義史のB型ワールド

2012年7月13日

加古川プラザホテルの1Fにあるレストランで”牛フィレかつめし”を食べた。値段は高いがお肉が柔らかくて中々旨い!!!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:38 PM
 
代理人記録
 
度々書いて居る様に、此処数か月の間ちょっとした仕事の関係で月に1、2度ぐらいの割合でK朗君がやって来る。そうなるとまずはランチ・・・。で、この日は当初、K朗君のリクエストで『らーめん八角』へ行きたいと言う話があったのだが、個人的に『八角』へは何時でも行けるので、何か他に目ぼしいお店は無いかいなと。ここ最近はちょっと忙しくてチェックをして無かったホットペッパーを見ると、加古川プラザホテルの1Fにあるレストランで”かつめしフェア”をやっているとの事。そのレストランでは不定期でメニューに”かつめし”があるのだが、今まで一度も食べた事が無かったし、今回は”かつめしフェア”と言う事で、何種類かの”かつめし”がある様なので、ぜひこの機会に食べてみたい!と思い、急遽、加古川プラザホテルのレストランに行く事になった。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらが加古川プラザホテルの1Fのロビーの一角にあるカジュアルダイニング『リヴィエール』。今から十数年前、我が父が存命で元気だった頃は、このホテルの一番奥にあったフレンチレストランに良く行ってランチを食べていたのだが、父が亡くなった数年後に、そのレストランも無くなってしまった。で、元々この場所にあった喫茶コーナーみたいなお店が、イタリアンっぽいお店に変ったのだが、その頃に何度か来た事があるものの、ここ10年ぐらいは全然来た事が無かったので、その時に誕生したお店のマンマなのか、定かでは無い・・・。
 
ま、このレストランに来ずとも、その間に3Fにある日本料理の東京田村にはその間に、2度3度来た事があるし、あるいは、何時ぞやの靴下まつりでかつめしを食べに来たり、あるいは管理人さんファミリーとビアパーティに参加した時にも来たので、加古川プラザホテル自体へは何度も来ているので、その都度、このお店の前を通っているからあまり久々と言う気はしなかったけど・・・
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
それは兎も角として、こちらがカジュアルダイニング『リヴィエール』の店内の様子で、禁煙席は奥の方のスペースだったのだが、パッと見た感じやや薄暗かったので、何か写真が綺麗に撮れそうな気がしなかったので、お店入口入って直ぐ辺りの喫煙席の窓側の席に座る事にした。入店した時は、比較的店内が空いていたので、廻りでタバコを吸われても気にならない・・・、と思っていたのだが正午を廻った辺りからそれなりにお客さんが入って来たので、やはり喫煙席は微妙だったかも・・・。ちなみに店内は冷房が入っていたのだが、何故か窓側?のオープンテラス席へと続く扉は開いたままであった。これって少しでもタバコの煙を外へだそうと言う、お店の配慮だったのかな?
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』かつめしフェア
で、こちらが今回の訪問の目的である”かつめしフェア”のメニューで、定番の”牛ロースカツ”や”牛フィレカツ”の他に”ポークロースカツ”とか”チキンカツ”とか”海老フライ”等、5種類の”かつめし”がある。で、この日は後で紹介する様に”牛フィレカツのかつめし”を食べたのだが、後から思うと、メニューにハーフサイズと言うのがあったので、”牛ロースカツ”版と、”牛フィレカツ”版の両方を食べて、お肉の味比べをしても良かったかな?(値段的には高く付きそうだが・・・)。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』クーポン券
それはさて置き、早速持参したホットペッパーのクーポン券を利用して、”牛ロースかつめし”を頼もうとしたら、クーポン券に書いてある”セットメニュー無料サービス”は”牛フィレかつめし”を頼んだ場合のみに使えるとの事。それ以外だと5%OFFの割引券として使えたのだが、気分がすっかり”セットメニュー無料”だったのと、”牛ロースかつめし”は普段から時々メニューにあったりするので、この日はちょっとリッチに牛フィレかつめし”を食べる事に決定!!!
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』牛フィレかつめしのスープ
てな事で、まず最初に運ばれて来たのが、クーポン券利用で無料となったセットメニューのスープで、内容的には極々普通のコーンポタージュで、可も無く不可も無くな感じではあったが、気分的にスープが付いているだけでもリッチな気持ちになれた事だけは確かだ。てか、料理注文後、クーポン券を持って行かれてしまったので、セットメニューの内容がどんな物なのか、ちゃんと把握出来て無かったのだけど・・・。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』牛フィレかつめしカジュアルダイニング『リヴィエール』牛フィレかつめし
で、そんなこんなしていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”牛フィレかつめし”で、付け合せはボイルしたキャベツでは無く、生野菜のサラダが添えられていて、お値段は1575円也。以前、”明姫幹線沿いにあるステーキ屋さんで2940円の黒毛和牛ヘレかつめし”を食べた事があるが、それに序でお値段の高い”かつめし”だ。ちなみに、このお店の”かつめしで使われている牛肉”は、国産なのか、外国産なのか何処にも書いて無かった様な・・・。
 
それは兎も角として、早速”牛フィレかつめし”を食べてみると、味の要となる”かつめしのタレの味”(ホテルの説明に寄るとデミグラスベースのオリジナルソースとの事)は、甘過ぎず、また酸味はほとんど無く、老若男女誰が食べても気に入る様なお味で中々美味しい!このタレの味であれば、”牛ロースかつめし”でも十分美味しいかも知れない・・・、と思える味だったかな。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』牛フィレかつめしカジュアルダイニング『リヴィエール』牛フィレかつめし
ちなみに”牛フィレかつめし”のお肉はこんな感じで、”かつめしの王道”の如く、叩いて薄く引き伸ばされたかの様な薄さのフィレ肉なのだが、これがとっても柔らかくて、お肉の味もしっかりしていて、ジューシーとは言わない物の、中々美味しい!流石1575円もする”かつめし”だけの事はある!そうなるとやっぱり”牛ロースかつめし”の方もちょっと食べてみたい気がして来たのだが・・・。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』サービスのソルベとコーヒー
そして、”牛フィレかつめし”を食べ終えると、その後に運ばれて来たのが、こちらのセットメニューの”ソルベ”と”アイスコーヒー”。結局、無料サービスとなったセットメニューの内容はと言えば”スープ、ソルベ、コーヒー”の3点で、サラダは最初から”かつめし”に付いていた様だった。で、この”ソルベ”と”アイスコーヒー”の味はと言うと・・・、みたまんま・・・?とだけ書いておこう・・・。
 
てな事で、”かつめしフェア”とやらに釣られて久々に加古川プラザホテルの1Fにあるレストランに行って来たのだが、今回食べた”牛フィレかつめし”は中々美味しかったし、この日の日替りランチメニューも”ビフカツランチ”と、そちらもちょっと気になったりと、中々好印象。10年程前に何回か来た時は、もっとイタリアンな感じのお店と言う印象があったのだが、もしかすると、あの頃とお店自体が変わっているのかも知れない・・・。それは兎も角、また機会があれば他の料理なんかも食べに来てみようと思うのであった!

大阪在住の頃に時々食べていた”中華屋さんの肉めし”に似たメニューがあったので、ちょこっと食べてみた。

Filed under: 中華料理, — 代理人 @ 9:44 PM
 
代理人記録
 
これまた没ネタになってしまいそうだったのだが、折角写真を撮って残して置いたので、軽くご紹介・・・。私が大阪に在住していた頃に毎日ランチを食べに行っていた通天閣本通りの一角に、中華料理屋さんがあり、連日の様に、そのお店の2Fにある座敷で営業マンの方々とランチを食べていたのだが、そのメニューの中の一つに”肉めし”(肉飯、あるいは肉丼だったかも知れない・・・)があった。牛肉を使ってはいる物の、所謂”牛丼”とは違う、中華風あんかけな感じの”肉めし”なのだった。
 
そんな、個人的にちょっと懐かしさを感じる”肉めし”が、サンモール高砂の2Fにある中華料理屋さんのお店前のショーケースの中に見本が置いてあり、以前からお店の前を通る度にちょっと気になっていたのだが、先日、ちょっとサンモールで食事をする事になったので、その”肉めし”を食べてみたのでご紹介!!!
 
白鳳肉めしセット
こちらが、久々に行って来た、サンモール高砂の東館の2Fにある中華料理のお店『白鳳。何年も前には、この通りには、この界隈では超評判の明石焼きが食べれるお好み焼屋『やつふさ』があったり、あるいは今でも時々食べたくなる『スガキヤラーメン』等があったりしたのだが、今はこの中華料理のお店『白鳳』だけになってしまった。が、その代わり?と言うのか、このお店しか無い事もあってか、日と時間に寄っては結構賑わっていて、この日もほぼ満席に近いぐらいの客の入りだった。
 
白鳳肉めしセット
そしてこちらがお店の前のショーケースの中に置いてある”肉めしセット”の見本で、上でも書いた様に、以前からこのお店に来た時、あるいは時々このお店の前を通って、この”肉めしセット”を見た時からずっと一度食べてみたいと思っていたのであった。
 
白鳳肉めしセット
てな事で、入店後速攻で”肉めしセット”を注文!!!間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”肉めしセット”で、メインの”肉めし”の他に”ミニラーメン”がセットになって、お値段は787円也。パッと見た感じ”肉めし”だけでも結構なボリュームがあるので、値段は兎も角として、”ミニラーメン”では無く麺が入って無いスープだけで十分な気がするのだけど・・・。
 
白鳳肉めしセット
そしてこちらが、何と無く以前から食べてみたかった”肉めし”。雰囲気的には中華丼の様な感じだが、お肉は多分、牛肉だし餡自体が少し甘目な感じなので、実際に食べてみると中華丼とは全然違う。で、この”肉めし”が、大阪在住の頃に昼めしで時々食べていた物と似ているか?と聞かれると、やや微妙。ま、前々から気になっていたので、一度食べたからそれはそれで十分だったかも。
 
ちなみに、一時期、加古川に”肉麺(ローメン)と肉飯(ローハン)の専門店”があって、私も一度だけ”肉麺(ローメン)”を食べに行ったのだが、その次は”肉飯(ローハン)”を食べに来ようと思っていたら、割と短期間でお店が無くなってしまい、結局”肉飯(ローハン)”は食べる事が出来なかった。あちらも一度食べてみたかったのだけど・・・。
 
白鳳肉めしセット
そしてこちらは”肉めしセット”の”ミニラーメン”で、所謂、中華料理屋さん定番の鶏ガラ清湯系のあっさりスープのラーメンで、味的にも、如何にも中華屋さんの味!って感じのラーメンだ。麺が若干、柔目なのも、相変わらず・・・。ま、こう言う機会でも無い限り、この手の中華屋さんのラーメンを食べるチャンスは少ない?とも言える・・・。
 
てな事で、前々から一度食べてみたかった”肉めし”とやらを食べてみたのだけど、所謂、思い出の味?とは違っていたかな?ま、記憶自体があやふやになっている・・・、と言う事も否めないのだけど・・・。それにしても、サンモールには他の目ぼしい飲食店が無い事もあってか、この日は店内大賑わいだった・・・。個人的にはこのお店の”味噌チャンポン麺”がお気に入りだったので、次回はその”味噌チャンポン麺”を食べに来たいと思うのであった。

WordPress.com Blog.