義史のB型ワールド

2012年8月19日

”ステーキけん”に続いて”ステーキガスト”もランチを始めた!と耳にしたので、食べに行ってみた。ま、安い?かな?

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 10:30 PM
 
代理人記録
 
少し前にサラダやカレーやスープ等が食べ放題のステーキとハンバーグのお店『けん』が日替りランチを始めたので食べに行った時の事を紹介したが、今度はライバル店の『ステーキガスト』でも”日替わりランチ”を始めたと耳にしたので、食べに行ってみた。
 
ステーキガスト加古川尾上店
こちらが久々に行って来た『ステーキガスト/加古川尾上店』で、訪問時間は午前11時半過ぎだったのだが、ランチを始めた効果からなのか、既に結構沢山のお客さんが入っていた。
 
ステーキガスト加古川尾上店日替わりランチのメニュー
そしてこちらが『ステーキガスト/加古川尾上店』の”日替わりランチ”のメニューで、日替りのメイン料理にカレー、ライス、パン、スープの食べ放題が付いて税込価格699円で、それにワンプレートサラダバイキング(店員さんの説明に寄ると、専用のプレートに一回だけサラダを取る事が出来るらしい)を追加した場合は799円、サラダバイキング食べ放題にした場合は899円との事。
 
ちょっと前に食べた”ステーキけんのランチ”に比べると、若干お値段は高い気がするが、やはりこのお店に来てサラダバイキングが無いのも寂しい・・・、と思い、100円高いワンプレートサラダバイキングを頼もうとしたら、お店のスタッフのお兄さん曰く、”お皿が物凄く小さいですよ”と仰る。はっきり言って”辞めておいた方が良い・・・”と言わんばかりの勢いで説明してくれる。ま、お店の方がそこまで言うなら・・・、と、一番安い、サラダバイキングが付いて無い699円の”日替わりランチ”を食べる事に決定!
 
ステーキガスト加古川尾上店日替わりランチのメニューステーキガスト加古川尾上店本日の日替わりランチのメニュー
で、こちらがこの日の”日替わりランチ”のメニューなのだが、オーダーを取りに来たスタッフのお兄さん曰く、この日の日替りは”三番のメニューなんですが、ハンバーグでは無くステーキになります。そしてソーセージが用意出来ないので、変わりにクリームコロッケになります・・・”との事・・・。何か説明を聞いていると、頭の中が混乱して来たのだが、どの道”日替わりランチ”を食べる事に決めたのだから、料理の内容は実際に運ばれて来た時のお楽しみ!と言う事にして、取り敢えず”日替わりランチ”を注文!!!
 
ステーキガスト加古川尾上店日替わりランチのスープ
そんなこんなで”日替わりランチ”を注文した後、まず最初に取って来たのがこちらの飲み放題のスープで、この日もスープコーナーには”オニオンとコーンのスープ”と書いてあったのだが、実際に中身を見ると”玉子のモヤシのスープ”だった。このお店、前にも、その前にも似た様な事があった気がするのだが・・・。店員さんも、あるいは店長さんも全然チェックしないのかなあ・・・。その辺りが『ガスト』なのかも知れない・・・。ちなみにスープはもう一種類”ミネストローネ”もあったのだが、そちらは個人的にあまり好きでは無いので、今回も飲まなかった・・・。
 
ステーキガスト加古川尾上店日替わりランチのカレー
で、飲み放題のスープで一息着いた後は、これまた食べ放題の”スペシャルカレー”がこちら。相変わらずご飯は固目な感じだし、カレーの中身も”ステーキけんの食べ放題のカレー”に比べると、具が全くと言って良い程入って無いのだが、味的には段違いにこちらの”ステーキガストのカレー”の方が私の好みに合っていて、普通に美味しい。それに具がほとんど無い変わりに”日替わりランチ”の”ステーキ”や”鶏の唐揚げ”を入れて食べると、それなりに具沢山のカレーになるからそちらも全く無問題!!!
 
ステーキガスト加古川尾上店本日の日替わりランチ
てな感じで、スープとカレーを食べていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”この日の日替わりランチ”で、その内容はと言うと、先にも書いた様にメニューの写真とは全然違う内容で、”ステーキクリームコロッケ鶏の唐揚げ”の3品だ。要はソーセージが品切れ?だから変わりに”鶏の唐揚げ”にした!って事なのかな?それにしても、ソースが2種類付いているのは何で?と言うのか、もう一つのソースはクリームコロッケ用と言う事なのかな?
 
ステーキガスト加古川尾上店本日の日替わりランチ
そしてこちらが、この日の”日替わりランチ”のメイン料理であるステーキで、パッと見た感じは結構大き目サイズなのだが、その分、肉厚が無いので、ボリューム的には100g程度のお肉?な感じ。が、そのお肉と言うと、兎に角固い・・・。既に『ステーキガスト』で何回も”ステーキ”を食べて来たが、今迄『ステーキガスト』で食べた”ステーキ”の中で一番固いお肉だった様な・・・。ま、値段を考えると当たり前なのかも知れないが、見た目がそこそこ美味しそうだっただけにちょっと残念だった・・・。
 
ステーキガスト加古川尾上店本日の日替わりランチ
ちなみに”日替わりランチ”のステーキはこんな感じで、最近食べたステーキの中では一番の薄さかも・・・。ちなみにこの日のソースは”おろしポン酢ソース”とやらを選んでみたのだが、ちょっと味が濃い目だったので、少し浸けただけでも”ポン酢”味に一気に染まってしまうぐらいだった。もうちょっと薄味で良いのにね、みたいな。
 
ステーキガスト加古川尾上店本日の日替わりランチ
そしてこちらが”クリームコロッケ”と”鶏の唐揚げ”で、”鶏の唐揚げ”は以前、無料クーポン券を使って食べた物と全く同じ。”クリームコロッケ”も、大体想像通りの、中身が全く無い極々普通の”クリームコロッケ”であった。
 
ステーキガスト加古川尾上店食後のスープ
で、”日替わりランチ”にはドリンクバーも付いて無いので食後のドリンクは無い。が、その変わりに飲み放題の”玉子のモヤシのスープ”を食後のドリンク代わりにもう一杯・・・。ま、具はちょっと少な目にしたけど・・・。
 
てな事で、『ステーキ けん』に続いて『ステーキガスト』もランチを始めたと耳にしたので食べに行ってみたのだが、値段は若干高いし、ステーキお肉もちょっと固かったけど、それでもスープやカレーの味を考えると、やっぱり個人的には『ステーキガスト』の”日替わりランチ”の方がエエ様な気がする。この日の”日替わりランチ”の内容は、メニューに載っているのと全然違ったけど、当然の如く、日替わりなので、この日食べれ無かったソーセージや、エビフライ等を食べてみたさに、また行ってしまいそうな気がする・・・

スーパーに”かつめしおにぎり”とやらが売られていたので、買ってみた。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 5:34 PM
 
代理人記録
 
どうでもエエ話だが、写真を撮ってしまったので、簡単にご紹介。少し前の話になるのだが、スーパーへ行くと”かつめしおにぎり”なる物が売られていたので、買ってみた。
 
かつめしおにぎり
こちらがスーパーで売っていた”かつめしおにぎり”で、パッケージに”かっつんとデミーちゃん”の絵が描かれている様に、加古川かつめし協会・・・、じゃ無かった加古川観光協会公認の商品の様だ。
 
かつめしおにぎり
で、早速袋を開けて中身を取り出してみると、”かつめしおにぎり”はこんな感じ。”かつめし”と言うイメージよりも、単にカツを挟んだおにぎりに見える・・・。ま、ビフカツとかつめしのタレを使ったおにぎりなので、”かつめしおにぎり”と呼んでるだけ?みたいな感じなのかな?
 

かつめしおにぎり

ちなみに”かつめしおにぎり”の断面はこんな感じで、先にも書いた様に、カツは一応ビフカツの様だ。で、実際に食べてみると、確かにかつめしっぽい感じの味はする。しかも海苔が巻いてある分、おにぎりを食べてる感もある値段はちょっと高かった様な気がするが、まあ、それなりに美味しいかつめしおにぎり”だったかな。

先日行われた長渕剛ライブシネマビューイング!始まる前はどうなる事かと心配したが、終わってみると、最高のステージだった!!!

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 10:10 AM
 
代理人記録
 
先日、行われた”長渕剛ライブシネマビューイング”のお話をあらためてご紹介・・・。
 
上映開始は午後6時半からだったのだが、午後5時半過ぎに、ワーナーマイカルシネマズ加古川に到着。”長渕剛ライブシネマビューイング”がある事を示す案内板や飾り付け等は一切無い。しかし、ロビーには映画を観に来たお客さんとは明らかに違う、日本の国旗を手にしたお客さんの姿がチラホラ・・・。てか、思いっ切り長渕Tシャツ姿の人や、首にツアーグッズのタオルを巻いた人の姿もある・・・。流石に映画館だし、事前の注意書きで書かれていたので、ギターを手にしたプチ長渕の姿は一人も無かった・・・。ま、映画館のロビーで弾き語り何か始めたら、直ぐに強制退去させられる事は明白だが・・・。
 
で、映画館での同時生中継と言えども、一応は長渕剛のコンサートなのだがから、”勇次”様のクラッカーは必須!と言う事で、先に直ぐ近くのドンキに寄ってクラッカーを買って持って来たのだが、ロビーで待っている間の案内放送や、あるいは劇場入口のボード、それに上映開始前のスタッフのおじさんに寄ると”映画館内でクラッカーを使用すると、火災報知器が反応する可能性があり、そうなるとライブシネマが中止になるかも知れない。なので、クラッカーは決して使ってはならない!”と言うお達しがあった。ゲゲゲー、楽しみにしてたのに・・・。ま、”勇次”の曲自体が演奏されない可能性も無いでは無いが・・・(後で紹介するが、実際のライブの中で”勇次”が唄われたので、一人ぐらいイチビリなお客が居て、クラッカー鳴らすかな?と思っていたのだが、流石にみんなまじめな人が多くて、誰一人、クラッカーは使わなかった・・・。当たり前な事ではあるが、ある意味、ちょっと感心・・・)。
 
そして午後6時過ぎ、ライブシネマが上映される劇場内へと入場。やるやるとは思っていたが、劇場内で前から後ろへのウェーブを2回程・・・。そして午後6時半・・・、いよいよ長渕剛ライブシネマビューイングが始まる時間・・・、なのだが、一向に画面が切り替わらない。何やら仙台の現地の都合で配信が遅れているとの事。これが機器に寄るトラブルなのか、開演自体が遅れているのか、全く持って判断が付かない・・・。そのまま数分の間、不安な時間を過ごしていたのだが、そこで登場するのが、今時のスマートフォン!って事で、甥っ子がスマートフォンを使って、コンサートが行われている仙台を筆頭に、全国各地の映画館に観に来ている人のツイッター上のつぶやきを観ると、まず全国各地の映画館の様子は、加古川と全く同じ。で、肝心の仙台の様子はと言うと、開演時間が来ているのに、未だ開門すらしてない・・・、と言う、嘘か本当か判らない(てか信じられ無い様な)”つぶやき”を発見!!!
 
ホンマかいな・・・、一体どないなんねんやろ・・・、と話をしていると、唐突に画面が切り替わって昨年のNHK紅白でも唄われた”ひとつ”のPV上映が始まる・・・。所謂、その場繋ぎ・・・、って奴だ。ま、こればかりは仕方無い・・・、って事でそこは静かにPVを観終えたのだが、それが終わると、また最初の”現地からの映像配信が遅れています?”とか言う様なメッセージのみ。何じゃそりゃ・・・。で、劇場に集まったお客さんが暇を持て余して来た事もあり、先ほどウェーブをやった姫路の何とか会の中の一人が”勇次”を熱唱?何とか場の雰囲気を盛り上げようとするのだが、その途端に二回目のPV上映・・・、そして更にその後には三回目のPV上映・・・、一体この先どうなる事やら・・・。
 
で、その間、ツイッター上の”つぶやき”を見ていた甥っ子の情報では、”漸く、開催が決定!お客さんの入場開始が始まった”とか何とか・・・。どうやら長渕剛本人の体調が芳しく無い様で、コンサートを行うかどうか思案していた様だ。そんな情報を見ながら、ひたすら現地からの映像が送られて来るのを待っていると、午後7時15分過ぎ、いよいよ現地”仙台サンプラザホール”に集まる観客の映像が送られて来た!!!いよいよライブ開始だ!!!!!
 
と、劇場内での剛コールに包まれる中、スクリーンに映る現地ステージ上に、スーツ姿のおじさんが登場・・・。むむむ・・・、何かこれは嫌な雰囲気・・・。もしかするとコンサート中止の発表か?と思ってじっとその説明を聞いていると、2日前に行われた岩手でのコンサートで、長渕が頑張り過ぎた結果、先月のコンサート中に負った、全治6週間の左膝内側側副じん帯損傷が再び痛みだして、数時間前までは立って居る事すら出来ない状況だったとの事。しかし、この日を目標に、みんな頑張ってやって来たから辞める訳にはいかない!と言う、長渕剛本人のたっての希望?もあり、コンサートを開催する事に決めた!との事。ここで現地からも当劇場内からも、割れんばかりの拍手喝采!!!
 
そして暫くして、目の前のスクリーンに、ギターを片手に、足を引きづりながら長渕剛登場!!!丸椅子に腰掛け”足が動かなくとも、声がある!腕がある!心がある!いくぞーっ!!!”と言う掛け声と共に、長渕剛仙台サンプラザホール、ライブシネマビューが始まった・・・。
 
ライブシネマ『TSUYOSHI NAGABUCHI RUN FOR TOMORROW HALL TOUR 2012 Unplugged Live』 
で、劇場に付いてからライブが始まるまでずっと気になっていたのが、コンサート会場なら兎も角、その生中継先である映画館の会場で、席を立つのか否か。しかし実際にコンサート中継が始まってみると、私が座っている劇場ほぼ中央から前の席は、全く持って立つ気配が無い。はっきりとは見て無いのだが、コンサート中に立ち上がって声援を送っていたのは、先ほどまで何とかしてこの会場内を盛り上げようと頑張っていた、某姫路何とか会のグループ周辺のみ(ほとんど後ろを見なかったので、他にも居たかも知れないが・・・)。ま、幼稚園児を連れた様なファミリー客や、あるいはお婆さんを連れた一団も居たので、座りながらの観戦は致し方無かったのかも?ま、個人的にも座席に座っての観戦の方が体力的にも望ましいので、割と期待通りの観客の姿だったかな・・・。
 
ちなみに私より前の席のお客さんは基本的に最初から最後まで座ったままも観戦ではあったが、拳を突き上げる様な曲では、ちゃんと座ったまま拳を挙げ、また”桜島”では左右に手を振り、”明日に向かって”では、座ったまま手を挙げてのジャンプ?等、大人しい割には、それなりに個々のパフォーマンスで盛り上がっていた。そして、いよいよライブ終盤!遂に”勇次”のイントロが始まった・・・。
 
長渕剛ライブで”勇次”と言えば、剛と観客が一体になった熱唱&拳の突き上げが定番となっているが、その中でも二番の歌詞の中の”撃鉄が起こされ・・・”の後に、レコード(古っ!!!)の中で鳴るピストル音の代わりにクラッカーを鳴らすのが恒例の儀式となっていて、当然我々もクラッカー持参で参加していたのだが、先にも書いた様に、火災報知器の関係で、クラッカー禁止・・・。一人ぐらいはイチビリが居て・・・、と思っていたが、ワーナーマイカル加古川ではみなさん、規律正しくクラッカーは全く無し!その代わりに、私も含めて半数前後?のお客さんが、撃鉄のタイミングで口から声を出して”パーッン!!!”の大合唱!!!
 
個人的にはこの”声に出してのパーン!”をやる前は、一人だけ浮いてしまったらちょっと恥ずかしい?と思っていたのだが、何の何の、そこは流石に生中継ライブに集まった長渕ファンと言う事で、まさに阿吽の呼吸の如く、”パーッン!!!”の大合唱、大声援となったのであった。彼是30年近くに渡る、長渕ライブ参戦の中でも、初めての声に出しての”パーッン!!!”は、ある意味新鮮だったかも・・・。
 
そんな、全国各地からの映画館からの声援もあってか、剛本人も途中からは足の怪我の事も忘れ、普通に立ってステージ上を歩き回っている。多分、本人も唄い始めてからテンションが上がって来て、痛みを忘れてしまったのだと思うが、後半は何時もと変わらぬ姿でのコンサートであった。
 
そして午後10時10分過ぎ、遂に最期の曲”さようならの唄”を歌い終え、ステージから去って行く長渕&スタッフの面々・・・、と、此処で行き成り、劇場でのライブビューイングの映像が途絶え、この日のワーナーマイカルシネマズ加古川での一大イベントは終了したのだが、コンサート開始前の延々待ちぼうけを食った事等、すっかり頭の中から消え、凄いコンサートを観た余韻に包まれながら会場を後にしたのであった・・・

仙台サンプラザホール

19:18中継開始

開演19:25

01 日本に生まれた
02 明日をくだせえ
03 僕と歩こうよ
04 お家へ帰ろう2011
05 かましたれ!(弾き語り)
06 情熱
07 Success
08 六月の鯉のぼり(弾き語り)
09 ガーベラ(弾き語り)
10 カモメ
11 蝉 sem
12 泣いてチンピラ(沖縄バージョン)
13 Run for Tomorrow ~明日の為に~
14 明日へ向かって
15 愛おしき死者たちよ
16 Stay Alive(弾き語り)
17 ひとつ
18 しあわせの涙
19 勇次

本編終了21:45

アンコール

20 乾杯
21 桜島
22 HOLD YOUR LAST CHANCE
23 さようならの唄

終演22:13

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.