどんたかさご本家鍋焼きうどん
最後に・・・、この日食べた”鍋焼きうどん”の内容を後日確認する時の為に、あまり美しく無いが食べている時の様子もご紹介して置こう・・・。ちなみに、今まで食べたこのお店の”うどん”は、全て少な目に感じたが、今回食べた”鍋焼きうどん”は具沢山だった事もあり、これだけで十分な量があった。ま、大食いの人にはこれだけでは未だ足りないかな?と言う気はしないでも無いが・・・。
 
てな事で、またまた『讃岐おうどん居酒屋 たかさご本家』に行って来たのだが、結局この日もお店の売りの一つである”創作うどん”は食べずに終わってしまった・・・。って事で、もう一回ぐらい期待ので、この日も帰り際に”割引券”を貰いたかったのだが、流石にこの日は”割引券”は貰えなかった・・・。なので、私がこのお店に来る事は暫くの間、無いかも?知れない・・・。”ご主人様”も一回来たら、もう十分・・・、と言うご意見だったし・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。