義史のB型ワールド

2012年5月30日

南淡路日帰り温泉ツアー、まずはランチ!メインは淡路牛では無くお魚料理だったけど、中々美味しかった!!!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 10:11 PM
 
代理人記録
 
少し前に届いた、JAFの冊子に付いていたチラシを見ると、南淡路にあるホテルで日替り温泉ツアーの案内が載っていて、それに寄るとランチとホテルの温泉利用で通常価格3000円の処、JAF会員サービスで2000円との事(ちなみにホテルに行った時に知ってしまったのだが、別にJAFの割引が無くても、何時でも?ランチ付日帰り温泉プランは2000円でやってるらしいが・・・)。丁度以前から、2年前に淡路に行った時に一緒にお鮨を食べに行った日以来、音信不通になっている某T君の安否の確認?と言うのか、様子を見に行こう!と言う話も出て居たので、そちらも兼ねて淡路まで、日帰り温泉ツアーに行って来た。まずはその第一弾として、この日食べたランチからご紹介・・・。
 
南淡路ロイヤルホテル
てな事で、こちらが今回のランチ付き日帰り温泉ツアーで行って来た”南淡路ロイヤルホテル”で、本来の予定では午前11時半頃には到着する予定だったのだが、どうせなら先に某T君家に寄って元気な様子だったら一緒にランチ&温泉ツアーにも誘ってみよう!って事で、寄り道したので、約30分程遅れた物の、無事到着!この日は日曜日なので、沢山の観光客?あるいは、我々同様の日帰り温泉ツアー客でごった返しているかと思いきや、GW期間も終わった後と言う事もあってか、どちらかと言うと閑散としていた様な・・・。
 
南淡路ロイヤルホテルレストラン四季
それは兎も角、まずはランチ!って事で、まず最初に向かったのが”南淡路ロイヤルホテル”の1F正面玄関の奥にある”レストラン四季”。事前の下調べでホテルの館内案内を見たら、最上階にレストランがあったので、てっきりそちらでのランチだと思っていたのだが、残念ながら違っていた。で、このホテル自体は淡路島最南部の高台にあるのだが、このレストランからは四国も大鳴門橋も見る事が出来ずホテルの庭とそこにあるプールを眺めながらの食事となった。
 
南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチオードブル南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチオードブル
てな事で、まず最初に運ばれて来たのが、こちらの”洋食ランチのオードブル”で、その内容は”生ハムと野菜のサラダ”だ。で、そのお味はと言うと、上の写真を見れば大体想像が着く、至ってシンプルな味の生ハムとサラダであるが、特製ドレッシングを絡めて食べると普通に美味しい。手始めの一品としては、まあこんなもんでしょ・・・。
 
南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチパン南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチオリーブオイルと黒胡椒
で、続いて運ばれて来たのはこちらの2種類のパンで、そのパンに浸けて食べる為用にとオリーブオイルと黒胡椒が付いて来た。一般的にはバターかマーガリンが多いと思うのだが、オリーブオイルと黒胡椒と言うのはちょっと珍しい・・・。とは言え、オリーブオイルだけでは味が物足り無い・・・、と言うか、そのまま食べるか、あるいは後で出て来たメイン料理の残ったソースを浸けて食べた方が美味しいかったかも。ちなみに、パンの種類?は・・・、わいわいとはしゃぎ過ぎていた?ので、忘れた・・・。
 
南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチスープ南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチスープ
そうこうしていると、次に運ばれて来たのは”洋食ランチ”の定番とも言える”スープ”で、その内容を見ると”ミネストローネ”の様だ。多分淡路産?の玉ねぎを中心にトマトやニンジン等の野菜が入った具沢山の中々美味しい”ミネストローネ”だ。某サラダバー食べ放題&スープ飲み放題のステーキ屋さんで飲む”ミネストローネ”とは一味も二味も違う旨さだ。それにしても、ちょうどトマトの時期なのか、最近この手のトマトを使った料理に良く出くわす様な気がする(ココイチのカレーもんどの限定ラーメン鶏肉ステーキのディアボロソース等々・・・)のだが・・・。
 
南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチ白身魚のポワレ南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチ白身魚のポワレ
そしていよいよ運ばれて来たのが、この日の洋食ランチのメインである”白身魚のポワレとホタテ貝柱のソテー”で、こちらにも先ほどの”ミネストローネ”の具に似た感じのトマトと玉ねぎを使ったソースが使われている。やっぱ、トマトの時期なんかな?で、そのお魚の種類であるが・・・、これまたちょっとワイワイガヤガヤ喋っていて説明を聞きのがしたのではっきりと覚えて無い・・・淡路なので鯛が出て来る物と思ってたんだけど・・・、ま、後でどなたかから補足説明があるかも知れないので・・・詳しくはその時?
 
南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチ白身魚のポワレ
てな事で、早速メインの”白身魚のポワレ”を食べてみると、魚臭さは全く無く、トマトベースのソースともう一種類のソースを絡めて食べると、中々美味しい。普段は滅多に自ら好んで魚を食べる事が無い私であるが、この料理であればぜひまた食べてみたいと思う様な、美味しい”白身魚のポワレ”だった。
 
で、この後きっと”淡路牛”を使った肉料理が運ばれて来る・・・、と思っていたらフォークのナイフも片付けられてしまい・・・、どうやら”洋食ランチ”のメインはこのお魚料理だった様だ・・・。ま、値段が値段だし、料理も美味しかったので不満は無いけど、ちょっとでも良いから”淡路牛”が食べたかったかな・・・。
 
南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチデザート南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチデザート
そしてその後に運ばれて来たのが、こちらのでデザートで、ご覧の様なアイスクリームとケーキの盛合せだ。味的には割と見たマンマではあった物の、若干のアルコールで温まった体を冷やすには十分美味しいデザートであった。
 
南淡路ロイヤルホテルレストラン四季洋食ランチ食後のドリンク
ちなみにこちらはデザートと一緒に運ばれて来た食後のドリンクで、私が選んだのは”ミルクティー”。この日の予定で帰り道に”たこせんべいの里”に寄って無料のコーヒーを飲む計画もあったので、昼間は無難に”ミルクティー”を飲んだのだった。味的にはどうって事の無い紅茶だったけど・・・。
 
てな事で、本来であれば食後のドリンクを楽しみながら、このまま席に居座ってウダウダと喋って時が過ぎているのだが、先にも書いた様に、この日のツアーは温泉入浴付プラン!って事で、レストランで喋っている時間は勿体無い!って事で、足早にホテルの大浴場へと向かい、温泉三昧なひと時を過ごすのであるが、その話はまた後程・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。