義史のB型ワールド

2012年11月6日

すっかりお馴染みの”日清まねきのえきそば”から”きつね”バージョンが発売されたので買ってみた。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:29 午後
 
代理人記録
 
まねきのえきそば”の話が出た序でに、もう一つ、ちょっと前に新発売された”日清まねきのえきそばカップ麺の”きつね”バージョンをご紹介・・・。
 
日清姫路駅名物まねきのえきそばきつね日清姫路駅名物まねきのえきそばきつね
こちらが近所のスーパーで売られていた”日清 姫路駅名物 まねきのえきそば”の売場の様子で、”日清まねきのえきそば”自体は、2年ぐらい前から発売されているのだが、今回は実際にJR姫路駅でも売られている”きつね”版が新たに”カップ版”になって登場したのだ!(一時期売られていた”姫路おでん風しょうが醤油仕立て”はもう販売されないのかな?)。個人的には”きつねバージョンのえきそば”はスーパーで売っているパチモンの『姫太郎』製で食べた事はあるが、”まねきのえきそば”の実店舗では”きつねバージョン”は食べた事が無い。私の中では”えきそば=天ぷら”なもんで・・・。
 
日清姫路駅名物まねきのえきそばきつね
そしてこちらが今回新発売となった”日清 姫路駅名物 まねきのえきそば きつね”カップ麺で、基本的には”和風だしと中華麺の絶妙な組み合わせ”はそのままに、トッピングを”天ぷら”から”揚げ”に変えただけ?の商品だ。
 
日清姫路駅名物まねきのえきそば天ぷらときつね
ちなみに従来から売られている”日清まねきのえきそば”は、今年の春頃にリニューアルされて発売されたばかりなのだが、今回の”きつね”版登場の影響もあってか、パッケージに”天ぷら”の表記が追加されている。何か”日清どん兵衛”みたいな感じになって来た様な・・・。
 
日清姫路駅名物まねきのえきそばきつね
それはさて置き、早速”日清 まねきのえきそば きつね”のパッケージを開けると、”天ぷら”版とは違い既に”揚げ”は麺の上に載っている。”日清どん兵衛きつね”の様なレトルト入りのジューシーなタイプでは無く、昔長柄の乾燥揚げタイプだ。ちなみに添付されている粉末スープとか一味唐辛子は従来から発売されている”まねきのえきそば”と同じ物の様だ。
 
日清姫路駅名物まねきのえきそばきつね
てな事で、お湯を注いで4分経って完成した”日清 まねきのえきそば きつね”カップ麺はこんな感じで、当たり前だが、従来から発売されている”まねきのえきそば カップ麺”の”天ぷら”が”揚げ”に変わっただけだ。日清の公式サイトの説明に寄ると
 

(1) 麺
お店の麺を再現した、つるみのあるストレートフライ麺。
(2) つ ゆ
かつお節やさば節など、和風だしのうまみが効いたつゆ。
(3) 具 材
柔らかな食感と甘味が特徴の揚げ、ネギ、一味。

 
との事。で、そのお味であるが、私が”天ぷら入りのえきそば”が好き理由に、”天ぷら”の衣がお出汁に浸みて柔らかくなったとか、あるいはそのまま、”天かす”状態になってものをスープと一緒に食べるのが好きなんだけど、”揚げ”にはそう言った楽しみが無い。また、上でも書いた様に、この”揚げ”は乾燥タイプなので、”日清どん兵衛きつね”の様な”揚げの煮汁”?がお出汁の中に流れ出す事も無い・・・(逆に”揚げ”自体はお出汁を吸ってジューシーになってはいたが・・・)。ま、個人的な好みで言うと、やっぱり”えきそばは天ぷら”の方がエエかな・・・(ちなみに”日清どん兵衛きつね”の蕎麦が好きな人には、この”えきそば きつね”は合うかも知れないが・・・)。
 
日清姫路駅名物まねきのえきそばきつね
ちなみに”まねきのえきそば きつね”の麺はこんな感じの麺で、”えきそば”の最大の特徴?である”中華めん”だ。ま、この麺じゃ無ければ普通の”きつね そば”になってしまうのだが・・・。
 
てな事で、今回は新発売された”日清 まねきのえきそば きつね”を買って食べたのだが、ここ最近は毎年定期的に発売される様になっているって事は、すっかり人気が定着した?って事なのかな?で、ノーマルの”天ぷら”版は当然として、”姫路おでん風しょうが醤油仕立て”や”きつね入り”も発売された!って事は、次はいよいよ”牛天”版が発売?される?でも認知度の低さを考えると”牛天”版は無いかな・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。