義史のB型ワールド

2012年3月26日

10年前に良く行っていたお店が1年程前に違うお店に変わったのだが、そのお店で、漸く”かつめし”食べた。でもソースが・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 10:09 PM
 
代理人記録
 
ちょうど一年前の今頃だったと思うが、自転車に乗って加古川へ行った帰り、粟津神社の近くの街中を通ると、以前『メイド・マリアン』と言う洋食屋さんがあったお店の看板が、別の名前の看板に変わり、新しいお店がオープンした感じだった。その時から、ちょっと関心を持ったのだが、それ以上の思いは湧いて来なかったので、それ以来、気に留める事もなかった。が、先日ちょこっと加古川へ行った帰り、ふとそんな事を思い出し、一度は様子を見ておこう?と思い、そのお店に寄ってみた
 
スカーレットの小鳥
こちらが今回行った加古川大川交差点の南東の住宅地の中へちょっと入った処にある『スカーレットの小鳥』と言うお店で、上でも書いた様に、以前『メイド・マリアン』と言う洋食屋さんだったお店の看板を付け替えただけ?と言う雰囲気だが、このお店はワンちゃん連れでも利用出来るドッグカフェ?っぽい感じのお店になっている。で、『メイド・マリアン』と言えば、10年程前、我が一族で時々利用していた洋食屋さんだったのだが、我が兄はお気に入りだったらしいのだが、個人的にはそれ程大した事が無い?と言う思いもあり、何時しか足が遠のいてしまったお店なのだった。今回、どう言う経緯で、新しいお店になったのかは知らないが、一応、お店のオーナーさんは別の人の様だ。ちなみにこの真向かいにある『メイド・マリアン』の姉妹店?の『ロビンフッド』は今でも健在だが・・・。
 
後一つ・・・、参考までに書いて置くと、このお店は公衆無線LANが完備したお店で、各電話会社が運営しているwi-fiスポットやBBモバイルは当然の如く、お店自体も無料のアクセスポイントサービスをやっているので、無線機器を持ったお客さんであれば、誰でも自由にインターネットを楽しむ事が出来るJR加古川駅前のマクドが無くなった事もあり、加古川駅周辺で無料の無線LANが使いたい時は、このお店に行ってみれば便利かも知れない・・・。欲を言えば、コンセントもあれば完璧なんだけど・・・。
 
スカーレットの小鳥のメニュー
それは兎も角として、こちらが『スカーレットの小鳥』のメニューで、基本的には良くある洋食屋さんのメニューと似た様な内容だ。これ以外にも、カフェ系のメニューも沢山あったと思うので、詳細は公式サイトを参照してみて頂戴!で、メニューの中に”ビフカツ”や”ビーフステーキ”等の、個人的に大好きな料理が並んでいたのだが、その他に”かつめし”もあったので、今回は素直に?”かつめし”をオーダー!!!
 
スカーレットの小鳥オリジナルかつめし特製ソース
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”オリジナルかつめし特製ソース”で、メインの”かつめし”のお皿の他にスープが付いて、お値段は950円也。JR加古川駅近辺では、もうちょっとお手頃価格の”かつめし”のお店が数多くあるのだが、気軽に車で来れるし、ワンちゃん連れでも利用可能だし、何より、個人的には無料の公衆無線LANが完備している・・・、と言う点を考慮すると、この価格は仕方が無いお値段?なのかな?
 
スカーレットの小鳥オリジナルかつめし特製ソース
そしてこちらが今回食べた”オリジナルかつめし特製ソース”で、”かつめし”に付き物の”ボイルしたキャベツ”も付いているのだが、添えられていると言うよりは、ご飯の上に”ボイルしたキャベツ”を乗せ、その上に”ビーフカツ”を乗せてから”かつめしのタレ”を掛けた様な感じの”かつめし”だ。で、一番肝心だと思う”特製ソース”の味はと言えば、ソースの中に刻んだ玉ねぎが入った洋風テイストなソースで、どちらかと言うと酸味が強く感じられる味だ。個人的に高砂の伊保にある”一平のかつめし”の”ちょっと甘目のかつめしのタレ”に慣れ親しんでいる事もあり、この手の酸味の強いソースは苦手?と言うのか、あまり好きでは無いお味。ま、この辺りは好き嫌いの問題なので、この手の味が好きな人には美味しく感じる味なのかも知れないが・・・。
 
スカーレットの小鳥オリジナルかつめし特製ソース
ちなみに”オリジナルかつめし特製ソース”のビフカツのお肉はこんな感じのお肉で、”かつめし定番の叩いて薄く引き伸ばされた肉”とは違い、それなりに厚みのあるお肉ではあるが、その分、若干の歯応えもあり肉質もそれなり。ソースとお肉を総合的に判断すると、個人的にはまた食べたいと思う味では無い?かな?
 
スカーレットの小鳥オリジナルかつめし特製ソースのスープ
そしてこちらは”オリジナルかつめし特製ソース”に付いていたスープ?で、その内容はと言うと、細長いミョウガ?みたいな物が入ったワカメスープだが、味的には割とオーソドックスな?特にどうって事の無い味で、可も無く不可も無く・・・、みたいな感じであった。
 
てな事で、この日は1年程前に『メイド・マリアン』の跡地にオープンしたカフェ&レストラン『スカーレットの小鳥』に行ってみたのだが、この日食べた”かつめし”はどちらかと言うと、ちょっとイマイチ?だった気がする・・・。それは兎も角、ふと考えてみると、向い側にある『ロビンフッド』には未だ一度も行った事が無いので、次回、この近辺に行った時は『ロビンフッド』の方に行って表の看板に書いてある”550円のかつめし”とやらを食べてみる事にしよう!!!

WordPress.com Blog.