義史のB型ワールド

2012年5月23日

祭り見物の後、またまた姫路まで行って、久々に”六三六”で”にぼしらーめん”食べた!ちょっと甘いけど中々旨い!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:22 PM
 
代理人記録
 
姫路的形にある湊神社で行われた国恩祭の見物の後、折角なので、ランチタイムに続いてまたまた姫路まで行ってラーメンを食べて帰る事にした。で、姫路駅周辺のラーメン屋さんと言えば、ちょっと前にオープンした『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路プリエ店』、値段が安い上に中々旨いし、最近は”黒毛和牛カルビ丼”なる物も始めたと言う『ラーメン心乃輔』、播州近辺ではちょっと数少ない『二郎系ドカ盛ラーメンの丸十』、そしてどんどんと店舗拡大中の『博多天神ラーメン虎と龍/本店』、それに『老舗のラーメン店/新生軒』等、未だそれ以外のラーメン屋を含めると、以前に比べて遥かに多いのラーメン店があり、どのお店のラーメンを食べる様か、ちょっと悩ましい。
 
が、ちょっと前に”明石に出来たラーメン山岡家で食べたにぼとん醤油ラーメン”が、やや期待外れだった事もあり、個人的にも大好きな”美味しい煮干しラーメン”が食べたくなったので、久々に『麺や六三六/姫路店』に行ってみる事にした。
 
麺や六三六/姫路店
こちらが久々に行って来た、”煮干しにこだわったスープが自慢”の『麺や六三六/姫路店』で、お店が誕生したのは2010年のGWの頃なので、既に『姫路店』がオープンして2年経った事になる。当時は未だちょっとマイナーなお店だと言う印象だったが、最近では姫路でもこのラーメン屋は結構定着して来た様だし、何よりこの春頃には神戸垂水の駅前にも支店が出来た程の、ちょっとした有名ラーメン店になりつつある。個人的にはこのお店の支店が高砂か加古川辺りで、駐車場付のお店が出来てくれたら嬉しいのだけど・・・。
 
麺や六三六/六三六らーめん
そしてこちらが『麺や六三六/姫路店』のお店の前に置いてある、食材の見本の玉ねぎとニンジン、それと『姫路店』のメニューボード。ちなみにお店の公式サイトの説明に寄ると、このお店のスープの特徴は”日本のおいしい煮干しと、北海道産の昆布でだしを取り、鶏がらを5時間煮出したものと、豚骨と大量の野菜を、14時間煮込んだものを三つ合わせて作り上げます。 化学調味料を一切使用せず、背油や魚油をほとんど使用せず作り上げたこのスープのとろみは、すべて野菜のとろみです”との事。個人的にはこのお店には既に3度程来た事があるのだが、看板メニューである”六三六らーめん”は、2年前の初訪問の時に食べただけ(正確には初訪問の時に食べたのは”特製六三六らーめん”だったけど)なので、久々にその”六三六らーめん”を食べる事に決定!!!
 
麺や六三六/六三六らーめん
てな事で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”六三六らーめん”で、お値段は690円也。2年ぐらい前に甥っ子を連れて食べに来た時、甥っ子に”スープが甘い!、甘過ぎる!”と言われたのだが、そう言われると確かにちょっと甘い気はするが、あちこちの播州ラーメンに毒されている事もあってか、個人的には許容範囲。それ以上に、私の大好きな煮干し風味満載で、中々美味しい姫路近辺にも煮干しラーメンや、魚介系ラーメンを出すお店が増えたけど、やはりこのお店のスープが一番好きかも。
 
ちなみに、上の写真を良く見ると判る様に、”チャーシュー”は少し炙ってある。お店の商品説明に寄ると”厳選した三元豚を使用し、秘伝のたれで数時間煮込んでおります。香り・おいしさをより一層ひきたたす為に、お出しする前に焼く事により、肉の持つ味わいを最大限にだしております”との事。ま、炙った方が美味しいかどうかは個人の好みとして、それなりに旨さを追求しようとする心意気には共感出来る!
 
そう言えば、同じく姫路にある店舗拡大中の『ずんどう屋』も、初期の頃(本店しか無かった頃)は、同じ様に、チャーシューを七輪で炙ってからトッピングしてたのよねえ・・・。あの頃は、それも珍しくて良く『ずんどう屋』に通った物なんだけど・・・(あの頃、管理人さんや30番さん、それに先輩や甥っ子等、色んな人を連れて食べに行ってたよなあ・・・)。あの頃の『ずんどう屋』のラーメンが懐かしい・・・
 
麺や六三六/六三六らーめん
それは兎も角として、こちらは”六三六らーめん”の麺で、これまたお店の説明に寄ると”細麺ではスープに負けるため、スープにあった太麺を作る為に研究をかさね、厳選した粉を使って調合し、スープに負けない極太麺が出来上がりました。スープとの相性は抜群で、もちもちとした弾力の歯ごたえをお楽しみ下さい”との事。以前食べた時の印象では、もっと極太な麺だと言う印象があったのだが、こして見ると、極太麺と言う割には、それ程ぶっとい様な気はしない。が、もちもちとして中々美味しい。スープもさることながら、このお店は麺も結構美味しいと思う。
 
てな事で、姫路的形で行われた国恩祭の見物の後、再び姫路市街まで出掛けて久々に『麺や六三六/姫路店』に行って”六三六らーめん”を食べて来たのだが、2年前に初めて食べた時以来に食べたって事もあってか、中々美味しかった。個人的な好みで行くと、姫路駅周辺のラーメン屋さんの中では一番私の好みに合っているかも・・・。問題は姫路駅前のみゆき通りにあると言う事で、車では中々行き辛い場所にある事なのだが、お店誕生の時にはメニューに無かった”豚ほぐし丼”とやらも気になるので、また近い内に、このお店のもう一つの看板メニューでもある”つけ麺”でも食べに来ようかな?と思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.