義史のB型ワールド

2012年12月26日

昨夜放送された小田和正『クリスマスの約束2012』について、一言二言・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 11:16 PM
 
代理人記録
 
今年で12回目を迎えた小田和正クリスマスの約束2012』が、昨日クリスマスの深夜に放送された。個人的には毎年欠かさずに観ている大好きな音楽番組なのだけど、昨年は総勢40人ちょっとでの、しかも28分58秒に渡る大メドレーがメインだった。個人的にはあの大メドレーが余り好きに慣れず、今年も同じ様に大メドレーだったら・・・、と思っていたのだが、新聞のTV欄を観るとゲストにお馴染みのメンバーの名前が載っていたが、その数は数人でどうやら今年はメドレーでは無いらしい。しかも放送時間枠も2時間に戻ったので、たっぷりと?小田さんの歌が聴ける・・・、と期待して深夜にリアルタイムで観たのだった(録画しつつ見たので途中で寝てしまったけど・・・)。
 
クリスマスの約束2012
 
で、今年の『クリスマスの約束2012』は『2010』年とか、あるいはそれ以前にあった様な、ゲストが何組か出て来て小田さんと一緒に唄う・・・、と言うパターン。とは言え、元々のコンセプトは、その歌を”持ち歌”としている歌手を呼んで一緒に唄う・・・、と言うのがあったはずだが、最近はお決まりの常連ゲストアーティストと一緒に、小田さんが選曲をした歌を唄う・・・、と言う様な感じになっていた。
 
が、その選曲された曲が、個人的には余り知らない曲が多くて何か馴染めない・・・。やっぱ『クリスマスの約束』が始まった当初の様に、誰もが知っている様な名曲を唄ってくれた方が聴きやすい様な気がするのだが・・・(中島みゆきの”化粧”とか松山千春の”恋”なんかを、小田さん一人で唄っていた頃が、大好きだった・・・)。
 
クリスマスの約束2012集合
 
そしてこちらが昨夜のゲストアーティストで、雰囲気的には『クリスマスの約束』の小委員会のメンバーを中心とした常連メンバーで、イマイチ新鮮味が無い。で、番組内では、最後のゲスト・・・として財津和夫の名前が呼ばれたのだが、小田さん曰く”声を掛けたのだけど、今年も断られました・・・”との事。ま、財津和夫はこの時期、チューリップ復活コンサートのツアー真っ最中なので、出たくても来れない・・・、って事なんだろう・・・(私もチューリップコンサートに行きたかったのだが、チケットが取れなかった・・・)。
 
で、財津和夫の歌・・・、って事で定番の”青春の影”でも披露するのかな?と思っていたら、何と昨日披露したのはチューリップの往年の名曲である”夕陽を追いかけて”だ!この歌はチューリップが大好きだった頃・・・、と言うのか割とオリジナルメンバーに近い頃の最期の方の名曲で、個人的にも大好きな曲で、ぜひとも財津さんの歌声で聴きたかった気もするが、小田さんソロで唄う”夕陽を追いかけて”も中々良かった・・・。ま、名曲なんで誰が唄っても(私が唄っても?)、エエ唄には違い無いと思うし、番組スタッフ的にも気に入ったのか、エンディングのバックミュージックにも使われていた・・・。昨日の”クリ約”は、この1曲が聴けただけで、御の字だったかも知れない・・・。

出演者:
小田和正
ゲストアーティスト:
絢香
JUJU
スキマスイッチ
根本要(STARDUST REVUE)
松たか子
水野良樹(いきものががり)

演奏曲目:
1. やさしい雨 / 小田和正
2. キラキラ / 小田和正
3. 東京の空(クリスマスバージョン) / 小田和正
4. 花の名(BUMP OF CHICKEN)/ 小田和正
5. 風が吹いている(いきものがかり) / 小田和正、根本要、スキマスイッチ、水野良樹
6. らいおんハート(SMAP) / 小田和正、根本要、スキマスイッチ、水野良樹
7. 夏祭り(JITTERIN’JINN/Whiteberry) / 小田和正、JUJU、松たか子
8. 夏に恋する女たち(大貫妙子) / 小田和正、JUJU、松たか子
9. エイリアンズ(キリンジ) / 小田和正、JUJU、松たか子
10. ツヨク想う(絢香) / 絢香、小田和正
11. たしかなこと / 小田和正、絢香
12. 夕陽を追いかけて(チューリップ) / 小田和正
13. Over the Rainbow(ジュディ・ガーランド) / 小田和正、JUJU、松たか子
14. 君のこと / 小田和正

久々の駅弁シリーズその2、今回は福山駅の”あなごあいのせ重”を食べた!やっぱ”焼あなご”の方が美味しいよなあ・・・。

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 7:06 PM
 
代理人記録
 
先日、久々に近くのスーパーで駅弁を買って食べたのだが、その日の夕方も、またまた駅弁を買って食べてみた。
 
トーホー駅弁大会あなごあいのせ重チラシ
こちらが、その時に買って食べた”あなごあいのせ重”と言う名の駅弁で、宣伝チラシの説明を読むと”煮あなごと焼あなごを楽しめるお弁当”との事。ちなみにチラシを見ると、この駅弁は福山駅の弁当らしいのだが、福山って今年の夏に2度ばかり行ったけど、穴子って別に名物でも何でも無かった様な気がするのだが・・・。てか、広島で穴子と言えば、2年程前に行った宮島の名物では無かったっけ?あの時は、牡蠣三昧をしたので結局、穴子は食べず仕舞いだったが、宮島の穴子を食べてみたかったのよね・・・。
 
トーホー駅弁大会あなごあいのせ重
それはさておき、こちらが実際に買って来た福山駅”あなごあいのせ重”弁当で、お値段は1000円。高砂と言えば、昔から”下村のあなご”が超有名な場所なので、”あなごと言えば焼あなご”が当たり前だったのだが、このパッケージを見ると”関東は煮あなご、関西は焼あなご”と言う風にかかれてある。そう言えば、”穴子の箱寿司(棒寿司)”何かも関西名物で、関東の方には無かったんだっけ?(そう言えば、以前、姫路で”むし穴子丼”を食べたが、”蒸しあなご”は、関東?関西?)
 
トーホー駅弁大会あなごあいのせ重
そしてこちらが、パッケージを開けて中身を取り出した実際の”あなごあいのせ重”の様子で、ご覧の様にやや細見?の煮あなごが1本分?と、焼あなごが半分ぐらい、それぞれ分けて白ごはんの上に載っている。パッとみた感じはシンプルな”あなご丼”だ。で、そのお味であるが、”煮あなご”は身はメチャ柔らかい物の大体思っていた通りの味で可も無く不可も無く・・・。”焼あなご”の方は個人的に好みに合っているのか、それなりに美味しい。やっぱり私には”焼あなご”の方が口に合っている様な気が・・・
 
てな事で、またまた駅弁で今回は”あなごあいのせ重”とやらを食べたのだが、”焼あなご”の方が好きだ。でも、その昔?贈り物で良く食べていた”下村のあなご”(意外と高砂市民は”下村のあなご”を食べるのは、贈り物で貰った時の方が多い・・・)の方が断然旨い様な気がする。とは言え、最近は瀬戸内海でも中々、穴子が獲れないらしく、鰻同様に輸入物が多いと言う噂だが・・・。

WordPress.com Blog.