義史のB型ワールド

2012年4月17日

某お参りの後、那智で”カツめし”食べた!ボリュームは少な目だが、甘目のタレで中々旨い!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:22 PM
 
代理人記録
 
先日、ちょっとしたお参りの後、JA君とお食事に行く事となった。まず最初に向かったのは直ぐ近くにある『はっそう懐石ゆめの里』と言うお店。が、しかし土曜日のディナータイム真っ只中と言う時間帯だった事もあり、予約で全室埋まっている・・・、と言う事で、入店出来なかったので、そのまま北進して、旧北条街道沿いにある、結構古くからあるお店『那智』に行く事にした。
 
那智
こちらが今回行ったカフェ&レストラン?のお店『那智』で、このお店が出来てから30年以上は経つ?結構古くからあるお店だ。以前は良くこのお店がある道を通っていたのだが、最近は直ぐ西側に広い幹線道路が出来た事もあり、このお店の横を通る事すら久々だった様な・・・。
 

那智の店内

それは兎も角、早速入店!店内はこんな感じで、何と無くレトロな雰囲気が漂う、昔長柄の喫茶店orレストランと言う感じ。写真には写って無いが、お店の中に公衆電話ボックス?(今は使われて無かったが)何かもあったりして、昭和の良き時代?を偲ばせる心落ち着くお店だ。
 
那智カツめしの見本
で、この日は急遽このお店に来る事になったので、特に食べたい料理が決まっていた訳では無かったので、お店入口のショーケースにあった、こちらの”カツめし”を食べてみる事に決定!!!
 
那智ノンアルコールビールのつきだし
で、本来であれば、此処で何はともあれ、お疲れの一杯!と行きたい処だが、この日は車移動だったので、アルコール類は飲めない・・・。でも水だけってのも口が寂しい・・・、って事で最近は結構飲みなれて来た?ノンアルコールビールを注文!それに付いて来たのが、こちらの”つきだし”で、その内容は”旬の筍と菜の花”の様だ。この”つきだし”は多分無料サービス?だったので、中々良心的な印象・・・。
 
那智カツめしのセット
そんなこんなしていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの『那智』の”カツめし”で、サラダ味噌汁、それにお漬物が付いてお値段は750円也。”加古川名物かつめし”と言えば”ボイルしたキャベツ”が定番の添え物なのだが、このお店の”カツめし”には別皿で普通のサラダが付いている。個人的にも”ボイルドキャベツ”よりは”生サラダ”の方が好きなので、これだけでも結構ポイントは高いかも・・・。
 
那智カツめし
そしてこちらがメインの”カツめし”で、パッと見た感じ・・・、と言うより実際に食べた印象もそうであったが、若干ボリューム的には控え目な感じ。で、そのお味であるが、”カツめし”のタレはどちらかと言うと甘目な感じで、結構私好みの味で中々美味しい。人それぞれ好みはあると思うが、個人的にはやっぱ甘目のタレが好きかなあ・・・、と実感。
 
那智カツめしの肉
ちなみに”カツめし”のお肉はこんな感じで、割と”かつめしの王道”の厚さに近い?が、お肉はジューシーさも少しあって中々美味しい。先に書いた様に、若干ボリュームが少な目に感じたが、サラダや味噌汁が付いて750円は中々お値打ちではなかろうか。
 
那智カツめしのサラダ
そしてこちらが”カツめし”に付いていた”サラダ”で、おまけに付いて来た割には、ポテトサラダやハムやホワイトアスパラやトマト等、結構具沢山な”サラダ”だ。やっぱ個人的にもボイルしたキャベツよりも、この手の生野菜系の”サラダ”が良いよねえ。
 
那智カツめしの味噌汁
そしてこちらはこれまた”カツめし”に付いていた”味噌汁”で、内容的にはワカメや小さなお豆腐が入った割とオーソドックスな味噌汁であったが、これまたおまけの一品としては十分価値ある一杯だったかな。
 
那智カツめしの漬物
ちなみに”カツめし”には”漬物”も付いていたのだが、こちらは見たマンマの、特にどうって事の無い”お漬物”であった。
 
てな事で、この日は急なお参りで久々にみんなに会う事が出来たのだが、何か最近はこんな機会が増えたと言うのか、会うのはこんな時ばっかり?と言う気がしないでも無い。それは兎も角、ちょっとした流れで『那智』へ行って”カツめし”を食べてみたのだが、値段はお手頃だし、タレも私好みだし、付け合せも生サラダだったし、中々好印象だったかな。とは言え、予約満席で入れて貰えなかった『ゆめの里』も気になる・・・、って事で、翌日再訪問する事になるのだが、その話はまた明日・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。