義史のB型ワールド

2012年12月8日

姫路食博で”小さな島のゴロゴロえびカレー”とやらを食べた!確かに海老風味たっぷりの海老カレーだった。

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:22 PM
 
代理人記録
 
姫路食博2012”に来て”牛テールスープらーめん”を食べた後、次なるB級グルメを求めて会場内を散策!が、先にも書いた様に、出店している数が多過ぎて、あれもこれも食べたくなって逆に決めれない心境!!!そんな中ふと目に留まったのが”毎日放送’ちちんぷいぷい’のカレー甲子園で3位となった家島高校の小さな島のゴロゴロえびカレー”のブース。一応、この日の”姫路食博2012”に来る前に、小耳には挟んでいたのだが、私は”カレー甲子園”を全然見た事が無いし、どうした物かと思案したのだが、先にラーメンを食べたし、次はやっぱりカレーやで・・・、って事でこの”小さな島のゴロゴロえびカレー”を食べてみる事にした。
 
姫路食博小さな島のゴロゴロえびカレー
こちらがその”小さな島のゴロゴロえびカレー”のブースで、券を販売しているのは家島高校の生徒さん達の様だが、ブース前に立っている呼び込みのおばさん?とか、テント内でカレーを入れている方々は、先生か生徒の父兄さんの様だ。で、私がカレーを受け取りその場を去ろうとすると、背中から女子高生の”おじちゃん、ありがとうゥ~!”の声が・・・。何かちょっと照れくさい・・・。てか、お兄ちゃんじゃあ無いのか・・・。もう後数年すると、”おじいちゃん、ありがとう!”と言われる日が来るのか・・・(涙)。
 
姫路食博小さな島のゴロゴロえびカレー
それはさて置き、こちらが実際に食べた”小さな島のゴロゴロえびカレー”で、今回はハーフサイズ?を選んだので、お値段は300円也。パッと見た印象は、如何にも家庭で作ったカレーに、ボイルした海老の剥き身がトッピングされた感じのカレーだ。このカレーの紹介記事を読むと”地元産の小エビでだしをとり、海産物をふんだんに使った生徒自慢の一品”なんだとか・・・。
 
姫路食博小さな島のゴロゴロえびカレー
てな事で、早速この”小さな島のゴロゴロえびカレー”を食べてみると、確かに海老で出汁を取っている様で、海老風味満載のカレーの味だ。個人的には”えびカレー”と言うと、せいぜい”エビフライが載ったカレー”とか、あるいは”海老の身が入ったカレー”を食べた事がある程度で、この様な”海老風味満載のカレー”はあまり食べた事が無い。高砂で超人気の『じょっぴんや』や、私の大好きな高砂駅前にある『欧風カレーのお店 小夢』にも”エビカレー”がメニューにあるので、一度食べてみる必要があるかも知れない・・・。

姫路食博で”牛テールスープラーメン”とやらを食べた!あっさりスープで出て来ると思っていたら、醤油味濃い目だった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 6:15 PM
 
代理人記録
 
先に紹介した、今年の11月の初め頃に開催された”兵庫のご当地グルメの祭典!姫路食博2012”で、まず最初に私が何を食べたかと言うと、行く前からあるいていど何軒かのお店に絞っていた中の一つである”牛テールスープらーめん”!!!。牛骨を使ったラーメンと言えば、10年ぐらい前にはJR加古川駅近くにもあったし、今となっては伝説のラーメン屋さんとも言える加古川の名店『いさちゃん』の近くにも、一時期”牛骨ラーメン”?の看板を掲げるお店があったのだが、お店の雰囲気が古びた飯屋さんっぽかったので、行くのを躊躇していたら、先にお店が無くなってしまい食べれ無かった事もある・・・。
 
個人的には、昨年閉店してしまった島田紳助絡みのお店『ラーメンまこと屋/加古川店』で”牛骨スープを使った牛醤ラーメン”とか、あるいは神戸へ行った時に”神戸さんちか麺ロード”で”神戸牛ラーメン”等を食べたりしているのだが、最近では鳥取県のご当地ラーメンとして”牛骨ラーメン”が話題になっている事や、少し前に神戸で食べた”仙台牛たん定食”についていた”テールスープ”が美味しかった事もあり、久々に”牛テールスープらーめん”が食べたくなったのであった。
 
姫路食博牛テールスープらーめん
で、こちらが”姫路食博2012”に出店していた”牛テールスープらーめん”のブースで、どこかのラーメン屋さんがお店を出しているのかと思いきや、何やら”たつの市”にある『ぶっちゃー』と言う老舗精肉店が”姫路食博”のイベント向けに販売している様だ。ま、今回のイベントは”兵庫のご当地グルメ”と言う事で、流石に”鳥取の牛骨ラーメン”が出店する事は有り得ないのだろうけど、ちょっと残念?だったかな?
 
姫路食博牛テールスープらーめん
そしてこちらがこの日食べた”牛テールスープらーめん”で、所謂、ハーフサイズに器に入っていてお値段は500円也。実物を目にする迄は、少し前に食べた”仙台牛たんのお店のテールスープ”の様な透明系のスープをイメージしていたのだが、ご覧の通り、しっかりとした醤油スープだ。で、そのお味はと言うと、焼肉のタレをスープで割ったみたいな、ちょっと甘辛い醤油スープ。このスープ自体に牛テールが使われているのかどうかは、私には判らない・・・。だが、期待していた味とはちょっと違っていた事は確かだ・・・
 
と、書いて、何か以前にもこんな感じの”牛テールスープらーめん”を食べた様な気がして来たので、当ブログを遡って検索してみると、6年ぐらい前に大阪で食べた”テールラーメン”が、こんな感じの醤油味の”牛テールスープらーめん”だった。個人的には”仙台牛たんのお店のテールスープ”みたいな透明系、あっさりスープの方が好きなんだけど・・・。
 
姫路食博牛テールスープらーめん
で、この”牛テールスープらーめん”にはご覧の様な、薄切りカットされた”骨付きの牛テール”が2枚乗っていて、骨の廻りの肉を噛んで食べるのだが、やや歯応えがあって、ま、普通に美味しい。ただ”骨付き牛テール”と言うと、何年か前に大阪で食べた”和牛テールカレー”が、メチャ柔らかかったので、それと比べると、ちょっと食べ難い印象だったけど・・・。
 
姫路食博牛テールスープらーめん
ちなみに”牛テールスープらーめん”の麺はこんな感じの、何と無く市販されているラーメンの麺?みたいな感じではあったが、スープや牛テールの方に頭が行ってたので、特に印象の残らない極々普通の麺だったかな・・・。
 
てな事で、ちょっと楽しみにしていた”牛テールスープらーめん”なのだが、ご覧の通りのスープでちょっと思っていたのと違っていた。私が食べたかったのは、もうちょっとあっさりした”牛テールスープ”のラーメンだったんだけどなあ・・・、と書いて、何かそんな感じのラーメンを何処かで食べたぞ・・・、と思い出したので、またまた当ブログを検索すると、昨年の春頃に、T郎君と飲みに行った荒井の駅前にある居酒屋で食べた”テールらーめん”がそんな感じのラーメンだった・・・。わざわざ遠くまで出掛けなくても、直ぐ近くで”テールらーめん”が食べれるやん!と、ちょっとびっくり・・・。それにしても、私って意外と結構な割合で”牛骨スープのラーメン”を食べているもんだ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.