義史のB型ワールド

2012年7月12日

でか餃子の割引券がもう一枚あったので、またまた博多金龍に行って”でか餃子”と”金龍そば”食べた!油そばなのか、まぜそばなのか、良く判らんかったけど。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:42 PM
 
代理人記録
 
新聞の折込チラシに付いていた割引券に釣られて、最近何度も行っているラーメン屋博多金龍』なのだが、未だもう一枚”でか餃子3ヶ100円券”が残っていたので、またまた『博多金龍』に行って来た。
 
博多金龍金龍加古川池田店
こちらが割引券に釣られて、6月中は毎週1回は来ている博多金龍/加古川池田店』で、相変わらずランチタイムは様々なお客さんで賑わっている。それに対してお隣のインドカレーのお店は寂しそうに見えるのは、単なる気の精なのかな?
 
博多金龍でか餃子3ヶ100円券
ちなみにこちらが今回も使いに行った”でか餃子3ヶ100円券”で、通常は210円の処、110円引きの100円で食べれる割引券だ。ただし、前回でも紹介した・・・、あるいは後でも書く様に”でか餃子”だけを注文する事は出来ず、ラーメンカレー等を注文した場合にのみ利用出来ると言う券だ。個人的には、この”でか餃子”と白いご飯、それに小さなスープがあれば十分な気がするのだが・・・。
 
博多金龍でか餃子の商品説明
そしてこちらは店内に貼ってあった”でか餃子”の商品説明で、これを読むと一時期は”冷凍商品”に切り替えていた物を、原点に立ち返って、毎日店内で手包みしているらしい・・・。これって”餃子の王将”を意識しての事なのかな???
 
博多金龍金龍そばのメニュー
それは兎も角として、先にも書いた様に”でか餃子”の割引券を利用するには他にラーメンカレーを注文しないといけないのだが、餃子とカレーと言う組合せはちょっと難があるし、ラーメン系も目ぼしいメニューは一通り食べたし・・・、と思って思案しているとお店の冠が付いた”金龍そば”とやらを発見!個人的には汁なし系の”油そば”や”まぜそば”はあまり好きでは無いのだが、『博多金龍』の冠の付いた名前の”金龍そば”を食べずして『博多金龍』は語れ無い・・・、って事で、今回はこの”金龍そば”を食べる事に決定!!!
 
博多金龍金龍そばとでか餃子
で、前回”でか餃子”を食べに来た時は、一緒に頼んだ”とんこつラーメン”は速攻で運ばれて来たにも関わらず、”でか餃子”は中々運ばれて来なかったのだが、今回はお店が未だそれ程混雑して無かった事もあってか、”金龍そば”と”でか餃子”は一緒に運ばれて来た。”金龍そば”は兎も角”でか餃子”を一から焼いたにしては、時間的にちょっと短かったので、もしかするとランチタイム様に大量に焼いて準備をしていたのかも知れない・・・。
 
博多金龍金龍そば
そしてこちらが『博多金龍』の冠を称した汁なしそばの”金龍そば”で、お値段は510円也。『博多金龍』の中では結構高い部類のメニューだ。それは兎も角として、私がこの手の”油そば”とか”まぜそば”を食べたと言えば、何年か前に”もんどの限定裏メニュー”で”まぜそば加古川ブラック”とやらを食べた時以来かも・・・。個人的には汁が入って無いラーメンはあまり好きでは無いのだが、”まぜそば”と言う点で見ると、少し前に食べた”もんどの冷やし麺”も金胡麻ダレを掛けた後で、麺を掻き混ぜて食べるので、似た様な物の気がしないでも無いが・・・。
 
ちなみに”金龍そば”の内容はと言えば、特製のタレを絡めた麺の上に、刻んだチャーシュー、メンマ、そぼろ、ネギ、刻み海苔等をトッピングした、割とシンプルな感じの”油そば”だ。値段がちょっと高目なのは、豊富な?トッピングのせいなのかな
 
博多金龍金龍そば
てな事で、早速、麺と具材とタレを適当にグジャグジャと掻き混ぜて食べてみると・・・、色んな具材の食感と味、それに特製ダレもしっかりとした味があるので、全体的な印象としては、そんなに悪くは無い個人的にはやっぱりスープに浸かったラーメンの方が好きな事には違い無いが、これからの夏の暑い日に、冷麺の代わりに食べるにはエエ様な気もする・・・。
 
博多金龍金龍そば用果実酢
ちなみに”金龍そば”にはこの様な”油そば用果実酢”と言う物が一緒に運ばれて来たんで、折角なので試しに少し入れてみる事に・・・。毎度思うのだが、この手の追加調味料は、どの程度入れたら良いのか、判断に苦しむし、もしも入れ過ぎて味が変になってしまった場合は、元に戻せないから、お店の方で適量だと思う量を最初から入れておいて欲しい気がするのだが・・・。それは兎も角、恐る恐る、と言うのか少しずつ気を使いながら加えてみたのだが、ちょっとさっぱり感が出た物の、味を大きく左右する程の物では無かったかな?ま、それ程多くの量を入れた訳では無いので、ドバーッと入れるとどうなったかは定かでは無いが・・・。
 
博多金龍でか餃子
そしてこちらが、本来のこの日の目的である”でか餃子”で、今回も割引券利用で通常価格は3ヶで210円の処、100円也。単体の写真ではちょっとその大きさが判り辛いが、前回も書いた様に結構デカくて、”王将の餃子”より一回り程大きく、3ヶでも十分食べ応えはある。が、この日は食べるのが2回目と言う事や、焼き具合に若干パリッと感が無く、また具のジューシーさも前回食べた時程の味わいも無かった様な・・・。単なる気の精、あるいは前回食べてから、未だ日も浅いって事も影響しているのかも知れないが・・・。
 
てな事で、一カ月程前に入っていた広告チラシの割引券に釣られて、一カ月の間に都合4回程博多金龍/加古川池田店』に来たのだが、この日で割引券も使い果たしたし、セールも終わった様なので、これでまた当分の間、来る事は無いかも知れない・・・。あるいは、また期間限定のオリジナルラーメンが登場したら食べに来てしまうかも知れないが・・・。それにしても『加古川池田店』のメニューが一新されたとなると、『東加古川店』のメニューはどうなったんだろう・・・、と、ちょっと気にならないでは無いが、流石に『東加古川店』のチラシがこの地域に入る事は無いと思うから、気にする必要は無いのかも知れない・・・。
広告

”まねきのえきそば”のカップ麺の天ぷらが、新しくなって新発売された!って事で、取り敢えず買ってみた。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 8:13 PM
 
代理人記録
 
またまたどうでもエエ話。没にしてしまおうかと思ったのだが、折角写真撮って残してたので、取り敢えず記録として残す意味で、簡単にご紹介!!!
 
既に1~2ヶ月は前の話になってしまったのだが、今から2年ぐらい前に日清から”姫路名物の駅そば”をカップ麺化した、その名も”まねきのえきそばカップ麺”とやらが発売され、当ブログでも発売された当時とか、あるいはその後に発売された”姫路おでん風しょうが醤油仕立て”等も含め何度か紹介して来たのだが、その”まねきのえきそば”が、リニューアルされてまたまた発売されていたので買ってみた
 
まねきえきそばカップ麺
こちらが某スーパーの”姫路駅名物まねきえきそばカップ麺”の商品コーナーで、何が新しくなったのかと言うと”今回発売する商品は和風だしと中華麺の絶妙なハーモニーをそのままに、具材の天ぷらを改良しました”との事なので、麺とかスープは以前のままの様だ。
 
まねきえきそばカップ麺
そしてこちらが実際に買って来た、リニューアル発売版の”日清の姫路駅名物まねきのえきそばカップ麺”で、従来から売られていたパッケージと見比べると、”たまごを練り込んだ新天ぷら入り”と言う文字が入っている処が変わっている程度か・・・。
 
まねきえきそばカップ麺
そして”まねきのえきそばカップ麺”の中身はこんな感じで、麺の他に入っているのは、改良された具材の天ぷらの他に、粉末スープと一味唐辛子の小袋が入っているのみだ。
 
まねきえきそばカップ麺
てな事で、お湯を注いで4分待って完成した”まねきのえきそば”はこんな感じ。一番上に見えるのが、今回新しくなったと言う”たまごを練り込みフワッとした食感が特徴の先入れ天ぷら”だ。ま、そう言われても以前食べた”まねきのえきそば”の天ぷらと、どう違うのか一度に食べ比べをしてみないと判らない様な気がしたが、この”まねきのえきそば”自体を結構、何度も食べて来た事もあってか、その味に馴染んで来たのか、段々と美味しいと思う様になって来た気が・・・。何となくではあるが、”日清のどん兵衛”よりも”まねきのえきそば”の方が好きになったかも知れない・・・。
 
まねきえきそばカップ麺
そしてこちらが”まねきのえきそば”の最大の特徴である中華麺風の”つるみのあるストレートフライ麺”。私は別に”姫路駅そば”を食べて育った訳では無いのだが、高校の学食や、家で作っていた天ぷらそばも、こんな風に中華麺を使っていたので、結構馴染深い・・・。私が初めて和そばを意識しだしたのは学生になってから、山電明石駅構内にあった、立ち食いの山陽そばで、天かすそばを食べ始めた頃からの様な気がする・・・。
 
てな事で、またまた発売された”日清の姫路駅名物まねきのえきそば”を買って食べたのだが、中々美味しかった。そうなると、これまた久々に、リアル店舗で”駅そば”を食べてみたい気がするのだが、”B-1グランプリ in 姫路”の期間中?に販売されていた”姫路おでん風えきそば”って、未だ食べれるのだろうか・・・。一度は食べてみたかったのだが・・・。

WordPress.com Blog.