義史のB型ワールド

2012年4月6日

カレーうどん専門店で、きつねうどんとキーマカレー丼食べた!どちらも想像通りの味?だったかな?

Filed under: カレー,麺類と粉もん — 代理人 @ 10:15 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に、美味しい?”唐揚げ”を求めて、久々に加古川市役所近くにあるカレーうどん専門店『玉家』に行ったらセットメニューの中に何時の間にやら”キーマカレー丼”なる物が増えていた。このお店は基本的にカレーうどんのお店なのだが、以前一時期メニューの中に”カレーライス”も登場した事があったのだが、人気が無かったのか、直ぐに消えてしまった。そんな事もあり、この”キーマカレー丼”も、また直ぐに?消えてしまう?(失礼)かも知れないので、その前に一度は食べて置こう!と思い立ち、またまた『玉家』に行って来た。
 
麺茶屋・玉家
こちらがまたまた行って来た、加古川市役所近くにあるカレーうどんとカレー鍋が専門のお店『麺茶屋・玉家』で、この日はランチタイムど真ん中?とも言える午後0時半頃の訪問だったのだが、流石に満席と言う程の客の入りでは無かったが、後からもそれなりにお客さんがやっていて、そこそこ賑わっている様だった。
 
麺茶屋・玉家ふっくらきつねうどんとキーマカレー丼セットの日のメニュー
そしてこちらが『麺茶屋・玉家』の”おしながき”で、夜は多分、カレー鍋が中心になると思われるが、昼間は基本的にカレーうどんを中心にしたメニューで構成されている。で、この日は上でも書いた様に”キーマカレー丼”を食べる事が主たる目的なので、”キーマカレー丼”に”カレーうどん”を併せて食べるのも何だかなあ・・・、って事で今回はうどん屋さんではオーソドックスな”ふっくらきつねうどん”を頼んで、それに”キーマカレー丼”セットを併せてみた。
 
麺茶屋・玉家ふっくらきつねうどんとキーマカレー丼セット
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ふっくらきつねうどん”と”キーマカレー丼”のセットで、お値段は合計で750円也。運ばれて来た料理を見た印象としては、大体イメージ通りなのだが、値段と内容を考えると、安いのか高いのか、ちょっと微妙な気がする見た目だ・・・。
 
麺茶屋・玉家ふっくらきつねうどん
そしてこちらが一応この日のメインとも言える”ふっくらきつねうどん”で、お値段は500円也。パッと見た印象は”おあげさん”が大きいのと、うどんの玉?と言うのか量が少ない様な印象。で、このうどんの最大のポイントとも言える”おあげさん”であるが、何年か前に、明姫幹線沿いの播磨町辺りにあったセルフうどんのお店『めんむす』(今は別のお店『あやがわうどん』に変わっている)で食べた”ジャンボあげのきつねうどん”が物凄く印象に残っているのだが、その”ジャンボあげ”に負けず劣らずの巨大な”おあげさん”だ。
 
そしてお出汁は関西風のちょっと甘目のお出汁(”おあげさん”の煮汁が混ざってるからかな?)で、中々美味しい。”おあげさん”もネーミング通り”ふっくら”としていて、こちらも結構美味しい。唯一不満があった点はと言うと・・・、ネギが完全に切れて無くて、一つの塊状態だった事ぐらい?だったかな・・・。
 
麺茶屋・玉家ふっくらきつねうどんの麺
ちなみに”きつねうどん”の麺はこんな感じの、手打ち麺で、麺は以前の記事でも書いた様に隣にある・・・、と言うか、このお店の経営母体である『讃岐めんうどんや』の麺をそのまま使っている様だ。
 
麺茶屋・玉家キーマカレー丼
そしてこちらが、個人的にはこの日のメインである”キーマカレー丼”で、セットの追加価格は250円也。パッと見た感じは、最近、巷に増えて来たインドカレー屋さんの、サラッとした汁状のキーマカレーでは無く(でも汁状では無いお店もあるので、この辺はちょっとアバウトかも?)、所謂、日本人がイメージする挽肉を炒めた感じのキーマカレーだ。そしてそのお味も割とオーソドックスな味で、特に大きな特徴も無く可も無く不可も無く・・・、と印象。ま、物凄く美味しいキーマカレーであれば、セットメニューでは無く、独立したメニューに格上げされているのだろうけど・・・。
 
てな事で、”キーマカレー丼”に満足して・・・、と言うよりは取り敢えずメニューから消える前に食べれた事に満足?してお店を後にしたのだが、やっぱこのお店では普通のお出汁のうどんを食べるよりは、カレーうどんを食べる方が正解の様な気がする。てか、普通のうどん?を食べるなら、お隣の『讃岐めんうどんや』に行った方が味も同じ?だし、何より経済的?だもんね。
 
麺茶屋・玉家の隣の讃岐めんうどんや
ちなみにこちらが『玉家』の隣にある『讃岐めんうどんや』で、この日も相変わらずお店の廻りにはお客さんの車が沢山停まっていた。今から10年程前に、このお店が誕生した頃から、直ぐ近くにある『丸亀製麺1号店』と人気を二分?あるいは拮抗?している、加古川市役所近辺では超人気店ではあるのだが、流石にトリドールが経営する『丸亀製麺』に比べると全国的知名度及び店舗数では完全に差が付いてしまった様な気はする。それでも『丸亀製麺』よりはこちらの『讃岐めんうどんや』の方が好きと言うお客さんも多い。個人的には共存共栄して貰った方だ、お店の選択種が増えて楽しいのだけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。