義史のB型ワールド

2012年11月18日

長渕剛コンサートの後”伝説のすた丼屋”に寄って”すたみなカレー”を食べた!カレーの味は割と平凡だった・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:34 PM
 
代理人記録
 
長渕剛のツアーファイナル大阪城ホール公演思いの他、早い時間に終わったので、その帰りに梅田で何か食べてから帰る事にした。とは言う物の、特に予定を立てていた訳では無いし、ラーメンは昼間に食べたのでそれ以外が食べれるお店が良いかな?と思い、久々にヨドバシ梅田のレストラン街に行って、何か楽しそうな?お店を探してみる事にした
 
で、ヨドバシ梅田のレストラン街へ行ってみると、以前来た時と全然雰囲気が変わっている。私が前回、ヨドバシ梅田のレストラン街に来たのは昨年の初め頃に、福井の旧友に会いに行く前に昼飯を食べに立ち寄った時なので、それから約1年と9ヶ月経ったのだが、その間にレストラン街の改装があった様だ。そんな事もあり知らないお店が沢山出来て居て、中々楽しい雰囲気なのだけど、如何せん、日曜日の午後8時過ぎと言う事もあり、人気店は長蛇の列が出来ているし、中々一人客が入れそうな雰囲気のお店が見当たらない。
 
そんな中、昨年の春頃に大阪に来た時に、ミナミに寄って食べた”伝説のすた丼”が、ヨドバシ梅田のレストラン街の中に支店を出していたので、このお店ならばお手軽に入れる・・・、って事で久々に『伝説のすた丼屋』に行ってみる事にした。
 
伝説のすた丼屋ヨドバシ梅田店
こちらが今回行って来た『伝説のすた丼屋ヨドバシ梅田店』で、ご覧の様にお店の壁が無い、客席がオープン状態になっている。改装後?のレストラン街には、この様なオープンな座席のお店が他にも何軒かあった様な気が・・・。で、以前ミナミにある『伝説のすた丼屋/道頓堀店』へ行った時は、土曜日のランチタイムにも関わらず割りと閑散としていたのだが、キタでは『伝説のすた丼屋』が未だ珍しいのか、あるいは私の様に他のお店に入れ無かった客が流れて来たのが、超大入り満員で入れ代わり立ち代わりお客さんがやって来て、今の処、大盛況の様だ。
 
伝説のすた丼屋ヨドバシ梅田店の陳列
そしてこちらがお店前に飾ってあった商品の見本の陳列で、上の段にこのお店の看板メニューである”すた丼”が並んでいる。で、その中の真ん中にあるのが、以前、私が『道頓堀店』で食べた”すた丼の並”なのだが、その時の記事で書いた様に、このお店はドカ盛り系のお店?って事もあり、並でも超大盛りで、ミニサイズが所謂世間一般の丼の並サイズになっている。値段が安いのでついつい並を頼んでしまいそうだが、そこら辺りはちょっと気を付けた方が良い・・・。
 
伝説のすた丼屋ヨドバシ梅田店の陳列
それはさて置き、この日、私が食べてみたいと思ったのは、以前『道頓堀店』に行った時から一度は食べてみたいと思っていた”すたみなカレー”。個人的にカレーが大好きなので、このお店のカレーを一度食べてみたかったのと、この”すたみなカレー”を食べると、”カレー”と”すた丼”が一度に両方食べれるからお得かな?と思ったから。が、写真の見本を見ると・・・、と言うか上でも書いた様に、このお店では並盛でも超ドカ盛り(上の写真の右側に写っている”ピリ辛揚げ丼”の鉢の大きさと比べると良く判る)なので、並盛でもどうかな・・・、と思ってお店入口に立っていたスタッフさんに聞くと、”ミニも出来る”との事だったので、この”すたみなカレーのミニ”を食べてみる事にした。
 
伝説のすた丼屋ヨドバシ梅田店すたみなカレーミニ
で、一番奥に空いていたカウンター席に座って待っていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”すたみなカレーミニ”で、ご覧の様に、牛丼チェーンの『松屋』みたいにカレーにもお味噌汁が付いて、お値段は570円也。並と比べると100円安いのだが、パッと見た感じ、安いのか高いのかちょっと微妙な気はするが・・・。
 
伝説のすた丼屋ヨドバシ梅田店すたみなカレーミニ
そしてこちらがメインである”すたみなカレー”のミニサイズで、所謂”松屋のカレギュウ”の様な、カレーに”すた丼”の肉?具?をトッピングした”あいがけカレー”だ。で、そのカレーのお味であるが・・・、案の定と言うのか何と言うのか、やっぱりと言うのか牛丼チェーン店で食べるのと何と無く似た様な感じの味で、大阪の人気のカレー屋さんと比べるとかなり差があるカレーの味だ。ま、やはりこのお店は味より量・・・、と言えなくも無い?気もするが・・・。
 
伝説のすた丼屋ヨドバシ梅田店すたみなカレーミニ
で、こちらが”すたみなカレーミニ”にトッピングされていた”すた丼の具と同じ豚バラ肉”で、これまた牛丼チェーンで食べる”あいがけカレー”と同じで、豚バラ肉の汁を切ってあるので以前食べた”すた丼”の様な味わいが無い・・・。確かにカレーと混ぜて食べる時は、汁と言うのかタレは邪魔なのだけれど、少しは”すた丼”っぽい味も楽しんでみたかったので、やや残念だったかな。
 
てな事で、大阪キタにも”伝説のすた丼屋”が誕生したのだが、今の処、私には甥っ子がオススメする程の味わいは感じ無かったかな。それにしても、この日の夜のヨドバシ梅田のレストラン街は大盛況だったし、何よりお店がすっかり入れ替わっていた事にも驚いた。また次回、大阪に来た時は、このレストラン街の中の何処かのお店に寄ってランチでも食べ様かな?と思いつつお店を後にしたのであった。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。