義史のB型ワールド

2012年8月24日

ガストの夏カレーフェア―第二弾で”シンガポールカレー”を食べた!カレーよりもチキンと醤ダレの方が美味しかった様な・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:29 PM
 
代理人記録
 
最近、『ガスト』とか『ロイヤルホスト』等のファミレスでカレー食べる事が偶にある。そんな、ファミレスのカレーシリーズ、第?弾として、またまたファミレスの『ガスト』でやっている夏カレーフェア―の第2弾”の”シンガポールカレー”を食べて来たのでご紹介。
 
ガスト高砂店
こちらがまたまた行って来た『ガスト高砂店』で、前回も同じ様な時間帯に行ったのだが、その時は学校帰りの女子高生の姿が数多くあって、料理の写真を撮り難い雰囲気があったのだが、この日は流石に夏休み期間中!って事で、女子高生達の姿は全く無く、反対にファミリー客が大勢居た。どちらにしても昼間の客層とはちょっと違う様な気はするが・・・。
 
ガストシンガポールカレーメニュー
そしてこちらが”ガストの夏カレーフェア―の第2弾”のフェアメニューである”海南風醤ダレチキンのシンガポールカレー”のメニューで、商品説明を読むと”海南風醤ダレチキンと辛さ引き立つクリーミーなカレー。ココナッツミルクの味わいが美味しさを引き立てる”との事。何か分かった様な判らん様な説明ではあるが、どちらにしても”シンガポールカレー”を食べた事が無いので、興味半分も手伝って早速、この”シンガポールカレー”を注文!!!
 
ガストシンガポールカレー
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”海南風醤ダレチキンのシンガポールカレー”で、お値段は税込価格733円也。前回食べた”インドカレー”と同様に、カレールーが入った器とライス等が盛られた皿が別々で提供される、所謂、スープカレーみたいなスタイルで出て来た。これが”シンガポールカレー”の真の姿なのかどうかは私の知る由では無いが・・・。
 
ガストシンガポールカレーガストシンガポールカレー
そしてこちらがメインの”シンガポールカレー”?で、これまた『ガスト』の商品説明を読むと”飴色玉ねぎをベースにしたシンプルなルゥに、ココナッツミルクが生み出す豊かな風味”との事。確かにマイルドな味のカレーで普通に美味しいのだが、何かちょっと粒粒感もあったのだが、それが一体何なのか、全然判らんかった・・・。
 
ガストシンガポールカレー
そしてこちらが、もう一つのメインとも言えるチキンや野菜やライス等が盛られたお皿。これまた『ガスト』の商品説明に寄ると”気分を盛り上げるのが、彩り豊かな海南鶏飯風のプレート”との事。”奄美名物の鶏飯”ならワーナーマイカル加古川の直ぐ近くにあるお店で何度か食べた事があるので知っているのだが、シンガポールには行った事が無いので”海南鶏飯”とやらが一体どんな物なのか、全然知らないのだが・・・、こんな感じの飯なのかな?
 
ガストシンガポールカレー
てな事で、早速この”海南風醤ダレチキン”とやらを食べていると・・・、チキン単品は唐揚げの様なフライドチキンの様な中途半端な感じのチキンなのだが、添付の海南風醤ダレ”を浸けて食べると、これが中々旨い!!!はっきり言って、カレーが無くてもこの”海南風醤ダレチキン”とライスだけあれば定食として食べれそうな感じ
 
ガストシンガポールカレー
ちなみにこちらがその味の要とも言える”海南風醤ダレ”で商品説明を読むと”スイートチリの酸味をプラスした甘辛の醤ダレ”との事。何かこの日食べた中では、この”海南風醤ダレ”の印象だけが一番強く残った様な気が・・・。てか、このタレに、カレーは合わないのでは?と言う気もしないでも無かったが・・・。
 
ガストシンガポールカレー
で、結局カレーの方は、この様にライスにかけて食べた。やっぱ日本人としては、カレーをライスの上に掛けて食べる方が合っている様な気がする・・・。
 
ガストスパイシータイカレーメニュー
最後に・・・、店内に置いてあった”ガストの夏カレーフェアのメニュー”を見ると、8/2から第3弾として”海老と彩り夏野菜のスパイシータイカレー”が発売される・・・、と予告されていて、折角なのでブログネタ的にも”ガストの夏カレーフェアのメニュー”を制覇しようと思っていたのだが、何だかんだと忙しくて、結局第3弾の”海老と彩り夏野菜のスパイシータイカレー”の販売は終了してしまった様だ・・・。残念・・・。ま、内容的に、どうしても食べたいと思う様なカレーでは無かった事も確かだけど・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。