義史のB型ワールド

2012年5月14日

高砂中島辺りに出来たお食事処で”カツとじ丼”を食べてみた!味と値段を考えると”かつや”で十分かな?

Filed under: — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
此処最近、”100円の割引券”に釣られて、とんかつとカツ丼のチェーン店『かつや』に行く事がメチャ増えたので、結構な割合で”カツ丼”を食べているのだが、ふと4月の中旬頃に、高砂中島辺りにオープンしたトンカツ屋さん?のメニューの中にも”カツ丼”っぽい感じのメニューがあった事を思い出したので、またまたそのトンカツ屋さん?に行ってみた。
 
お食事処こころ
こちらがまたまた行って来た『お食事処心(こころ)』で、ちょっと前に紹介した様に、以前、明姫幹線沿いの高砂中島辺りにあった『博多とんこつラーメン八丁堀』のお店跡に、4月の中旬頃にそのまま居抜きで誕生した、比較的新しいお店だ。とは言えあまり宣伝をして無いのか、お店が出来た事が浸透して無い事もあってか、この日の客の入りもちょっとまばらだった。
 
お食事処こころ夜メニューお食事処こころ夜メニュー
で、前回来た時の記事で、外の看板には”串かつ”の文字が書いてあったにも関わらず、メニューの中には”串かつ”系のメニューが全然無い・・・、と書いたのだが、今回行ってみると、この様な”夜メニュー”と言うのがあって、夜には”串かつ”や、その他にも居酒屋メニュー風の”単品料理”なんかも出している様だ。
 
それは兎も角として、この日は前回紹介した定食のメニューの中から、”豚かつめし”と迷いつつも、本来の目的?である”カツとじ丼”とやらを注文!きっとまた近い内に”豚かつめし”を食べに来る事になると思うが、今回は”かつやのカツ丼”と比べてみたい!と言う気持ちの方が強かった物で・・・。
 
お食事処こころカツとじ丼
てな事で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”カツとじ丼”で、”汁物”と”お漬物”が付いてお値段は780円也。先に書いた様に、最近『かつや』で”カツ丼”を食べる事が多いので、若干高く感じるが、荒井にある”喜両由のカツ丼”も780円なので、一般的なお店では平均的な価格とも言える・・・。
 
お食事処こころカツとじ丼
そしてこちらがメインの”カツとじ丼”で、ご覧の様に丼ぶり鉢からはみ出るぐらいの大きさのトンカツがドーンと乗った、結構ボリュームの有りそうな感じの”カツ丼”だ。で、卵とじの中には、玉ねぎや青ネギ等が入っていて、一番上には刻み海苔がトッピングされている。で、そのお味であるが、”カツとじ”自体の味が何と無く家庭的?な、至って普通のお味。最近は『かつや』の濃い目の味の丼つゆに毒されている為か、何かちょっと物足り無さを感じる卵とじだ。
 
お食事処こころカツとじ丼
で、具の命でもある”とんかつ”も、前回食べた”ロースとんかつ”に比べると、肉厚が若干薄く、これまたちょっと存在感に欠ける普通の”とんかつ”だ。ま、値段を考えると当たり前なのかも知れないのだが、そんな事もあってか、この”とんかつ”よりも、前回食べた”ロースとんかつ”の方が美味しかった様な気がする・・・
 
お食事処こころカツとじ丼
ちなみに、第一印象の通り、ご飯は丼ぶり鉢の中に結構詰められていて?、所謂、牛丼大盛り並の量があった。食べ物を残さない性格なので、最後の一粒までご飯を完食したので、お店を出る頃は、お腹がパンパンであった。若い人には喜ばれる御飯の量ではあるが、今の私には、この半分ぐらいの量のご飯でも十分だったかも・・・。
 
お食事処こころカツとじ丼のお吸物
そしてこちらは”カツとじ丼”に付いていた”汁物”で、雰囲気的には前回食べたのと同じ”豚汁仕立ての味噌汁”なのだが、お箸で具をさらってみると、ご覧の様に、これでもか!と言うぐらいのお豆腐が入っていた。一応、豚肉やらごぼうやらカボチャ等も入った”豚汁仕立て”ではあったのだが、この豆腐のおかげで、限りなく普通の味噌汁に近い様な感じだったかな?で、先に書いた様に、御飯がテンコ盛だったので、”とんかつ”だけではバランスが悪い?と言う事で、この”豚汁仕立てのお味噌汁”を、お替りしたのだが、例に寄って後から運ばれて来た”味噌汁”は超熱々だった。何か知らんけど、この法則だけは、何処のお店に行っても変わらんのよね。
 
てな事で、この日は4月中旬頃にオープンしたトンカツ屋さんで”カツとじ丼”を食べてみたのだが、値段と内容を考えると、私には”100円の割引券”がある『かつや』の方が好きかも・・・。とは言え、やはり一度はこのお店の”豚かつめし”も食べてみたいし、”串かつ”もちょっと気になる。って事で、まだ二度、三度は、このお店に行く様な気がする・・・
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。