義史のB型ワールド

2012年1月9日

B-1グランプリでは食べなかったが、専用のタレを売っていたので”今治名物の焼豚玉子飯”を作ってみた!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 6:01 PM
 
代理人記録
 
まだまだ年末頃のお話・・・。例に寄ってスーパーで買物をしていたら”焼豚玉子飯のたれ”と言う物を発見!”焼豚玉子飯”と言えば、四国愛媛の今治のご当地B級グルメとして有名で、先日行われた『B-1グランプリ in 姫路』の本選、あるいは昨年の春先に行われた前哨戦の『近畿・中国・四国 B-1グランプリ in 姫路』の会場で出店していたのだが、その内容を見ると、ご飯の上に焼豚を乗せ、更にその上に目玉焼きを乗せて焼豚のタレをかけただけの丼ぶりで、何と無く『ラーメンたろう』のチャーシュー丼に似ている?様な気がして、イマイチ食べる気になれなかったのだが、折角専用のタレ(と言っても限りなく焼豚のタレに近い様な気はするが・・・)が売られている・・・、って事でそのタレを買って自分で作って食べてみる事にした。
 
焼豚玉子飯のたれ
こちらが今回買って来た”焼豚玉子飯のたれ”で、発売元は焼肉のタレや鍋のつゆでお馴染み日本食研だ。で、その日本食研の商品説明に寄るとたまり醤油のコクに味噌・生姜を隠し味として加え、焼豚とご飯によく合う味に仕上げた”タレとの事。そう言えば日本食研自体が、四国は愛媛今治にある会社?って事で、意外と味に期待は出来るかも知れない・・・。
 
三田ポーク焼豚
で、”焼豚玉子飯のたれ”は兎も角として、それ以上に重要なのが焼豚!が、何か近所にあるスーパーの肉屋で売っている焼豚で、これと行って美味しいと思う様な焼豚が無い。しかも大量に買っても残ってしまう可能性があるので、日持ちするタイプが望ましい・・・。と思ってあれこれ焼豚コーナーを見て廻っていると『焼豚工房 神戸 大黒屋』と言う会社が発売している”三田ポーク焼豚”と言う商品を発見!この手のパックになった焼豚は日本ハムとか、スーパーオリジナルとかからも販売されているのだが、見た目的にそれらの物と違い、何と無く本格的な感じで美味しそうに見える(その分、値段もちょっと高かったが・・・)。って事で、今回はお試しにこの”三田ポーク焼豚”を購入!!!
 
焼豚玉子飯
てな事で、”三田ポーク焼豚”を少し炙って、目玉焼きを焼いて、それらをご飯の上に乗せて最後に”焼豚玉子飯のたれ”をかけ、ネギをパラっと振って完成したのが、こちらの”焼豚玉子飯”。”三田ポーク焼豚”は半分しか使わなかったが、それでも中々のボリュームの丼ぶりとなった。で、そのお味であるが、”焼豚玉子飯のたれ”は若干甘目だが、”三田ポーク焼豚”は期待通りに中々美味しい焼豚で、全体的には結構旨い”焼豚玉子飯”だったかな。とは言え、基本的にはラーメン屋さんで時々食べるチャーシュー丼に目玉焼きが乗っただけ・・・、と言うか、完全に『ラーメンたろう』のチャーシュー丼にそっくりな気がする・・・。と書いていたら、何と無く久々に『ラーメンたろう』のチャーシュー丼が食べたくなって来た!って事で、近々『ラーメンたろう』のチャーシュー丼を食べに行って来る事にしよう!!!でも未だ、あのチャーシュー丼ってメニューにあるのかいな・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。