義史のB型ワールド

2012年8月7日

K朗君が福山に行くと言うので同行して笠岡ラーメンを食べて来た!完全な鶏オンリーなラーメンで、あっさり味だが中々旨い!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:32 PM
 
代理人記録
 
何年か前に、福山へ日帰り出張するK朗君に同行して、その足で尾道まで行って本場の”尾道ラーメン”を食べに行った事があるのだが、久々にK朗君が福山に出張すると言うので、今回はお体の弱いK朗君を労わって?運転手として同行。その序でに、岡山笠岡に寄って、今年の初め頃に垂水で食べた”笠岡ラーメン”修行先のお店に行ってみる事にした。
 
ちなみに”笠岡ラーメン”とは一体どんなラーメンなの?か、紹介すると、昨年まで期間限定で出店していた『新横浜ラーメン博物館』の公式サイトの説明に寄ると”笠岡ラーメンの特徴は、タレ・スープ・チャーシュー・脂とすべて「鶏」だけで作られていること”らしく、更に詳細に読んで行くと”笠岡ラーメンは、鶏ガラをじっくりと煮込んだ「スープ」、ブレンドした醤油で鶏を煮込んだ「タレ」、煮込んだ鶏を使った「かしわ(鶏チャーシュー)」、そして、煮込んだときにでる「鶏油」と、まさに鶏づくしの醤油ラーメンです。麺は九州ラーメンに近い中細ストレート麺で、純鶏スープとの相性は抜群です。斜めに切られたネギ、歯応えのある鶏チャーシューは笠岡ラーメンの定番トッピング。シンプルな中華そばですが、食べれば食べるほどその美味しさがわかります”と言うお話。
 
ま、当ブログで以前私が紹介した神戸垂水にある『中華そば いまい』の”笠岡ラーメン”の記事をお読みいただいた方は、既にご存じの事と思いますが・・・
 
笠岡ラーメン中華そば坂本
そしてこちらが、今回行って来た”現存する最古の笠岡ラーメンの店”と言われる『中華そば坂本』で、先に書いた様に神戸垂水にある笠岡ラーメンのお店『中華そば いまい』の店主が修行したとか言うお店だ。で、”ラーメンの街・笠岡”と書かれた幟がお店の前とか、車でちょっと走った町中の至る所で目にしたのだが、ラーメン屋さんは、このお店の他は全然見なかったのだが・・・(事前に”笠岡ラーメンマップ”を調べた限りでは10店ぐらいはラーメン店がある様だが・・・)。
 
ちなみにこのお店に行く途中で、”カブトガニ博物館”の案内板が目に留まったのだが、この笠岡と言う町は”天然記念物カブトガニの生息地として有名な笠岡湾”のある町らしい。瀬戸内海の何処かにカブトガニで有名な町がある事は知っていたが、それがこの笠岡だったとは初めて知った・・・。もしも”カブトガニ”が食材の一つであったのであれば、もっと関心も高かったのかも知れない・・・。
 
笠岡ラーメン中華そば坂本笠岡ラーメン中華そば坂本
それは兎も角として、早速入店。時間は未だ午前11時15分だったが、既に先客一組が食事中。そう言えばお店の入口のドアには”午前11半~午後1時頃まで込み合います”とか言う様な張り紙がしてあったっけ・・・。で、こちらが『中華そば坂本』の店内で、ご覧の通りの、ちょっと年季の入った昔懐かしい雰囲気・・・、てか昭和の香りすら感じる様な・・・。それは兎も角として、店内に貼ってあったメニューを見ると、メニューは”中華そば並盛”500円と、”大盛”700円の2種類のみで、パッと見た感じではライスや飲み物のメニューすら無かった様な。で、今回は素直に”中華そば並盛”を注文!!!
 
笠岡ラーメン中華そば坂本
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”中華そば(並)”で、お値段は500円也(流石に値段も昔長柄で安い!!!)。トッピングの”斜め切りの葱”だけ見ると垂水にある”中華そば いまいの笠岡ラーメン”よりも”もんどの蔵出し醤油麺”に似ている様にも見える・・・。で、改めて”中華そば坂本のラーメン”の特徴を紹介すると、”具材は笠岡ラーメンの特徴でもある、「斜めに切られたネギ」、歯応えのある「鶏チャーシュー」、メンマといたってシンプル。スープに使う食材は「鶏ガラ」のみ。一般的な若鶏とは違い、じっくり育った「親鶏」を使っているため、深くコクと旨みが凝縮。混じりっ気なしの純鶏スープ”との事。
 
てな事で、まず最初にスープから頂くと・・・、甘さは控え目の醤油風味のあっさりスープで、確かに”神戸垂水で食べた笠岡ラーメン”のスープと限りなく似た味がする。K朗君の言葉を借りると”スープがちょっと薄い。でも鶏チャーシューと一緒に食べるとエエ感じ・・・”、みたいな。確かにスープだけ飲んでいると、ちょっと物足りなさを感じる気がして、途中でテーブル上に用意されていた胡椒を加えてみたのだが、その胡椒は気が抜けた様な感じで、全然胡椒風味は加わらなかった。そう言えば、私は”神戸垂水で笠岡ラーメン”を食べた時も、普段滅多に使わない胡椒を入れて食べたのだった。このスープには胡椒が合う様な気はする・・・
 
笠岡ラーメン中華そば坂本
ちなみに”中華そば”の麺はこんな感じで、これまた某所の説明に寄ると”麺は笠岡にある老舗製麺店「丸新麺業」の特注麺を使用。九州ラーメンに近い中細ストレート麺で、加水(麺に加える水の量)は少なめ”との事。確か神戸垂水にある中華そば いまい』もこの麺を取り寄せて使っているはず・・・。で、確かに播州ラーメンの麺に比べると、ちょっと細めな感じだが、個人的に麺にそれ程こだわりが無い事もあって、普通に美味しい麺であった。
 
笠岡ラーメン中華そば坂本
そしてこちらが”笠岡ラーメン”の最大の特徴とも言える”鶏チャーシュー”で、使っている鶏肉が親鳥と言う事もあってか、噛み応えがしっかりした鶏肉だが、これまたしっかりと味が浸み込んでいて中々旨い!何かこの”鶏チャーシュー”をおつまみにして生ビールをグイッと一杯飲み干したいぐらいの気分であった。
 
てな事で、この日は福山へ出張するK朗君に同行して岡山笠岡まで行って本場の”笠岡ラーメン”を食べて来たのだが、何と無く”播州ラーメン”とも相通じる様な感じもするし、今となってはある意味貴重とも言える完全な鶏がらスープのラーメンと言う事で、中々楽しいラーメンであった。このラーメンをもう一度食べる為に、笠岡まで行くか?と尋ねられるとちょっと微妙ではあるが、チャンスがあれば、また神戸垂水にある『中華そば いまいへ行ってみたいと思うのであった。

西友で売っている”国産うな重”が値下げされて販売されていたので買ってみた。値段は高いが吉野家のうな丼よりもお得かも・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:52 PM
 
代理人記録
 
ちょっと小ネタを一つ・・・。今年の”土用の丑”はもう過ぎてしまったが、今回の話は”土用の丑の日”の話・・・。毎年この季節になると加古川別府にある老舗の鰻料理のお店『将棋屋』に行って”うな重”を食べているのだが、今年はちょっとした事情もあって、未だ一度も行っていない。が、やはり”土用の丑の日”に鰻を食べないのはちょっと寂しい・・・。って事で、ちょうどその期間中、昨年も買って食べた西友で売っている”うな重”が値下げ・・・、と言うニュースも流れていたので、今年も買ってみた。
 
西友若菜宮崎県産うな重
ちなみにこちらが西友高砂店の中にある、惣菜&弁当の若菜のコーナーで売られてい売る”宮崎県産うな重”の売り場で、今年は鰻高騰のあおりを受けて通常は1290円で販売されているのだが、その反動で顧客離れを起こしている・・・、って事で、値下げしてでも売ってしまえ?とか言う戦略で、確か7月末頃まで990円で販売されている・・・、と言う話(もう8月なので間違えないでね)だったはず・・・。
 
西友若菜宮崎県産うな重
そしてこちらが実際に買って来て食べた西友の”宮崎県産うな重”で、お値段は990円也。値下げされているとは言え、昨年の値段に比べると10円高い・・・。ちなみに、この”宮崎県産うな重”よりは一回り小さい感じの”中国産のうな重”が、確か598円ぐらいで売られていたのだが、年に一回ぐらいしか買わない?って事で、毎度の事ながら国産のうな重”を買ったのであった。
 
西友若菜宮崎県産うな重
それは兎も角として”宮崎県産のうな重の蒲焼”は、こんな感じで、値段は990円とちょっと高いのだが、少し前に”吉野家で食べた650円の鰻丼”の蒲焼と比べると、国産な上に倍に近いぐらいの大きさがあるので、意外とお得な気がする(そもそも通常価格に比べて300円引きになっているから、お得感があって当たり前なのかも知れないが・・・)。
 
それは兎も角として、この”うな重”は、蒲焼自体は工場で焼いた物の様な気はするが、ご飯は西友の各店舗で炊いた感じの、未だ温かみの残るご飯なので、コンビニで売られている”うな重”よりはマシ?な感じ。で、そのお味であるが、ま、普通に美味しい”うな重”だ。てか、今年はほとんど鰻を食べて無いし、少し前に食べたのが、先にも書いた様に”吉野家の鰻丼”な事もあり、それに比べると、遥かに旨い”うな重”だった事には違い無い・・・。
 
西友若菜宮崎県産うな重
ちなみにの厚さはこんな感じで、流石に国産?って事もあってか、思いの外分厚いが、それなりに柔らかくて中々美味しかったかな?願わくば焼立て熱々の蒲焼?で食べれたら言う事は無いのだが・・・
 
てな事で、今年は鰻が高騰している関係で、西友でも例年に比べて値上げしていたのだが、その反動で顧客離れを起こした?とかで、土用の丑の日の前後、値下げされていたので買って食べてみたのだが、まあ、普通に美味しかったかな。値段はちょっと高いが、”牛丼屋で鰻丼”を食べるよりは価値があった様な気はする・・・。でもやっぱ、個人的には”将棋屋のうな重”が食べたいのだが・・・。

WordPress.com Blog.