義史のB型ワールド

2012年4月24日

春の牛丼祭!って事で、久々に吉牛!この日はほぼ完璧な吉牛で中々旨かった!

Filed under: — 代理人 @ 9:50 PM
 
代理人記録
 
夜明けぇ~、間際のぉ~、吉野屋ではぁ~♪”と、中島みゆきが唄っていた頃からこよなく愛し続けている牛丼チェーンの吉野家であるが、最近、”吉牛”を食べに行くのは割引セールが開催されている時がほとんど。今年も年初めに開催されていた”睦月の牛丼祭”の時に食べたのだが、4月の初めに毎年恒例の”春の牛丼祭”が開催されていたので、またまた”吉牛”を食べに行って来た。
 
吉野家/250号線加古川店
そしてこちらが今回もお邪魔する事になった明姫幹線沿い尾上辺りにある『吉野家/250号線加古川店』で、この時は土曜日ながら、ランチタイムには少し早目?の午前11時45分頃にお店に到着したのだが、既にカウンター席はほぼ埋まっているし、テーブル席も満席に近い賑わい。てか、私が入店して間も無くするとテーブル席は全席埋まり、その後はテーブル席空き待ちのお客さんが入口付近でたむろしていた。私同様”牛丼祭”に釣られてやって来るお客さんが結構いる様な気がする。
 
吉野家春の牛丼祭
そしてこちらが”牛丼の吉野家の春の牛丼祭”のメニューで、基本的には”牛丼”系の単品やセットメニューが全て110円引きになっている。とは言え割引キャンペーン価格でも270円なので、他の牛丼チェーンの同様のキャンペーン価格に比べると若干高め。この辺りは”吉牛”の味にどれだけの価値を見出されるか、あるいは単純にこの味が好きか嫌いかで評価が分かれる処かな・・・。
 
吉野家春の牛丼祭の日の牛丼並
で、この日は土曜日のランチタイムど真ん中!って事もあってか、約5分近く待たされて、漸く運ばれて来たのが、こちらの”吉牛”の並盛で、お値段は”春の牛丼祭”の割引価格で270円也。今年の初め頃に開催されていた”睦月の牛丼祭”の時に『加古川駅北口店』で食べた”吉牛”は、お肉がちょっと固くて全体的にややイマイチだったのだが、この日の”吉牛”は、ベストな状態に近いお肉、そして煮込み具合、味付けで、所謂私の中での”吉牛”としては、ほぼ完璧に近い旨さだ!
 
吉野家春の牛丼祭の日の牛丼並
ちなみにこの日の”吉牛”は、やや”つゆだく”状態であったが、入店した時間帯が良かったのが、ご飯が炊き立て熱々で、旨さ倍増!!!ここ最近、某ライバル牛丼チェーン店に行くと、毎回冷めたご飯しか出て来なかった事もあり、何か余計に旨い!やっぱ、牛丼は炊き立て熱々ご飯で無いとね・・・、みたいな。
 
てな事で、この日は毎年恒例の”春の牛丼祭”で、またまた”吉牛”を食べに行って来たのだが、この日の”吉牛”は何時も以上に旨かった。で、この日も帰り際にレジでお会計を済ませると”春の牛丼祭”が終わってから使える、サイドメニュー50円引きの割引券をくれた。でもこの割引券はサイドメニューにしか使えないので”吉牛”が正価の380円で食べなければならないと考えると、あまりお得感は無い・・・。と言うよりも、そもそも”吉牛”と一緒に食べたい様なサイドメニューが全然無い?とも言えるのだけど・・・。って事で、次回、私が”吉牛”を食べるのは、これまた毎年恒例の”夏の牛丼祭”の時かも知れない・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。