義史のB型ワールド

2012年11月16日

ギター一本でセンターステージに立つ!長渕の姿が見たくて、ツアーラスト大阪城ホール行って来た!弾き語りでの”勇次”は一味違う!!!

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 10:47 PM
 
代理人記録
 
今年の春頃から始まり、夏に終わった長渕剛のコンサート『TSUYOSHI NAGABUCHI RUN FOR TOMORROW HALL TOUR 2012 Unplugged Live』は、神戸公演のチケットが先行販売でも一般販売でも買う事が出来ずに観に行けなかった・・・。その代わりに、8月15日のツアーファイナル(実際は別の公演が振替になったので、ファイナルにはならなかったが・・・)の全国同時生中継の”ライブシネマビューイング”を観に行って来たのだが、それはそれで今までのコンサートとちょっと違った雰囲気があって、中々楽しかった・・・
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
そんな興奮が醒め無い内に、間髪入れずに始まったのが、長渕剛の真骨頂でもある”ギター一本でセンターステージに立つ!”と言うキャッチコピーのアコースティックライブ『ARENA TOUR 2012 Stay Alive』!”。ギター一本でセンターステージ”と言えば今や伝説と化した92年に行われた”東京ドーム”とか、あるいは数年前に観に行った”30周年記念アコースティックライブ”が思いだされる・・・。”30周年記念アコースティックライブ”は私も観に行ったのだが、正に”ギター一本で弾き語りをする長渕”はかっこよかった!そんな”長渕の姿”を、もう一度生で観たい!って事で、ツアーラストの大阪城ホール公演を観に行って来た!!!
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
で、昼過ぎに大阪に到着!、大阪福島に寄り道してラーメンを食べ、少し梅田近辺を散策した後、いよいよやって来たのが『長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive』ファイナルライブが開催される大阪城ホール!JR大阪城公園駅を降りると、既に多くのお客さんやら、プチ長渕の姿でちょっとしたお祭り会場の様だ(ちなみに上の写真は、駅側からでは無くホール側から見た風景)。
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
そしてこちらが、JR大阪城公園駅から大阪城ホールまでの通りのあちらこちらで、演奏している、プチ長渕姿の兄ちゃん達の姿。三宮国際会館なんかでは、場所の問題もあって、通りでギターを広げて演奏していると、直ぐに係の人がやって来て蹴散らされてしまうのだが、流石に此処は大阪城公園の一角と言う事で、毎度の事ながら勝手気ままに大勢のプチ長渕姿の兄ちゃんが居て、あちこちで盛り上がっていた。やっぱ長渕を観に来た前には、この光景を見ないとねえ・・・
 
ちなみにに今までは余り気にした事が無かったのだが、この日のコンサート終了後、ホールから外で出て来ると、未だ演奏中のプチ長渕の兄ちゃんの姿があったので、少し見ていたのだが、その兄ちゃんはコンサートを観る事は無く、長渕剛がコンサートをやっている最中、ずっとこの場所で、唄を歌っていたらしい・・・。何か本人は”何とか最後まで唄い続ける事が出来た・・・”とか、満足顔だったけど・・・、色んな楽しみ方があるもんだ・・・。
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
そしてこちらが、昨年(2011年)の年明けに同じく長渕剛のコンサートに来て以来、久々の訪問である”大阪城ホール”の会場前の様子。この”大阪城ホール”は、私が大阪に在住していた頃に”長渕剛”を始めとして”オフコース”や”さだまさし”等、数多くのコンサートにやって来た事があり、また数多くの懐かしい思い出?のある地でもある。ちなみに10数年前には、この大阪城ホールではアリーナ中央前から10列目で”中島みゆき”を見たっけなあ・・・。別の時にはスタンド席からも観た事があったけど、”中島みゆき”のコンサートには”大阪城ホール”は向いて無い気がした・・・(そんな事を本人も思ったのか、最近は”大阪城ホール”ではコンサートをやって無いが・・・)。
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
で、こちらは”大阪城ホール”の入口近くに貼ってあった『長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive』のポスター・・・、だと思ってよくよく見たら、今年の5月に発売された最新アルバム”Stay Alive”の宣伝ポスターだった・・・。コンサートのポスターを貼れよな・・・(下の方に小さく、コンサートの日程は載っていたが・・・)。ちなみに以前は、この直ぐ横に、ツアートラックが置いてあった事があったのだが、この日は見当たらなかった・・・。って事で、残念ながら今回はツアートラックの姿を観る事は出来なかった・・・
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
ちなみにこちらはコンサートグッズ売場の様子。何年か前に神戸ワールド記念ホールで開催された”長渕剛Countdown Live”の時は、直ぐ近くにある”神戸国際展示場3号館”をまるまる貸し切ってグッズ販売を行っていたが、今回は通常のツアーライブの一つと言う事もあってか、何時も通りのグッズ売場であった。ちなみに私は、どんなグッズがあるのか観に行っただけで、何も買わずにこの場所から出て来たのだが・・・。
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
そんなこんなで、コンサート前の恒例行事?を一通りこなした後、”大阪城ホール”へと進む。入口を入った真正面には、この様なお花が幾つか並んでいた。上の写真は”NHK SONGS”と”WOWOW”から届いていた。そう言えば、この日のコンサートは開演前に案内があったのだが、録画される?と言う話。もしかするとDVD化されて発売されるのか、NHKWOWOW辺りでライブ放送があるのかも知れない・・・(ちなみに、遂先日、仙台で行われたホールツアーの様子がちょこっとだけNHKで放送されていたが・・・)。
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
そしてこちらが、コンサートステージの様子で、ツアーのキャッチコピーにあった通りセンターステージだ!!!相変わらず私が手にしたチケットはスタンド後方と距離はかなり離れてはいるが、ステージ上の長渕が時々、こちら側を向かって唄ってくれるので、それはそれで良かった。ちなみに私の席は照明の直ぐ横なので、TV放送があったとしても、私の姿が映る事は無さそうな席であった・・・。残念・・・。
 
そして午後5時を迎え、遂に『長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Aliveツアーラスト大阪公演が始まった・・・。
 
長渕剛「日本に生まれた」Stay Alive ツアーLIVEバージョン
剛コールの中、ギターを抱えた長渕が登場!1曲目は、今年の春から夏にかけて行われたホールツアーでもオープニング曲となっていた”日本に生まれた”だ!この様子は名古屋ドームの様子で、既にYouTubeに公式映像として公開されているので、興味のある方はご覧あれ・・・。(試しに記事に埋め込んでみた・・・。)
 
長渕剛「ひとつ」Stay Alive ツアーLIVEバージョン
そしてこちらはライブ中盤、昨年のヒット曲である”ひとつ”を唄っている時の様子。今回のコンサートでは会場へ入った時に”サイリウム”とか言う今時のペンライト?が配られて、この”ひとつ”を唄っている時に会場全員で、この様な”星空”を作ったのだった。こちらの映像もYouTubeで公開されているので、ぜひ観て頂戴!!!(試しに記事に埋め込んでみた・・・。
 
長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive
そしていよいよライブも終盤・・・、途中、ギターの弾き語りでは無く、カラオケ伴奏の唄が何曲かあったのが、ちょっと寂しかったが、待ちに待った?”勇次”の、それもギター1本に寄る弾き語りでの”勇次”が始まった!!!私は例に寄って事前情報を一切入手せずままに、この日のコンサートの日を迎えたので、後から知ったのだが、このアリーナツアーの他の会場では”勇次”は唄われなかったらしいのだが、流石にこの日はツアーラストと言う事もあってか、”勇次”を唄った様だった。私はこの夏に観に行った”ライブシネマビューイング”の時、使用禁止で使えなかったクラッカーを持参していたので、無事にクラッカー参加が出来たのだが、事前情報でこのツアーでは”勇次”を唄わない・・・、と思っていた人が多かったのが、何時ものコンサートに比べると、クラッカーの勢いは半分程度だった様な印象・・・。やっぱ、剛のライブに行く時はクラッカーは必須でっせ!!!
 
神戸カウントダウンライブの時の勇次。この中に、私と甥っ子も映っている。暗過ぎて判らんけど・・・。
そして午後7時25分頃・・・、『長渕剛 ARENA TOUR 2012 Stay Alive』ツアーラスト公演が終わったのであった・・・。

1.日本に生まれた
2.LICENSE
3.He・La-He・La
4.君のそばに
5.親知らず
6.何故
7.六月の鯉のぼり
8.ガーベラ
9.激愛
10.愛おしき死者たちよ
11.巡恋歌
12.俺らの家まで
13.My self
14.ひとつ
15.Tomorrow
16.STAY DREAM
17.Stay Alive
18.逆流
19.いつかの少年
20.勇次
アンコール
21.しょっぱい三日月の夜

この日のコンサートは午後5時から始まったので、終演した頃は未だ午後7時半・・・通常のコンサートだとまだまだ始まったばかの時間・・・。それに加えツアーラストの日には、おまけ?で数曲余計に唄う場合が多々あったので楽しみにしていたのだが、足の怪我の事もあるのか、この日の長渕は予定していた曲のみを唄っただけで、その後も続いたアンコールの大合唱も虚しく二度とステージ上には現れなかった・・・。それでも今回のツアーはギターでの弾き語りと言う事で、懐かしの”巡恋歌”、”俺らの家まで”、”逆流”なんかも聴けたし(しかも、最近の捻たバージョンでは無く、オリジナルに近い唄い方だった?かな)、大好きな”STAY DREAM”も聴けたしで、大満足で会場を後にしたのであった・・・。

そしてそんな興奮が醒め抜けぬ中、この数日後には”中島みゆき”コンサートを観に行ったのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。