義史のB型ワールド

2012年3月20日

40周年記念のカップヌードルキングを食べた!思っていた以上に・・・、食べた後、お腹が苦しーい!!!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 6:55 PM
 
代理人記録
 
ちょっと公開するタイミングを逸して遅くなってしまったのだが、今年の1月の下旬頃に発売された日清のカップヌードル発売40周年記念商品の”カップヌードルキング”を食べたお話・・・。販売が開始されてから既に二ヶ月近く経っているので、実際に食べた方や、スーパーやコンビニ等で売られている姿を目にした方も多数おられると思うので、今回は簡単に?ご紹介・・・。
 
カップヌードルキング
こちらが今回・・・、と言うか実際に買って食べたのは2月の頭だったのだが、ブログに書くにあたって折角なら”カップヌードル”のミニ版やらノーマル版と大きさを比較した写真も紹介したい・・・、と思って他のサイズのカップヌードルを買ってから・・・、と思ってたら、こんなに日にちが経ってしまったのであった。ちなみに上の写真の隣に置いてあるのは、大きさを比べる為に、その時、たまたまストックしてあったのが、以前紹介した”カップヌードル 天そば”だけだったので、取り敢えず置いてみただけ・・・。
 
それはさて置き、個人的には普段はあまりビッグサイズのカップ麺すらあまり食べないので、この手の馬鹿でかいカップ麺を買ったのは久々・・・、ん?年末近くに、ちょっとビッグサイズの”野菜ましましのカップラーメン”を買った事があったっけ?。で、”キング”と言えば、数年前に”カップヌードル史上最もたっぷりの肉が入ったカップヌードル/ミートキング”と言うのを食べた事があるが、あちらは具の肉の量がキング?って事だけで、カップのサイズ自体は普通サイズだったのだが、今回発売された”カップヌードルキング”は、その名の通り、以前から発売されている”カップヌードル ビッグ”を遥かに凌ぐ、まさにキングサイズのカップヌードルなのだ。
 
カップヌードル4種類大きさ比較
てな事で、こちらがその後、色んなサイズの”カップヌードル”を買って来て、全部を並べて撮った写真で、それぞれを一応紹介して置くと、左から”カップヌードル ミニ”、普通の”カップヌードル”、”カップヌードル ビッグ”、そして”カップヌードルキング”の4種類のカップヌードル総登場!。気持ち的には、この他に”カップヌードル LIGHT”とか”スープヌードル”何かも並べてみたかったのだが、それらはカップのサイズは普通の”カップヌードル”と同じなので、今回は却下。
 
カップヌードル4種類大きさ比較
ちなみに4種類のサイズの”カップヌードル”を上からみるとこんな感じ。横から見るよりも、サイズの違いがはっきりと?判る様に思うのだが、如何でしょ?
 
カップヌードル4種類大きさ比較カップヌードル4種類大きさ比較
折角なので、縦に並べた様子と上面を横に並べた様子もご覧あれ・・・。欲を言えば、それぞれのカップ麺の蓋を開け、中身も比べてみたい気もしたのだが、蓋を開けてしまうと、直ぐに食べなければならない?って事もあり、今回はパッケージのまんまの写真のみである・・・、何卒ご理解の程を・・・。
 
40周年記念商品 カップヌードルキング
それはさて置き、今回新発売された”カップヌードルキング”のパッケージの横にはこの様に”カップヌードル最大めん重量”と書かれている。麺の量が多いだけなのか?と思いきや、日清の商品説明を読むと”カップヌードルらしさを残しながらも、通常よりも太い麺を使用し、カップヌードル史上最大の麺重量とすることで、食べごたえを追求”との事。以前、”チキンラーメン”でも”太麺版”が発売されていた様に、今回の”カップヌードルキング”も”太麺”らしい・・・。が、麺の重量が増え、太麺になってもお湯を注いでから3分で完成する・・・、って処は何かちょっと謎な気がするのだけど・・・。
 
カップヌードルキング
それは兎も角として、早速”カップヌードルキング”の蓋をめくると、中身はこんな感じで、写真にすると普通の”カップヌードル”との違いが、全く判らん様な気がするが、これまた日清の説明に寄ると”大きめサイズのエビと、大型のダイスミンチを使用”との事。パッと見た感じでは、最新の”カップヌードル”の具で使われているコロチャーとあまり変わらない様に思えたのだが、噂ではコロチャーに変わる前の、通称”謎肉”と呼ばれていたダイスミンチらしい・・・。
 
カップヌードルキング
てな事で、お湯を注いで3分待って完成した”カップヌードルキング”はこんな感じ。具は商品説明に寄ると”大型のダイスミンチとエビ、スクランブルエッグ、ネギ、ミンチポーク”との事。これを読むと謎肉とコロチャーの両方が入っている?って事なのかも・・・。で、そのお味であるが、当たり前だが普通の”カップヌードル”と全く同じ・・・みたい。が、流石にキングサイズと言うだけの事はあり、中々ボリューム満点・・・。てか、最初、大盛りカップ麺程度と、高をくくっていたのだが、何の何の、食べているそばから、お腹にずっしりと堪え初め、”カップヌードルキング”を完食する頃には、そのまま全部、お腹から吐き出そうなくらいの苦しさ。全く持って、健康に悪い量だ。ま、年配の方は食べるのを辞めた方が良い!と言う事だけは、はっきりした?かな?
 
カップヌードルキング
ちなみに麺はこんな感じで、一応”通常よりも太い麺”との事だったが、最近はカップ麺でも太麺が珍しく無くなって来た!って事もあり、個人的には全然太麺と言う感じがしない、ノーマルの太さに近い麺と言う印象だった。
 
てな事で、日清カップヌードル発売40周年記念商品の”カップヌードルキング”を食べてみたのだが、はっきり言ってお腹が絶好調で、余裕のある時で無いと、後で後悔する様なボリューム満点の”カップヌードル”だった。それにも関わらず、既に2個目の”カップヌードルキング”を買って来てストックしてあるし、これとほぼ同じぐらいのサイズの”サッポロ一番キングカップ中華そば”ってのも買って来たりしている・・・。でも今は買って来た事をちょっと後悔し初めているので、食べるのは何時になる事やら・・・。個人的には、ノーマルのカップヌードルでも持て余す時があるので、スープヌードルでエエと思う今日この頃。ちなみにもしも”スープヌードル”のキングカップが出たら・・・、中身はどんな感じになるんだろう・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。