義史のB型ワールド

2012年9月12日

マイカル明石のレストラン街で、”花畑牧場ホエー豚のハンバーグ”を食べた!雰囲気は楽しかったが、味は普通・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:45 PM
 
代理人記録
 
当ブログで時々書いている様に、最近、明石大久保方面へ行く事が多い。この日もちょっとした用事で明石大久保まで行って来たので、久々にマイカル明石(今はイオン明石ショッピングセンターと言うのかな?)の中にあるレストラン街で食事をしてから帰る事にした。とは言え、少し前にもちょっと書いたが、今のマイカル明石のレストラン街は風前の灯と言うのか、『焼肉の但馬屋』(その前は『大同門』)とか『ステーキひろ』とか、個人的にはお気に入りのお好み焼店だった『鶴橋風月』が撤退し、残っているお店はイオンの息のかかったお店ばかり・・・、と言う気がしないでも無いのだが・・・。
 
ボンディア ジュニアイオン明石店プレミアムメニュー
で、そんなちょっと閑散とした様なレストラン街のお店の前をあれこれチェックして廻っていると”花畑牧場のホエー豚”の文字を発見!!!”花畑牧場”と言えば、数年前大ブームになった”生キャラメル”を販売している会社(経営はあの田中義剛!)で、何年か前に、その”花畑牧場の生キャラメル”を買ったり、あるいは北海道十勝の名物豚丼の一つである”花畑牧場 ホエー豚亭のホエー豚丼”を食べたりした事がある(ちなみに”ホエー豚”と言えば、最近関西でも増えつつある、昨年、大阪に行った時に食べた伝説のすた丼”も”ホエー豚”を使った豚丼?だった)。
 
更にこのボードに載っている”花畑牧場のホエー豚”を使った料理を注文すると”500円のお食事券”がプレゼントされるとの事。ご存じ?の様に、私はこの手のお食事券とか割引券に弱い・・・、って事でこの日はこの”花畑牧場のホエー豚”を使った料理が食べれるお店に入ってみる事にした。
 
ボンディア ジュニアイオン明石店
てな事で、こちらが”花畑牧場のホエー豚”と”500円のお食事券”に釣られて思わず入ってしまった『ボンディア ジュニア/イオン明石店』で、ご存じの方はご存じの通り、イオングループが経営しているファミレス風のレストランだ。個人的には、何年か前にWAONを使って食事をすると500円引きになる!と言うキャンペーンに釣られて、姫路飾磨にあるリバーシティーの中にある『ボンディア』で食事をした事があったり、また更にその前にはイオン姫路大津店の中にある、同じくイオンが経営している和食のお店『日本橋 四六時中』を利用した事がある。ま、どう転んでもイオンのお店・・・、って事で、味への期待は禁物・・・、って事だけは確かだが・・・。
 
ボンディア ジュニアホエー豚説明ボンディア ジュニアラクレットチーズ説明
ちなみに”花畑牧場のホエー豚”って一体何じゃらほい・・・、と言う方の為に少々説明しておくと花畑牧場のホエー豚とは、チーズを製造する過程でできる乳精(ホエー)を飲んで育った豚のことです。ホエーを飲んで育った豚の肉質は、口当たりの良い不飽和脂肪酸を多く含み、保水力が非常に高いため焼いても蒸しても肉汁のジューシー感が残ります。豚肉の臭みがなく、脂身まで甘味のある、肉質のやわらかい豚肉です”との事。その内、この近辺にも”伝説のすた丼”が進出して来るかも知れないので”ホエー豚”と言うブランド名だけは覚えておいて頂戴・・・。
 
ボンディア ジュニア/ラクレットチーズinホエー豚ハンバーグのグリルラクレットチーズ in ホエー豚ハンバーグのグリルメニュー
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらのこの日食べたプレミアムメニューの”ラクレットチーズ in ホエー豚ハンバーグのグリル”で、メインの鉄板料理とライスがセットになって、お値段は990円也。これに後、カップスープぐらいが付いていたら言う事は無いのだけど・・・。それにしてもメニューの写真を見た時のイメージでは、もっとボリューム満点な料理が運ばれて来ると思っていたのだが、何かパッと見た感じ、スモールサイズ・・・、と言うのか女性向けの少な目セット?な感じに見えなくも無い・・・。
 
ボンディア ジュニア/ラクレットチーズinホエー豚ハンバーグのグリル
そしてこちらが”ラクレットチーズ in ホエー豚ハンバーグのグリル”のメイン料理で、熱々に熱した鉄板の上に”花畑ラクレットチーズ in ホエー豚ハンバーグ”、”北海道産和風ビーフステーキ”、”純輝鶏の唐揚げ”の豚、肉、鶏の三種類の料理の他に、ポテトや人参やブロッコリー等の野菜が添えられている。鉄板の右の方に、殿と構えるのは”純輝鶏の唐揚げ”に浸ける”ハニーマスタードソース”だ。確かに料理の品数が豊富で中々楽しげには見えるのだが、何と言ってもそのサイズがね・・・。ちなみに入った時間がちょっと中途半端な時間・・・、と言う事もあって、ライスもちょっと冷め気味(ま、厨房で用意した後、長時間ほっておいた・・・、ともとれるが・・・)のご飯であった・・・。
 
ボンディア ジュニア/ラクレットチーズinホエー豚ハンバーグのグリル
それは兎も角として、早速メイン料理とも言える”ラクレットチーズ in ホエー豚ハンバーグ”から食べてみる事に・・・。大きさ的には他のお店で食べる”ハンバーグ”の半分、または1/3ぐらいの大きさしか無い様だが、デミグラスソースたっぷりで、中々旨そうには見える。
 
ボンディア ジュニア/ラクレットチーズinホエー豚ハンバーグのグリルボンディア ジュニアイオンラクレットチーズinホエー豚ハンバーグのグリル6
てな事で、早速その”ホエー豚ハンバーグ”をお箸で割って食べ様としたら、中からラクレットチーズがブチューッと溢れ出て来て、更にお箸で割って食べると、何かもうグチャグチャ状態になってしまった。で、これが本当に”ホエー豚を使ったハンバーグ”なのか、あるいはチーズが”ラクレットチーズ”なのか、私には全然判断は出来ないが、まあ、味的には普通に美味しかったかな。後は何度も書くが・・・、もうちょっとボリュームが欲しかった・・・。
 
ボンディア ジュニア/ラクレットチーズinホエー豚ハンバーグのグリル
そしてこちらは”ラクレットチーズ in ホエー豚ハンバーグのグリル”の中の”北海道産和風ビーフステーキ”なのだが、たっぷりの”おろし大根”のおかげで肉の姿が全く見えない。ちなみにネーミングはビーフステーキだが、トッピングのネギと大きさを比べて貰うと判る様に、一口サイズ?とも思える様な大きさビーフステーキだ。
 
ボンディア ジュニア/ラクレットチーズinホエー豚ハンバーグのグリル
てな事で、上にどっさり載っていた”おろし大根”をどけると、見えて来たのがこちらの”北海道産和風ビーフステーキ”。大きさもさる事ながら、肉厚も薄く、中までしっかりと火が通った感じビーフステーキで、北海道産と言う割に?(てか北海道産がどう言ったお肉なのか、良く判らんが)、それなりに噛み応えのしっかりとした普通の牛肉であった。
 
ボンディア ジュニア/ラクレットチーズinホエー豚ハンバーグのグリル
そして最後は、ちょっと写真がピンボケになってしまったが、こちらの”純輝鶏の唐揚げ”で、これまた一口サイズぐらいの物が2個あるのみ。これまた”純輝鶏”がどうした?と言う様な感じの、極々普通の”鶏の唐揚げ”だったかな。
 
てな事で、この日はちょっとした事もあって久々にマイカル明石のレストラン街の中にある『ボンディア ジュニア』と言うお店で食事をしたのだが、イメージ通り?普通にファミレス的なお店だった。で、思わず釣られた”500円のお食事券”はと言うと、100円の券が5枚綴られた券で、しかもこのお店限定な上に、1回の会計で1枚しか使えないと言うショボイお食事券・・・。当然・・・、と言うか、多分、このお店に次回行く事は無い様な気がするので、折角貰った”500円のお食事券”はこのままゴミ箱行きになってしまいそうな気がする・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。