義史のB型ワールド

2012年11月26日

コンサートの後、ホールの向かい側にあるお店で乾杯!食べたかったメニューが無くなっていたのがちょっと寂しい・・・。

Filed under: グルメ — 代理人 @ 10:18 PM
 
代理人記録
 
まだまだ続く、”中島みゆきコンサートツアー道中記”・・・コンサート2日目公演が終わった後、この日一緒に行った棒先輩と食事に行く事となった。時間と場所的な問題もあって、あまり遠くへ行くのは得策では無い・・・、と言う事で、これまた2年ぐらい前の、中島みゆきコンサートの楽日に来た時に、その後に友人と食事をしに行った、神戸国際会館の真向かいにあるビルの中の、小洒落たお店に行く事にした。
 
KI・CHI・RI/三宮サンキタ通り店
こちらが約2年ぶりに行って来た、神戸国際会館の通りを挟んだ南側の『カーサグランデビル』の6Fにある『KI・CHI・RI/三宮サンキタ通り店』と言うお店で、このビルの中にある他の居酒屋さん等と比べると、若干お値段は高いのだが、その代わりにちょっとお洒落で、かつ、大人の隠れ家的な上品な雰囲気のある店内で、しかも料理も中々美味しいので個人的には結構お気に入りのお店である。
 
KI・CHI・RI/つきだし
で、席に着いてドリンクと料理を何品か注文した後、まずは生ビールを飲んで乾杯をしていると、まず最初に運ばれて来たのが、こちらの”つきだし”で、その内容はと言うと、ボイルした海老の上から、オニオンのみじん切りが入った様なタレを掛けた様な感じの一品。てな事で、早速食べてみると、このタレが中々旨い!この”つきだし”なら、もうちょっと量があっても良かった・・・、と思える様な味だ。
 
KI・CHI・RI/蟹身たっぷり蟹味噌甲羅焼き
それから暫くの間、先ほどのコンサートの余韻に浸りながら歓談していると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”蟹身たっぷり 蟹味噌甲羅焼き”で、お値段は609円也。この料理は前回このお店に来た時に食べたら、メチャ旨かったので、この日もぜひ食べてみたい!と思い、ゐの一番に注文した料理だ。この手の”蟹味噌甲羅焼き”は、他のお店にも良くあるのだが、このお店の”蟹身たっぷり蟹味噌甲羅焼き”は、蟹味噌にちょっとプラスされたタレ?と言うのか味付けが、美味しくて、蟹味噌の癖も無く、本格的な蟹料理のお店よりも旨いのでは?と思うぐらいの美味しさがある!
 
KI・CHI・RI/蟹身たっぷり蟹味噌甲羅焼き
ちなみに、料理名にわざわざ”蟹身たっぷり”と書いてある通り、蟹味噌の下には沢山の”蟹身”が詰まっている。この日の”蟹身たっぷり 蟹味噌甲羅焼き”は、若干、甲羅が小さい様な感じだったので、この旨さなら一人で一個、あるいは2個でも3個でも食べれそうな美味しさだった。
 
KI・CHI・RI/旬鮮北海の幸カルパッチョ仕立て
続いて運ばれて来たのは、こちらの”旬鮮 北海の幸カルパッチョ仕立て”で、お値段は714円也。その内容はと言うと、サーモン、ホタテ、イクラ等の海の幸マヨネーズっぽい感じのソースと、何かのチップを少し散りばめた感じのシンプルな料理だが、サーモンもホタテも新鮮さを感じる、中々美味しい北海の幸であった!
 
KI・CHI・RI/特製海老マヨネーズ炒め
そしてその次に運ばれて来たのが、こちらの”KICHIRI特製海老マヨネーズ炒め”で、お値段はお値段は714円也。こちらも2年程前に来た時に食べた時に、メチャ美味しいと思ったので、この日も思わず頼んでしまった一品で、内容的には世間一般に良くある”海老マヨ”と大差は無い?とも言えるのだが、海老に和えた”秘伝のKICHIRI特製マヨネーズソース”が物凄く美味しくて、その効果もあって、海老も玉葱もこれまた旨いのだ。”海老マヨ”自体は、他にも美味しいお店は沢山あるのだが、個人的にはこのお店の”海老マヨ”が一番好きかも知れない・・・。
 
KI・CHI・RI/中華おこげのフカヒレあんかけ
で、ここいらで何と無くご飯物が欲しくなって来たので、これまた2年ぐらい前に来た時に食べたらメチャ美味しかった雲丹と牛フィレの炙り寿司”を頼もうと、メニューを探したのだが、何処にも見当たらない・・・。仕方が無いので他の物と・・・、と言う事で頼んだのが、こちらの”中華おこげのフカヒレあんかけ”で、お値段は714円也。器が熱々の土鍋?で、直ぐ様スプーンで掻き混ぜるとジュワーッと音を立てて、中々エエ感じの香りが一面に漂う・・・。とは言え”フカヒレ”はあまり量は無く、あんも少な目な感じで、何かちょっと”おこげ”?の方が多かった様な気がした一品だったかな・・・。
 
KI・CHI・RI/和風ねぎ焼きピッツァ
そしてこちらは”中華おこげのフカヒレあんかけ”と一緒に追加オーダーした”和風ねぎ焼きピッツァ”で、お値段は609円也。その名の通り、薄い生地タイプの正当なピッツァなのだが、具がほとんど無く、ネギと味噌のみ?なピッツァだ。が、日本人であれば誰もが好き?と言うのか、馴染深い味噌味で、これが意外とピッツァの生地とマッチしていて、これまた中々旨い!これはこれでありかな?と思える様な気がする”和風ねぎ焼きピッツァ”であった。
 
KI・CHI・RI/チーズの盛合せ
で、まだまだ他にも食べてみたいメニューが沢山あったのだが、それなりにお酒も飲んだので少しお腹が満腹になって来た。とは言え未だもうちょっとコンサートの事を語りたい気分だし、お酒をもう一杯・・・、って事で、おつまみ代わり?に頼んだのが、こちらの”チーズの盛合せ”で、お皿の上に3種類のチーズの他に細長いプリッツみたいな物が添えられて、お値段は609円也。個人的には日頃、あまりチーズは食べないので、その善し悪しは良く判らないが、お酒を飲みながら摘まむには十分な一品だったかな。
 
てな事で、2年程前にも中島みゆきコンサートを観た後に来た、ちょっとお洒落な飲屋さんに行って来たのだが、前回同様この日の印象も中々良かった。最近は滅多に三宮で酒を飲む機会も無いので、他のお店は良く知らないが、また機会があればこのお店に来てみたい気がする。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。