義史のB型ワールド

2012年4月27日

”すっぽんラーメン”のお店で”すっぽん煮込みラーメン”を食べた。”すっぽんの身”は入って無いが”鍋焼きラーメン風”で中々旨い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
先日の事、ふと昨年の12月の中旬頃に、加古川尾上にオープンしたお店の”すっぽんラーメン”が食べたくなったので、久々に食べに行ってみた。
 
御食事すっぽん処下田家
こちらが久々に行って来た”すっぽんラーメン”のお店・・・、と言うのか看板に寄ると『お食事 すっぽん処 下田家』。お店の外に立ててある幟とか、あるいはビルの壁面には”すっぽんラーメン”と大きく書かれてあるので、一応、”すっぽんラーメン”がメイン?だと思うが、看板通り、すっぽん料理も食べれるお店でもある。
 
御食事すっぽん処下田家壁のメニュー
で、店内の奥の壁に貼られたメニューを見てみると、昨年の末頃に来た時に比べて若干メニューが増えている様な感じ
 
御食事すっぽん処下田家のメニュー
てな事で、あらためてテーブル席の横の柱?に貼ってあるメニュー表を見ると・・・、何と無く全体的に内容が変わっている・・・。まずは前回来た時は、ご飯物は玄米が主だったのだが、このメニューを見るとすべて白米になっている。その他、若干料理の方も追加されていて、”すっぽん丼”とか”すっぽん煮込みラーメン”とか”カレーライス”何かが増えている。で、この日は”すっぽんラーメン”を食べ様と思ってお店に来たのだが、何と無く新メニュー?の”すっぽん煮込みラーメン”とやらが気になってので、そちらを注文!
 
御食事すっぽん処下田家すっぽん煮込みラーメン
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”すっぽん煮込みラーメン”で、お値段は800円也。パッとみた感じは昨年に姫路で行われたB-1グランプリの会場で食べた”高知須崎名物の鍋焼きラーメン”に似ている様な感じ。が、具は生玉子の他は椎茸や人参やネギ等の野菜類のみで、すっぽんの身とか、あるいは肉系の具は一切入って無い。で、そのお味であるが、スープは以前食べた普通の”すっぽんラーメン”とほとんど変わりの無い味で、あっさりとしているが、コクもあって普通に美味しい。例に寄って、私は”すっぽん”を食べた事が無いので、この旨さが”すっぽん”から浸み出た味なのかどうかは判らんが、あっさりスープ系のラーメンとしては中々美味しい方では無いだろうか。
 
御食事すっぽん処下田家すっぽん煮込みラーメンの麺
ちなみに”すっぽん煮込みラーメン”の麺はこんな感じの麺で、所謂、煮込んでも延びないタイプの麺だ。確か前回食べた”すっぽんラーメン”の麺は、割と普通の麺だったので、一応この麺は”煮込みラーメン”用に用意しているのかな?
 
御食事すっぽん処下田家すっぽん煮込みラーメン
で、”すっぽん煮込みラーメン”は冷めない様に土鍋で提供されたので、当たり前だが熱々。てな事で、用意された小鉢を使って食べた様子がこちら。上で書いた様に、具は生玉子の他は野菜しか入って無い。”すっぽんの身”がどれだけのお値段するのか知らないが、コスト的に無理ならば代わりに鶏肉でも入れてくれたら、もうちょっと色んな味が楽しめる様な気がするのだが、そうすると肝心の”すっぽんのお出汁”の味を邪魔する事になる?って事もあり、そんな中途半端な事は出来ないのかも知れない。
 
てな事で、久々に”すっぽんラーメン”のお店に行って来たのだが、スープ自体は何時もの通り、中々美味しい。後はこの味に値段也の価値を見いだせるかどうか?ってとこら辺りかな?何せ、私が時々利用している”らーめん八角のランチ”なら、700円でお腹がはち切れんばかりの量の定食が食べれるからねえ・・・。とは言え、何時の間にやら増えたメニューの中にある”カレーライス”も何か気になるので、また近々食べに行ってみようと思うのであった。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。