義史のB型ワールド

2012年7月24日

パチンコのマルハンがやっている飯屋さんで、名古屋コーチンの親子丼を食べた!お店の割には中々旨い!!!

Filed under: — 代理人 @ 9:13 PM
 
代理人記録
 
若かりし頃は別として、最近はパチンコもスロットマシンも全然行か無いので、明姫幹線沿いにあるホームランスタジアムの中に、昨年の夏か秋頃にマルハンが誕生しても、全く持って関心が無かったのだが、ふとその中にあった、以前”富士宮やきそば”に騙された『お好み焼屋 花門亭』の跡地がどうなったのか、ふと気になったので1年ぶりに様子を伺いに寄ってみた
 
ホームランスタジアム加古川
こちらが久々に寄ってみた、一部では未だ人気のお店旬菜食健『ひな野』とか、『らぁめん工房 御三家(以前のホープ軒』や、今書いた『お好み焼屋 花門亭』等のお店が入っている複合レジャーセンター?の『ホームランスタジアム加古川店』と言うのか『メガコート』。その名の通り、バッティングセンターがある、2Fは巨大なゲームセンター、そして1Fには100円ショップ、隣には鞄と靴のお店がある、中々楽しげな場所なのだが、個人的には飲食店以外にあまり興味が無いので、全体をじっくりと観察した事は無い・・・。
 
ごはんどき・エムズ キッチン加古川店
で、『花門亭』があった辺りはどうなっているのかな?と見に行ったら、その一角は全てパチンコ屋『マルハン』の出入り口になっていた。これはチト寂しい・・・、と思って表の正面玄関に廻ってみると、そこには『マルハン』が経営している、如何にもパチンコ客を相手にしたかの様なカウンター席オンリーの飯屋さんが出来ていた。こちらがその飯屋さん『ごはんどき・エムズ キッチン/加古川店』なのだが、先にも書いた様に、私がパチンコ屋さんに来る事は滅多に無いし、しかもパチンコ屋さん周辺の飯屋さんに入るのは、何年か前に、サザンプラザ加古川の一角にあるパチンコ屋さん夢屋の中の飯屋さんへ、100円のカレーを食べに行った(確か、30番さんと一緒に行ったのかな?)時か、あるいは移転する前のパチンコ屋さんの隣にあった『ラッキー食堂』へ行った事があるぐらいでしか無い。
 
てな事で、今回もお店を見ただけで通り過ぎ様としたのだが、表の看板を見ると月二回程、イベントがあってその月は名古屋コーチンとか比内地鶏を使った親子丼が食べれるとの事。最近、美味しい親子丼を食べた記憶が無かったので、パチンコ屋さんの中にある飯屋さんで、まともな親子丼が食べれるのか?と言う不安を抱きつつも、後日、そのイベントが開催されている日に食べに行ってみた
 
ごはんどき・エムズ キッチン加古川店の店内
そしてこちらがパチンコ『マルハン』の敷地内の一角にある飯屋さん『ごはんどき・エムズ キッチン』の店内の様子で、ご覧の通り、カウンター席オンリーの縦長の店内で、カウンターの中はオープンキッチン風になっており、そこでパートのおばちゃん3~4人が料理を作っている様子を目の当たりにする事が出来る。このお店は如何にもパチンコをしに来た、おっさんが集うお店で、リッチなオバタリアンさんは、隣にある旬菜食健『ひな野』の方へ、ゲームをしに来たカップルやファミリー層は『らぁめん工房 御三家』の方へ・・・、と言う完全な棲み分けが出来た様な店舗構成になっている・・・、様だ。
 
ごはんどき・エムズ キッチン名古屋コーチン親子丼メニュー
で、こちらがちょっと前に来た時に目にして食べてみたくなったイベントの告知ポスターで、それを見るとこのお店では毎月第2土曜・日曜日は”日本全国ご当地味めぐり”と題したイベントフェアをやっているらしく、この日は名古屋ご当地?の”名古屋コーチン親子丼”が二日間限定で食べれるとの事。店構え的に700円も払う価値があるかどうか、ちょっと悩んだけど、個人的には初訪問のお店なので、ご祝儀気分で、この”名古屋コーチン親子丼”を食べてみる事に決定!!!
 
ごはんどき・エムズ キッチン名古屋コーチン親子丼
間も無くして目の前に運ばれて来たのが、こちらの”名古屋コーチン親子丼”で、その他に味噌汁とお漬物が付いてお値段は700円也。単純に値段だけを見ると、親子丼で700円はちょっと高い気がするが、そこは本物の”名古屋コーチン”を使っている?はず?と言い聞かせて納得するしか無いだろう・・・。ちなみにレギュラーメニューにある”カツ丼”は730円?だったかな?
 
ごはんどき・エムズ キッチン名古屋コーチン親子丼
そしてこちらがメインの”名古屋コーチン親子丼”で、”生の卵黄”が載って無いのが、ちょっと寂しいが、玉子の半熟度も中々で濃い目のつゆの味も私好みの味で、玉子丼そのものだけでも中々旨い!お店の雰囲気もあって、あまり味に期待をしていなかった分、更に旨さが倍増したのかも・・・。
 
ごはんどき・エムズ キッチン名古屋コーチン親子丼
で、こちらが”親子丼”の命とも言える”名古屋コーチンの鶏肉”で、中々歯応えがしっかりしていて、噛むごとに口の中で鶏の味わいが広がって中々美味しい鶏肉だ。以前、姫路の駅前で何度か食べた事がある、個人的には一番好きな”親子丼で使われていた名古屋コーチン”と比べても何ら遜色の無い、美味しい鶏肉・・・、と言うか”親子丼”だ。パチンコ屋さんが経営するショボイ飯屋さんと、侮っていたが、中々どうして値段也の価値はある”名古屋コーチン親子丼”であった。
 
ごはんどき・エムズ キッチン名古屋コーチン親子丼の味噌汁
そしてこちらは”名古屋コーチン親子丼”に付いていた”味噌汁”で、内容的には刻んだアゲとワカメとネギが入った極々普通の味噌汁ではあったが、”この手の味噌汁”を見ると真っ先に頭に浮かぶ”松屋の味噌汁”に比べると、こちらの方が何倍も美味しいのでは?と思える様な”味噌汁”だったかな。
 
てな事で、この日はパチンコ『マルハン』が経営する飯屋さんで”名古屋コーチン親子丼”を食べたのだが、値段がちょっと高い事もあってか、中々美味しい名古屋コーチン親子丼”だった。この味であればぜひ、次のフェアメニューである”比内地鶏の親子丼”も食べてみたい気がする(てか、後日食べに行ってみたのだが、その話はまた後程・・・)。
 
ごはんどき・エムズ キッチン390円フェアメニュー
ちなみにこの『ごはんどき・エムズ キッチン』では毎月3と9の付く日はサンキューフェア?みたいなイベントをやっていて、その日毎に決められたメニューが390円で食べれるらしい・・・。お店的にはそれ程、魅力のあるお店だとは言い難いのだが、390円はメチャ安いし、例に寄って一通りの目ぼしいメニューを食べてみたい気がするので、暫くの間、このお店に通う事になるかも・・・。

WordPress.com Blog.