義史のB型ワールド

2012年5月31日

南淡路日帰り温泉ツアー、ランチに淡路牛が無かったので、帰りに淡路牛のハンバーグを食べた!味は良かったが、ちょっと固い?

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:43 PM
 
代理人記録
 
南淡路日帰り温泉ツアーもいよいよ終盤・・・、夕陽を見ながら淡路サンセットラインを岩屋方面へ走っている車中で、このまま帰るか、折角淡路に来たので何処かで”淡路牛”を食べてから帰るか協議をした結果”淡路牛”を食べてから帰る事となった。で、まず最初に向かったのは明石海峡大橋の根元にある”道の駅あわじ・松帆アンカレイジパーク”。が、一応お目当てにしていた2Fのお店は午後6時からオープンと言う事で、未だ開いて無い。しかもお店が開くのを待つ程の魅力も感じ無い・・・、って事で、ここは却下。
 
続いて向かったのは何年か前に四国方面へ旅行に行く際に立ち寄った事がある岩屋にある『源平』と言うお店。が、しかし!表に置いてあったメニューボードを見ると、ちょっとお値段が高い・・・。いわゆるディナー価格になっている。てな事で、こちらも却下。となると岩屋周辺で”淡路牛”が食べれるお店が思い当たらない。今更、東浦方面へ戻るのも何だし・・・、って事で、最後の手段?と言う事で、一般道からも行ける淡路SAの一角にある淡路ハイウェイオアシスの中にあるレストランに行く事になった。
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』
てな事で、こちらが最終的に行く事になった淡路ハイウェイオアシスで、我々が目指すお店はこの2Fにあるレストラン『みけ家』だ。『みけ家』と言えば昨年の年の初め頃に”淡路牛ロースのステーキ丼”を食べに来た事があるレストランで、前回立ち寄った時もお正月明けと言う事もあり、結構なお客さんで賑わっていたのだが、この日も丁度ディナータイムと重なった事もあってか、そこそこのお客さんで賑わっていた
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ御膳メニュー淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ御膳見本
で、先にも書いた様に、このお店のオススメは”淡路牛ロースのステーキ丼”で”淡路牛”そのものを味わうと言う意味では、そちらの方が良いとは思ったのだが、私は前回来た時に食べたし・・・、って事で、前回の訪問時からちょっと気になっていた淡路牛の和風ハンバーグ御膳”を食べる事にした。ちなみにメニューボードを見ると”淡路牛の和風ハンバーグ御膳”は、このお店の売上No.1の商品らしい・・・。
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ御膳メニュー
ちなみにこちらは店内に置いてあった”淡路牛の和風ハンバーグ御膳”のメニューで、それに寄るとハンバーグには淡路牛を100%使用。噛みしめるほどにジューシーな肉汁が広がり、牛肉本来の旨みを存分に味わっていただける”との事。ま、メニューの説明書きをそのまま鵜呑みにする事は出来ないとは思うが、ちょっと期待が膨らんで来る様な・・・。
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ御膳
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”淡路牛の和風ハンバーグ御膳”で、メインの”淡路牛の和風ハンバーグ”の他に、ご飯、サラダ、漬物、味噌汁が付いてお値段は1180円也。高速道路のSAの中にあるレストランとしては、割と手頃なお値段の様な・・・。売上No.1の理由は、味より値段の影響の方が大きかったりして・・・。
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ
それは兎も角として、こちらがメインの”淡路牛の和風ハンバーグ”で、上には大根おろしがちょこっと乗っていて、付け合せの野菜は、淡路産の玉ねぎを中心に、ポテトや茄子やカボチャ等々、彩りも鮮やかだ。が、この玉ねぎがほとんど生状態のまんま玉ねぎ本来の味を楽しむ為に、技と生焼け?と言うのか、生じゃ無いの?と言うご意見もあったのだが、生の玉ねぎは、この定食に付いているサラダの方に入っているから、そちらで十分だし、何よりちょっと火を通した方が、玉ねぎも美味しいと思うのだが・・・
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ
それはさて置き、早速”淡路牛の和風ハンバーグ”を食べ様として箸で割ろうとしたのだが・・・、固い・・・、メチャ固い・・・。箸を片手で持っただけではとても割れそうに無いぐらいに固い。はっきり言ってナイフとフォークが必要なんじゃあ無いの?と思うぐらいの固さだ。そんな事もあり、ジューシーさはあまり感じられ無い様な・・・。メニューに”噛みしめるほどに・・・”と書いてあったのは、この固さゆえの事か・・・。
 
が、味自体は、確かにしっかりと肉の味がしてそこそこ美味しい一家で味比べをしていたK朗君ファミリーのご意見では”淡路牛ロースのステーキ丼”のお肉よりも、この”淡路牛の和風ハンバーグ”の方が美味しい!との事だった。個人的にはやっぱり、柔らかでふっくらとした、ジューシーなハンバーグが食べたかったのだけど、ま、”淡路牛のハンバーグ”を食べた!って事で、それなりに満足だったかな。
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ御膳のサラダ
そしてこちらは”淡路牛の和風ハンバーグ御膳”に付いていた”サラダ”で、上でも書いた様に”淡路産の玉ねぎ”を主体にした”サラダ”だ。で、玉ねぎ自体はそれなりに美味しいのだけど、”玉ねぎサラダ”と言う意味では、”加古川にあるステーキレストランで食べるサラダ”の方が遥かに美味しい様な気がする・・・。
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ御膳の味噌汁淡路ハイウェイオアシス『みけ家』淡路牛の和風ハンバーグ御膳のお漬物
ちなみにこちらは”淡路牛の和風ハンバーグ御膳”に付いていた”味噌汁”と”お漬物”で、どちらも大体見て想像が付く様なお味の物だったかな。
 
てな事で、この後、淡路ハイウェイオアシスの1Fにあるお土産屋さんで、私のオススメの”玉ねぎパイ”等を買った後、本州へ向かって虹色に輝く明石海峡大橋へと向かって行くのであった。この日はランチ付日帰り温泉三昧&某T君の様子伺いツアーだったのだが、それなりに内容の濃い一日で、中々楽しい日帰りツアーであった。また機会があれば、次回はもっと大勢で(バスでも借りて?)行きましょう!!!

南淡路日帰り温泉ツアー、ランチを食べた後は待望の温泉三昧!!!昼間っからの温泉は最高だぜぇ!!!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
南淡路日帰り温泉ツアーのお話の続き・・・。ランチを食べた後は待ちに待った?入浴タイム!!!って事で、早速ホテルの大浴場へと向かう事に・・・。
 
南淡路ロイヤルホテル/春の日帰り特別プラン
ちなみに再度紹介して置くと、こちらが今回のランチ付日帰り温泉ツアーで行って来た”南淡路ロイヤルホテル”で、先にも書いた様に、GWの1週間後の日曜日の昼間と言う事もあってか、ホテルは割と閑散としていた。で、大浴場には我々以外にも何組かのお客さんは居たけど、片手で数えられるぐらいの人数で、基本的には貸切状態に近かった?かも・・・。
 
南淡路ロイヤルホテル/春の日帰り特別プラン
そしてこちらが”南淡路ロイヤルホテル”の地下1Fにある大浴場。何年か前に同じく南淡路にある”ホテルニューアワジ プラザ淡路島”は展望風呂だったで、窓の外には海や大鳴門峡等の風景が広がっていたのだが、このホテルの大浴場は反対に最下階にあるので、当然の如く?窓の外は露天風呂と庭が見えるだけ。ホテルに宿泊して夜に温泉に浸かった場合だと、どうせ暗くて何も見えないから、あまり気にならないかも知れないが、この日は折角の真昼間の温泉三昧だったので、外の風景が味気ないのはちょっと寂しかったかも・・・。
 
南淡路ロイヤルホテル/春の日帰り特別プラン
で、こちらが大浴場の外にある露天温泉岩風呂で南淡温泉「渦の湯」と言う名称が付いているらしい・・・。で露天風呂と言う事で、頭上には雨避け用の竹の屋根?みたいな物はあったが、基本的に日差しを浴びる事が出来る。やっぱ露天風呂は真昼間に入るのが気持ち良いよねえ・・・。
 
南淡路ロイヤルホテル/春の日帰り特別プラン
ちなみにこちらは南淡温泉「渦の湯」の効能書き・・・。で、露天風呂にこの立て看板があったと言う事は・・・、大浴場は温泉じゃあ無いのかな???
 
南淡路ロイヤルホテル/春の日帰り特別プラン
そしてこちらは大浴場の一角にあったサウナ風呂で、個人的には最低でも20分ぐらいは入って居たかったのだが、常時体調不良のK朗君は兎も角、某T君も直ぐにサウナを出て行ったし、JA君はサウナに入ったかどうかも判らんぐらい・・・。そんな事もあって、私も10分程度でサウナを出たのであった。どちらにしても、やっぱ昼間からの温泉三昧は最高だったぜぇ。
 
南淡路ロイヤルホテル/春の日帰り特別プラン
で、お風呂から出て来た後は、再び1Fのロビーフロア―へと戻り、折角なので、一番奥にあったこちらのショッピングプラザ(土産物売場)をウロウロ・・・。こちらも時間的な事もあってか、売場の中に居たのは我々御一行のみだった様な・・・。そんな事もあり、ランチ&温泉三昧の他にはする事も無かったし、そもそも居場所も無かったので、ホテル前のチャペルを見学した後、帰路に着く事にした・・・。
 
大鳴門橋
で、折角、南淡路まで来た・・・、って事でホテルから車で5分程走った処にある、淡路最南端に位置する”道の駅うずしお”に行ってみた。こちらはその”道の駅うずしお”から”大鳴門橋”を見た景色。が、潮の満ち引きの関係もあり残念ながらこの時は渦潮の姿は全く見る事は出来なかった。ちなみに橋の下にも少し行けるのだが、みんなそれなりに何度も”大鳴門橋”に来た事がある・・・、って事で、早々に引き上げる事となった。
 
淡路島玉ねぎソフト淡路島玉ねぎソフト
ちなみに、”道の駅うずしお”で”淡路島のご当地ソフトクリーム”なる物を売っていたので、折角なので”淡路島玉ねぎソフト”とやらを食べた。で、そのお味であるが、一口食べると口の中に思いっ切り”玉ねぎ”の風味?みたいな物が一気に広がる。が、とても美味しいと言える様な感じじゃあ無い様な・・・。誰かが食べた”びわソフト”にした方が絶対に良かったかも・・・。とは言え食べ進んで行くと、冷たさで口の中が麻痺して来たのか、あんまり”玉ねぎ”風味は感じ無くなって来た・・・。でも半分程食べた後は、某T君に残りを食べてもらいました、とさ。
 
たこせんべいの里
そして”道の駅うずしお”を出て、車を走らせる事約1時間程で、淡路島へドライブへ来た時は必ずと言って良い程立ち寄る”たこせんべいの里”に到着!!!此処に来る最大の目的は、お土産で”たこせんべい”を買う・・・、事では無く、無料サービスのUCCコーヒーを飲む事。そんな目的のお客さんが他にも大勢居るのか、午後4時半近くと言う時間帯にも関わらず思いっ切り賑わっていた
 
この後、某T君を家まで送り届け、その後、帰路に着くのだが、淡路牛が食べたい!って事でこの後も”南淡路日帰り温泉ツアー”はまだまだ続くのであった・・・。

WordPress.com Blog.