義史のB型ワールド

2012年4月11日

久々に博多一風堂に行って復刻長浜ラーメンゼロと言うのと食べた!値段も安いし個人的にはこれで十分かも・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:35 PM
 
代理人記録
 
姫路や明石、それに加古川にも結構ラーメン屋さんの数が増えて来たのだが、全国的に名の通った?と言うのか、知名度があるお店は意外と少ない。はっきり言って全国津々浦々にある中華そば専門店『天下一品』ぐらいしか無いのでは???が、しかし、今から1年半程前、泣く子も黙る、超有名な博多ラーメンのお店『博多一風堂』が姫路に進出して来た!
 
博多一風堂』と言えば、昨今のラーメンブームを牽引したラーメン屋さんの一つと言っても過言では無い存在で、個人的にも、十数年前に『博多一風堂』が大阪に初進出して来た時に、甥っ子を連れて大阪まで食べに行った(正確には京都大文字焼見学に行く途中に寄ったと言うのが正しい)事があるし、また『博多一風堂』の社長が、インスタントラーメン発祥の地、大阪池田に日清のチキンラーメンをイメージしたラーメン?とか言うのが売りだった『麺翁 百福亭』(既に閉店し、今は『博多一風堂』に変っている)にも、遥々と食べに行った事があるぐらい、結構思い入れのあるラーメン屋さんでもある。
 
ちなみに、その大阪初出店のお店(長堀店?)に行った時、入店直後に甥っ子が食欲が無いと言い出し、ほとんどラーメンを食べずに残したままお店を後にしたのだが、あれってお店の人が見ると、一口スープを飲んだだけで、これは食えん?と言って残して帰って行ったと思われても仕方の無い行為?だった様な気がする。一応、私の方はスープの残り一滴まで完食したけど・・・。
 
そんな『博多一風堂/姫路店』なのだが、お店がある場所の地理的な問題(国道2号線の東向き沿いにある)や、店内が意外と狭くてちょっと窮屈な気がする事、そして何時行っても結構、お店の前に行列が出来ていると言う事もあり、『姫路店』には未だ一度しか行った事が無い。ま、個人的には『大阪梅田店』や『神戸元町店』に何度も行っているので、わざわざ姫路まで出掛けて行って『博多一風堂』のラーメンを食べたいとは思わない・・・、と言うか、他に行ってみたいお店が沢山ある・・・、ってのが本音なんだけど・・・。
 
が、しかし!此処最近は『博多一風堂』でもレギュラーメニューの他に期間限定のメニューを出す事が偶にあって、この春も店舗限定で”長浜ラーメンZEROなるラーメン”が登場したのだが、一カ月程遅れて『姫路店』でも販売が開始された!と耳にしたので、そのラーメンが一体どんな物かお試しに食べに行ってみる事にした。
 
博多一風堂/姫路店
てな事で、こちらが約1年ぶりに行って来た博多ラーメンのお店『博多一風堂/姫路店』で、この日は比較的早い時間の訪問だったので、未だ店内には数組のお客さんしか居ない。が、私が入店した後からは、それなりに続々とお客さんがやって来て、徐々に座席が埋まって行ってる感じだった。ちなみにこのお店はカウンター席が中心で、テーブル席は1卓か2卓程しか無いので、大勢で行くには不向きのお店な気はするけど・・・。
 
博多一風堂/姫路店長浜ラーメンZEROのボード
そしてお店の入口の処にはこの様な、この日の私の目的である”復刻一風堂/長浜ラーメンZERO”と書いたボードが置いてある。そこに描かれているのが、”うる星やつらのラムちゃん”なのが、何で今頃?と言うか、今の若い世代にラムちゃんって通じるんだっけ?
 
博多一風堂/姫路店長浜ラーメンZEROのメニュー
それは兎も角として、こちらは店内に置いてあった『博多一風堂』の復刻ラーメンと言う”長浜ラーメンZERO”のメニューでノーマル版に加え、チャーシュー大盛り版とか、ネギバッコミ等のバリエーションもあるらしい。で、何がZEROなのかと言うと、メニューの説明に寄ると”店主・河原成美が修行を積んだ長浜ラーメンの味を復刻した、一風堂のZERO地点の一杯”との事。でも値段がお店の看板メニューである”白丸元味”が680円するのに対して、”長浜ラーメンZERO”は550円なので、値段の差額から想像すると、何かを減らした?だけ?のラーメンと言う気も、ちょっとするのだけど・・・。
 
博多一風堂/姫路店長浜ラーメンZEROの食べ方
で、そのメニューの裏側にはこの様な”ZEROの食べ方”と題された五箇条が載っている。が、この後、私は此処に書かれた”食べ方”を一切無視したかの様に、”麺は普通、替玉無し、ニンニク無し、ゴマも入れず(最初から少し入っていたが)、紅ショウガも入れず”で食べだのだが、それでも良いよねぇ・・・。
 
博多一風堂/姫路店辛子もやし
てな事で、席に着くや否や、早々に”長浜ラーメンZERO”を注文した後は『博多一風堂』定番の”辛子もやし”を食べながら待つ事に・・・。ちなみにこの”辛子もやし”は、私はそれ程でも無いのだが、一部で大人気との事で”もやし”さえ用意すれば家で簡単に作る事が出来るホットもやしソース”とやらを販売しているらしい・・・。ま、”辛子もやし”以外の料理にでも使えそうな気はするが・・・。
 
博多一風堂/姫路店長浜ラーメンZERO
で、”辛子もやし”を箸で摘まんで食べ様としたら、その前に運ばれて来たのが、こちらの”長浜ラーメンZERO”で、お値段は550円也。パッと見た印象では、正に博多長浜ラーメン!と言う見た目で、実際に食べてみても”王道過ぎる程の博多とんこつスープ”で、中々美味しい。ここ何年かは『博多一風堂』の看板メニューである”白丸元味”を食べて無いので、その違いがイマイチ良く判らんかったが、値段も安いので、個人的にこの”長浜ラーメンZERO”で十分な気がする。てか、そもそも”長浜ラーメン”って値段が安いのも一つの特徴じゃあ無かったっけ???
 
博多一風堂/姫路店長浜ラーメンZERO
ちなみに”長浜ラーメンZERO”の麺はこんな感じで、多分これは通常メニューのラーメンと同じと思われる博多ラーメン独特の極細麺。で、当然の如く、ラーメンをオーダーする時に固さを指定出来るのだが、個人的には”普通の固麺で・・・”と言うつもりで”普通”と言ったのだが、気持ちが通じたのか、それなりの固麺。何せこの手の極細麺は固めで頼まないと食べてる間にヤワヤワになって来るからねえ・・・。とは言え、個人的に麺にそれ程の拘りの無い私なので、普通の博多風の極細麺と言う味だったけど。
 
てな事で、ちょっと遅れて姫路でも発売が開始された期間限定メニューの”長浜ラーメンZERO”を食べに行って来たのだが、個人的には十分満足なお味。値段も安い事だしレギュラーメニュー化してくれるとありがたい気もするのだけど、お店的には単価が低いって事で、やはり期間限定で終わってしまうんだろうなあ。それは兎も角として、姫路には結構、博多&長浜ラーメンのお店が多いのだが、個人的にはこの『博多一風堂』の他に『元祖長浜ラーメン/金豚』、そして『長浜ラーメン/飾磨店』の3店を抑えて置けば十分な気がする(背脂豚骨系の『ずんどう屋はこのグループとはちょっと違う?気がするし、『虎と龍』はお店に寄って全然味が違うので判断が難しい・・・)。それはそうと、以前『博多一風堂』で食べた”博多ひとくち餃子”は結構美味しかったので、久々にその”博多ひとくち餃子”と”元味ラーメン”を食べに行こうと思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。