義史のB型ワールド

2012年11月22日

時々、遥々と小野まで食べに行っていた塩元帥が、明石魚住に出来たので食べに行ってみた。流石に正午前から行列が出来てる・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:50 PM
 
代理人記録
 
まだまだ10月中旬頃の話が続いているので、ここいらで一発、最新のお話・・・、と言っても先週末の話を一つご紹介・・・。
 
大阪天六にある醤油らーめんが評判のお店『総大醤』が始めた”完全無添加天然塩ラーメン専門店の塩元帥”が、小野に進出して来たのが、2010年の10月。その直後の正月明けに、遥々と、その『小野塩元帥』まで食べに行ってみると、確かに噂通り中々旨い塩ラーメン”だった。それ以来、思い出しては時々、小野まで食べに行く様になっていたのだが、ちょっと小野までは距離がある・・・。何処か近くに出来ないかなあ・・・、と思っていたら、この秋頃に明石に『塩元帥』が出来ると言う情報が飛び込んで来た。
 
明石と言っても中々広い・・・。一体何処に出来るのやら・・・、と思っていたら、明石と言っても西の外れ?明石魚住の明姫幹線沿いの、以前『情熱ホルモン』のお店があった跡地に出来るとの事。明石魚住と言えば、当ブログをご覧の方はご存じの通り、私の守備範囲。決して近い距離とは言わないまでも、ちょっと足を延ばせば直ぐに行ける場所・・・。って事で、『明石塩元帥』が誕生するのを心待ちにしていたのだが、先日の11月10日にやっとオープンした!と耳にしたので、その翌週末に食べに行ってみた。
 
明石塩元帥
こちらが今回行って来た『明石塩元帥』で、お店がある場所は上でも書いた様に、明姫幹線明石魚住住吉交差点の角っ子、以前『情熱ホルモン』があった跡地に新しく建てられた?感じのお店だ。明石魚住と言えば、以前は『ラーメン四天王』の魚住店があったり、私の好きだった『ラーメン横綱』のパチモンっぽい『ラーメン大統領』があったり、あるいは激辛ラーメンで話題だった『らーめんランド』や、ちょっと個性的な”22種類の創作ラーメンのお店”があったりと、数え上げたら切が無いぐらい、古くからちょっとしたラーメン屋激戦区だったのだが、如何せん、中々定着して生き残るお店が無い・・・。そんな中でもこの『明石塩元帥』は、末永く生き残れるラーメン屋さんでは無いかな?と期待しているのだが・・・。
 
明石塩元帥の店内
それはさて置き、早速『明石塩元帥』に入店。お店入って直ぐの処に7~8人座れるカウンター席があり、その道路側と、お店奥にはテーブル席があり、どちらかと言うとテーブル席の方が多めにある感じだ。で、上の写真はカウンター席からお店入口側を見た様子なのだが、この時はカウンター席は未だ私しか座っていなかったのだが、この時点で、私の背中側のテーブル席は全て満席。その後も続々とお客さんがやって来て、午前11時半頃には、表には行列(座る処が用意されている)が出来ていた。新しくラーメン屋さんが誕生すると、何処からともなく、沢山のお客さんがやって来るのね・・・。
 
ちなみに私がお店に到着した時点で、どんどんと店内に客が入って行ってたので、私も遅れまいと入店してしまったので、まじまじと観察出来なかったのだが、お店の入口横には、製麺コーナーがあり、店内で使用する麺は全てそこで作られているのだ。そんな事もあり、個人的にはこのお店の自家製麺は結構好きかも・・・。
 
明石塩元帥お昼のサービスセットメニュー
で、こちらは『明石塩元帥』の”お昼のサービスセット”メニューで、基本的には”小野塩元帥のお昼のサービスセット”の内容と変わらない。で、何時もであればお得なチャーマヨ丼がセットになったCセットを食べるのだが、この日はそれ程お腹が空いて無かった事もあり、”天然塩ラーメン”単品のみを食べる事にした。同じ値段でライスが付くAセットもあったので、後でキムチを食べていると、ご飯が欲しくなってAセットにすれば良かったかな?と、ちょっと後悔をしたのだけど・・・。
 
明石塩元帥キムチ・にんいく取り放題コーナー明石塩元帥のキムチ
そして『塩元帥』と言えば食べ放題の”キムチ”!!!って事で、当然この『明石塩元帥』にも”キムチ”コーナーがある。とは言え、”天然塩ラーメン”を食べる前に”キムチ”なんぞを口にしてしまうと、塩スープの天然素材の味が全然判らん様になってしまうので、決して、ラーメンのスープを一口味わうまでは、この”キムチ”を口にしてはならない!てか、美味しいから思わず”キムチ”も食べてしまうのだが、そもそも”天然塩ラーメン”が売りのお店に”キムチ”を置く事自体が間違っている様な気もするのだが・・・。
 
明石塩元帥天然塩ラーメン
で、流石にお店が混雑している事もあって、若干時間がかかってから運ばれて来たのが、こちらの”天然塩ラーメン”で、お値段は680円也。”塩ラーメン”な割にちょっと甘目で、かつ、味もしっかりとしたスープで普通に美味しい!流石に『小野塩元帥』へ初めて行って、この”天然塩ラーメン”を食べた時ほどの感動は無かったが、それでも中々美味しいラーメンである事には違い無い。
 
明石塩元帥天然塩ラーメン
そしてこちらが、これまたこのお店ご自慢の、各店舗でそのお店で使う分だけを打った自家製麺で、お店の謳い文句通り手造り感のある麺で、こちらも中々美味しい。自家製麺を売りにするラーメン屋さんは多々あるが、その中でもこのお店の自家製麺は美味しい方・・・、と言うのか私の好みに合っている様な気がする。
 
明石塩元帥天然塩ラーメン
それともう一つ、個人的にこのお店のラーメンが好きな理由に、このちょっと大き目で厚さのある”チャーシュー”がある。ちょっと前に”北海道物産展の会場で食べた味噌ラーメンの中に入っていた、切れ端の様なチャーシュー”とか、あるいは”天一のチャーシュー”の様な、けち臭いチャーシューでは無く、味もしっかりとした一枚物のチャーシューで、これまた旨い!やっぱラーメンを食べる上において、チャーシューの存在は結構大きい!と思う瞬間でもある。
 
てな事で、お店が出来るのを心待ちにしていた『明石塩元帥』に行って来たのだが、『小野塩元帥』まで食べに行っていた時程の感動は無かったが、期待通り中々美味しかった(もしかすると、お店が出来たばかりで未だスープの作り方とかがこなれて無いのかな?)。このお店は看板メニューである”完全無添加天然塩ラーメン”以外に”醤油ラーメン”も美味しいので、また近々食べに行ってみたいと思うのであった!!!
 
 
ずんどう屋加古川店建設中
最後に・・・、以前、東加古川のドンキホーテの向かい側にあった『情熱ホルモン』の跡地(未だ看板が寂しげに残っている・・・)には、ただ今『ラー麺ずんどう屋/加古川店』が建設中だ!上で紹介した『明石塩元帥』、あるいは以前紹介した『丸源ラーメン/姫路店』、そしてこの『ラー麺ずんどう屋/加古川店』の様に、『情熱ホルモン』が潰れると、その跡地にラーメン屋が出来る・・・、と言う法則?が出来つつある様だ・・・。
 
ただ、管理人さん一家は既にご存じだと思うが、今の”ずんどう屋のラーメン”のスープは、私が管理人さんや30番さんを案内して食べに行っていた頃の”ずんどう屋が未だ本店しか無かった時代の、初期の頃のラーメン”と全然違うスープになってしまっている・・・。私も管理人さんも、あの”初期の頃のずんどう屋のラーメン”が好きだった事もあり、今更『加古川店』が出来てもあまり嬉しくは無いかも・・・。と言いつつ、『ずんどう屋』全店舗制覇を目指す?と言う程では無いが、姫路市内の店舗は全店制覇した私なので『加古川店』が出来た暁には、きっと食べに行ってしまうと思うが・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。