義史のB型ワールド

2012年7月11日

50円の割引クーポン券しか無かったのだが、カツ丼が食べたくなったので久々に”なか卯”に行って来た。昔は好きだったんだけどなあ・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:45 PM
 
代理人記録
 
家電メーカーと言えばすっかり韓国勢に押され意気消沈した話題で持ちきりだし、家電業界と言えば関東勢やその他の勢力に駆逐され、関西資本の企業は上新電機のみとなってしまった昨今。個人的にそう言った業種に少し携わっていただけに、何やら寂しい気がするのだが、同じ様な事が牛丼チェーン業界にも起こっていて、嘗ては、関西牛丼業界を牽引して来た関西発祥の牛丼チェーン店『なか卯』も、今では『すき家』を運営する関東勢力のゼンショーグループの傘下。その昔、未だ関西に”牛丼の吉野家”が、それ程のお店が無かった頃、大阪界隈で牛丼チェーンと言えば『なか卯』と言われる時代もあった?のに・・・。
 
私の人生の中でも、同じ一つの店舗へ行った回数としては、学生時代及び大阪在住の頃に一番良く行った梅田地下センター街にあった完全な牛丼専門店でもあった『なか卯』。当時でも一般的な『なか卯』は、本業が”うどん屋さん”だったと言う事もあり、看板メニューの牛丼の他に、うどん等のサイドメニューが豊富にあったので、他の支店では”牛丼&うどん”の組合せを良く食べたのだが、梅田地下センターにあった『なか卯』だけはメニューは完全に”牛丼”だけで、その他のメニューは(アルコール系を除いて)一切無かったのだった。
 
そんな昔懐かしい『なか卯』であるが、一時期”なか卯の日”と称して割引セールをやっていた頃までは時々行っていたのだが、『すき家』を率いるゼンショーグループ傘下になってからは、看板メニューの”牛丼”が”和風牛丼”に変わってしまった事もありめっきり、足が遠のいてしまっていた。が、先日、新聞の折込チラシに50円程度の割引券が付いていた事もあって、久々に『なか卯』に行って来たのでご紹介!!!
 
和風牛丼なか卯加古川店
こちらが久々に行って来た、和風牛丼とうどんの『なか卯/加古川店』で、この『加古川店』が誕生した時から、所謂、新型店舗色した『なか卯』だったのだが、その昔の『なか卯』と言えば”うまい、はやい、やすいの三拍子”の看板を備えた、しかもオレンジ色の店舗と言う、完全に『吉野家』のパクリ、パチモン、まがいもんの様相を呈する牛丼屋さんで、梅地下店も完全に吉牛のパチモン店的な存在なのだった(その本元である『吉野家』ですら、最近は新型店舗のお店が増え、昔ながらのオレンジ色の店舗を始め、”うまい、はやい、やすい”と書かれた看板すら目にする事は皆無となってしまったが・・・)。
 
なか卯お得なクーポン券
そしてこちらが新聞の折込チラシに入っていた”なか卯のお得なクーポン券”の一つで、その内容はと言うと”カツ丼(ミニ)と胡麻だれざるうどん(小盛)”のセットが通常680円の処、630円引きで食べれるとの事。割引金額に換算するとたったの50円引きなので、日頃あちこちの割引券を利用して食べ歩いている私としては、半分どうでも良かった割引券だとも言えたのだが、この日は何と無く”カツ丼”が食べたい気になったので、偶々割引券があった事と、”カツ丼の定番のかつや”まで行くよりは場所的に近かったので、久々に『なか卯』に来たのであった。
 
なか卯のおすすめコンビカツ丼(ミニ)と胡麻だれざるうどん(小盛)
ちなみにこちらは『なか卯』の公式サイトに載っていた”おすすめコンビ”のメニューで、その内容はと言うと、上で紹介した様に”カツ丼(ミニ)と胡麻だれざるうどん(小盛)”のセットだ。それにしても、私は学生時代から『なか卯』の愛好者だが、”カツカレー”は食べた覚えがあるのだが”なか卯のカツ丼”を食べた記憶が無いので、もしかすると今回が初めてかも・・・。でも”カツカレー”の”トンカツ”は何かイマイチだった様な記憶もあるのだが・・・。
 
なか卯カツ丼(ミニ)と胡麻だれざるうどん(小盛)
それは兎も角として、間も無くして用意が出来たとバイブがなったのでカウンターまで取りに行って運んで来たのが、こちらの”なか卯のおすすめコンビ”の”カツ丼(ミニ)と胡麻だれざるうどん(小盛)”で、通常価格680円の処、今回は割引券利用で630円也カツ丼チェーンの『かつや』で、”カツ丼”(490円)と”小うどん”(150円)を食べると税込価格で672円なので、このセットが安いのか高いのか微妙な気がする値段ではあるが、パッと見た感じはそれなりのボリュームがある事だけは確かだ・・・。
 
なか卯カツ丼(ミニ)
そしてこちらが、今回のメインとも言える”カツ丼(ミニ)”で、単品価格だと390円なのだが、これが並サイズの”カツ丼”だと550円もするらしい。実際に食べてからで無いと安易に判断を下す事は出来ないが、お店と値段を考えると、やっぱ”かつやでカツ丼(梅)”を食べる方がエエ様な気はする・・・。で、そのお味であるが、”こだわりの玉子”を使ったと言う綴じ玉子の半熟度も割とエエ感じで、出汁の味もまずまずで普通に美味しい、無難な”カツ丼”と言う印象。少なくともちょっと前に”姫路バイパス別所PAで食べた三元豚のカツ丼”よりは、こちらの方が私は好きかも・・・。
 
なか卯カツ丼(ミニ)
ちなみに”カツ丼(ミニ)”で使われていた”トンカツ”はこんな感じ。以前食べた”なか卯のカツカレー”の記憶には”トンカツ”がダメダメだったとしか残って無いのだが、この”トンカツ”を食べた感じでは、割と”かつやのとんかつ”にも似た感じで、そう悪くは無いと言う印象・・・。ライバル店も増えた事だし、何時の間にか改善されたのかも知れない・・・
 
なか卯胡麻だれざるうどん(小盛)
そしてこちらが”おすすめコンビ”のセットの”胡麻だれざるうどん(小盛)”で、小盛と書かれている割には1玉分はある様な感じ。で、上でも書いた様に『なか卯』と言えば、その原点は”大阪のうどん屋さん”(京風うどんらしいが・・・)って事もあり、関西風の細うどんなのだが、時代を反映してか、割と讃岐風でコシがある。てな事で、それ程”うどん”に拘りの無い私(てか、出汁重視派)なので、普通に美味しい”ざるうどん”だったかな。
 
なか卯胡麻だれざるうどん(小盛)
ちなみにこちらは”ざるうどん”の”胡麻だれ”で、その名の通り、ちょっと甘口の普通の味なのだが、個人的に”もんどの大ファン”と言う事もあって、どうしても贔屓目で見てしまうので、やっぱ”もんどの冷やし麺の特製金胡麻ダレ”の方が、数十倍美味しいと思うのであった。てか、あの”もんどの金胡麻ダレ”で”お肉のしゃぶしゃぶ”を食べてみたい気がする・・・。
 
てな事で、この日は50円の割引券に釣られて久々に『なか卯』に行って、本筋では無い”カツ丼”を食べて来たのだが、味的には悪くは無い物の、やっぱ普通に考えて”カツ丼”を食べるなら『かつや』に行った方がエエ?と言う気がした。てか、個人的には”吉野家のパチモンだった頃の、オレンジ色の店舗カラーのなか卯”が一番好きだったかなあ・・・。消費税導入時も内税にして、値上げしなかった事もあったし・・・。今の『なか卯』には、あまり存在意義ってのが感じられ無いのだが・・・。
広告

WordPress.com Blog.