義史のB型ワールド

2012年9月4日

マルハン序でに久々に”らぁめん御三家”に行って”中華そば”を食べてみた。”中華そば”と言うよりは”醤油ラーメン”?みたいな・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:11 PM
 
代理人記録
 
当ブログをご覧のみなさんは良くご存じの様に、最近、私は『メガコート/ホームランスタジアム加古川』の中にあるパチンコマルハンの飯屋さんに行く事が多い。そんな時、何か新しいメニューが増えて無いかなあ・・・、とチェックの意味を込めて、必ずお店の様子を見に行っている?のが同じ敷地内にある『らぁめん工房 御三家/加古川店』。この2ヶ月間の間に、あれだけマルハンの飯屋さんには行っているのに、『らぁめん工房 御三家』に全く顔を出さないのも失礼かな?と言う気がして来たので、久々に行ってみる事にした。
 
らぁめん工房御三家加古川店
こちらが約2年ぶりに行って来た『らぁめん工房 御三家/加古川店』で、今から7年程前に『メガコート/ホームランスタジアム加古川』が誕生した際に、その1Fに、当時は未だ勢いがあった『希望(ホープ)軒ラーメン』のFC店として『らぁめん工房ホープ軒』と言う名でお店が誕生したのだが、ご存じの通り、『希望軒』がその後、民事再生法適用で規模を縮小した時にFC店から離脱、その後暫くの間は『らぁめん工房ホープ軒』と言う名で営業を続けていたのだが、本家『希望軒』が復活、店舗拡大して来た事もあり、そのまま名前を使う訳にいかなくなったのか、『らぁめん工房 御三家』に名前を変え現在に至っている(半分、私なりの解釈が含まれているので、多少事実と異なる点があるかも知れないので、その点はご留意の程を・・・)。似た様なパターンで、神戸玉津にもう一店らぁめん工房 御三家』が存在する・・・。
 
らぁめん工房御三家加古川店のメニュー
そしてこちらが『らぁめん工房 御三家/加古川店』の今のメニューで、基本的には以前の『らぁめん工房ホープ軒』と時と同じなのだが、値段はFC代分だけ?値下がりしたのだが、前回訪問時の当ブログの記事照らし合わせると、少しではあるが値上がりしている・・・。で、久々の訪問だったので、定番の”濃厚とんこつ”(希望軒と言えばピリカじゃあ無いの?と言う声も聞こえて着そうだが・・・)を食べ様かと思ったのだが、何か最近、個人的にあっさり系を好む様になって来た・・・、って事で、あまりこのお店で食べた記憶が無い”中華そば”を食べてみる事に決定!!!
 
らぁめん工房御三家中華そば
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”中華そば”で、お値段は550円也。パッと見た印象はと言うと、スープの表面に多量の脂分が浮いている物の、なんとなく中華料理屋さんで出て来そうな”中華そば”と言うのか”ラーメン”な感じ。で、そのお味はと言うと、ちょっと甘辛い様な醤油スープで、味的には可も無く不可も無く・・・かな?で、何かこのスープに覚えがある様な気がして(実際には、正確には覚えて無いのだが・・・)、記憶の中から色々と手繰り寄せてみると、姫路発祥のラーメン屋『希望軒』が、未だ発展途上の頃に、初めて三宮に進出した頃に、その三宮店に行った時に食べた”中華そば”の味に似ている・・・。ま、10年程前の事なので、あくまで、そんな気がした・・・、と言うレベルの話ではあるが・・・。でも当時は未だ『希望軒』って、片手で数えるぐらいの店舗数しか無かったのだけどなあ・・・。
 
らぁめん工房御三家中華そば
ちなみに”中華そば”の麺はこんな感じの麺で、この麺はお店の看板メニューである”濃厚とんこつ”で使われている麺と同じ様だが、個人的には可も無く不可も無く・・・、の普通の麺だったかな・・・。
 
てな事で、最近良く『メガコート/ホームランスタジアム加古川』に行くので、久々に『らぁめん工房 御三家/加古川店』に行って、この日は”中華そば”を食べてみたのだが、味的には極々普通だったかな・・・。それにしても、あらためてメニューを見ると、個人的にこのお店(と言うか『ホープ軒』だった時であるが)で、結構お気に入りだった塩味らーめん”ってメニューから消えているのね・・・。本家『希望軒』でも背脂の量が指定出来たのは唯一”塩味ラーメン”だけだった気がするので、背脂大好きな私にすると”塩味らーめん”が無くなったのはちょっと悲しいかも・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。