義史のB型ワールド

2011年12月31日

静かなる”もんど”・・・。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 11:46 PM
 
代理人記録
 
今年一年を振り返ると・・・、私の大好きな『新在家ラーメンもんど』にも色々とあった様な・・・。
 
まずは今年の初め頃の、新作で今流行りのメガ盛ラーメンである二郎インスパイア系ラーメンの”もんジロウ”の登場!、そして本来は震災のあった翌日に予定していたと言う”カレーつけ麺マハラジャ”が、未だ震災と原発のニュースで持ちきりの中に登場、そしてその次の日に届いた会員メールで、『新在家ラーメンもんど』のメニューを一新すると言うお知らせ!!!
 
その案内に寄ると、何と誕生から8年、ずっとその人気を支えて来た、お店誕生当初としてはこの近辺のラーメン屋さんでは未だ珍しかった”豚骨と魚介のWスープ”を使ったお店の看板メニューでもあった”もんどラーメン”の封印!!!そして、あっさり好きの人に人気だった”あっさり和風醤油麺”もメニューから消えるとの事!会員メールには、限定ラーメンとしても復活する事は無い!と書いてあったので、”もんどラーメン”提供の最終日には、管理人さん一家をも巻き込んで食べに行ったのだった。
 
そしてその次の驚きは秋頃に届いた会員メールの案内で、ここ数年の『新在家ラーメンもんど』が客を呼び込む為の最大の要因でもあった裏メニュー(限定ラーメン)を止めると言うお知らせ。私は『もんど』誕生の二日目からお店に行っている長年の常連客ではあるが、最近『もんど』へ行っていたのは通常メニューであった”もんどラーメン”に惹かれてでは無く、普段は滅多にこの近辺のラーメン屋さんではお目に掛かる事が無い様な、個性的でかつ最近流行りのラーメンを模した限定ラーメンが食べたかったから
 
そんな限定ラーメンに引き寄せられて、ここ数年は平均すると月に一回ぐらいの割合で行っていたのだが、9月の末頃に登場した限定ラーメンの最期のメニューである”もんジロウ”を食べに行って以来、『もんど』に行く事がすっかりと途絶えてしまった・・・。
 
が、しかし!毎年大晦日の日には限定ラーメンが登場していた事もあり、やっぱ一年の〆のラーメンは『もんど』やで!って事で、限定ラーメンが無くなって以来、初めてもんど』に食べに行ってみた。
 
新在家ラーメンもんど
てな事で、前置きがちょっと長くなったが、こちらが限定裏ラーメンが無くなって以来、約3ヶ月ぶりに訪れた新在家ラーメンもんど』で、実際に行ったのはクリスマスイブの土曜日のランチタイムど真ん中の時間帯だったのだが、限定ラーメンが無い?あるいは土曜日だから(世間的には三連休の真ん中の日)なのか?全く持って行列は無い・・・、どころか、店内も閑散としている・・・。こんな空いた『もんど』に来たのは何年ぶりの事だろう・・・。まだ限定ラーメンが無かった頃に、普通に”もんどラーメン”を食べに来ていた頃?以来かな?それは兎も角として、お店到着後、直ぐに入店!
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そばのメニュー
そしてこちらが『新在家ラーメンもんど』の人気の下支えをしていたWスープの”もんどラーメンに変り、新たな看板メニューとなった”謹製 中華そば”。某サイトで紹介されているマスターの言葉に寄ると”幼少の頃から食べ慣れ親しんだ味、地域の味に魅かれた”末に辿り着いたのが、所謂、”播州ラーメン”の原点とも言えるこの”中華そば”なのであった。個人的には”もんど謹製 中華そば”は限定ラーメンで登場した頃や、後に”播州レプリカ”として登場した時に、何度か食べて来たのだが、所謂、新メニューにチェンジしてからは、初めて。って事で、今年の最期に”もんどの新看板メニューである謹製中華そば”を食べる事に決定!!!
 
新在家ラーメンもんど蔵出し醤油麺のメニュー新在家ラーメンもんど新味豚骨醤油麺のメニュー
ちなみに『もんど』の新メニューは先に紹介した”謹製 中華そば”の他に、限定ラーメンで結構人気があった、何と無く尾道ラーメンを彷彿とさせる”蔵出し醤油麺”と、Wスープの”もんどラーメンから魚介を抜いた?こってり系の”新味 豚骨醤油麺”(こちらは以前からあるメニューだが)の3本立てとなった。要は播州ラーメンの様な甘口系の”中華そば”、そして関東の人が好みそうな本格的な醤油味の”蔵出し醤油麺”、そしてやはり根強い人気のこってり系である”新味 豚骨醤油麺”の3本立て!に変えた?って事なのかな?個人的には”蔵出し醤油麺”よりは”加古川ブラック”にして欲しかったとか、”もんどの塩ラーメン”もメニューに入れて欲しかった・・・、等、”もんどの限定ラーメン”ファンには、みんなそれぞれ自分の好きな限定ラーメンをレギュラーメニューにして欲しかったと言う思いはあると思うのだけど・・・。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そば
で、これまで限定ラーメンを食べに来た時は、席に着いてラーメンを注文してから10分や20分、あるいはそれ以上待たされる事もザラにあったのだが、流石にこの日はそんな事も無く、普通のラーメン屋さんと同じく数分待っただけで運ばれて来たのが、こちらの”もんど謹製 中華そば”で、お値段は630円也。上でも少し書いたが、”もんどの中華そば”と言えば、毎年、年明けの1月2日?頃にマスターひとりでお店を開け、メニューも”中華そば”の1種類のみで営業していた、以前からのお馴染みのメニューでもあるのだが、個人的には数年前に限定ラーメンで”もんど謹製中華そば”が登場した時に食べて以来だ。とは言え、内容的には以前、K朗君と一緒に食べに行った時の限定ラーメンだった”播州レプリカ”と同じ?様な感じなので、それほど久々?と言う気はしなかったけど・・・。
 
てな事で、早速スープから飲んでみると・・・、甘い!やはり一口目の印象は播州ラーメン定番の甘さを強く感じる。が、ちょっと前に紹介した”元・西脇大橋ラーメンの店主のお店紫川ラーメンの元祖播州ラーメン”のスープの様な強烈な甘さでは無く、そこは『もんど』流の上品な甘さがあり、播州ラーメンとしても中々旨い!てか、これが播州ラーメン王道のスタイルかも?と思うぐらいかも・・・。ただし、ずば抜けて大きな特徴が無い分、他の播州ラーメンのお店と比べても似たり寄ったりで個性が出難い?ので、この辺りは好みの判れる処だろう・・・。雰囲気的には、加古川にある一部で人気の『二代目おかだラーメン』の味にも似ている気がするので『二代目おかだラーメン』ファンの人には好まれる味では無いかな?と思うのだが・・・。
 
新在家ラーメンもんど謹製中華そばの麺
ちなみに”謹製 中華そば”の麺はこんな感じのモッチリの中太麺”で、多分きっと”東京カネジン製麺”の麺なのかな?と思うのだが、今まで『もんど』の限定ラーメンで”もんジロウの超極太麺”とか”つけ麺播磨の手もみ平打ち麺”等を食べて来た私には、何か割と普通の麺の様に感じて来た。美味しい麺には違い無いのだけど、ちょっと個性が薄い?って事なのかも・・・。
 
てな事で、今年の〆のラーメン・・・、と言う事で迷う事無く『新在家ラーメンもんど』に行って来たのだが、今まで数々登場した個性的な限定ラーメンと比べると、割とシンプルでオーソドックスな播州ラーメンに近いもんど謹製 中華そば”ではあったが、これはこれで中々美味しい。数年後には加古川を代表する播州ラーメンになるのかも知れない。元々、私は限定ラーメンは好きだったけど、看板メニューであった”もんどラーメン”にはそれ程の思い入れは無かったので、個人的には新メニューの”もんど謹製 中華そば”の方が好きかも。それは兎も角として、並ばずに直ぐにラーメンが食べれる!って事で、また近々”新味 豚骨醤油麺”でも食べに行ってみようかな?と思うのであった。
広告

しゃぶしゃぶのお店”木曽路”で”牛肉陶板焼”を食べた!焼くと言うより蒸した様な感じだったけど、中々旨い!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 6:46 PM
 
代理人記録
 
先日から度々、明石大久保方面へ出掛けているのだが、この日もまたまた大久保近辺まで行く事に・・・。そうなると当然の如く?その後のお楽しみ?と言えばランチ。これまでは何度か西明石にあるホテルキャッスルプラザのレストラン街に行っていたのだが、『和食の赤石』、『中華料理の金龍』、『ステーキ工房 小粋』等、以前からお馴染みのお店は大体廻って後は『レストラン・カンポリーチェ』に行くぐらい?と思ったのだが以前も紹介した様に、このお店は何かパスタが中心のメニューになっている。そんな事もあり、何かイマイチ気乗りがしない・・・、って事で久々に明石まで足を延ばして、しゃぶしゃぶと日本料理のお店木曽路/明石店』に行ってみる事にした。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/明石店
こちらがこの日ランチを食べに行った、しゃぶしゃぶ・日本料理のお店『木曽路/明石店』で、私が『木曽路』に来るのは2年程前に神戸ハーバーランドにあるお店で”松茸付のしゃぶしゃぶ”を食べた時以来の事だ。で、この日の訪問時間が午後12時40分頃と言う事もあってか、駐車場もほぼ満車。偶々、先客が出て来て空いたので、そこに車を停めて店内に入ったのだが、店内も当然の様に満席。って事でお店の入口で約10分程待たされてから漸く入店する事が出来た。このお店って、ランチを食べるには決してお安くは無いと思うのだが、意外と流行っているのね。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/明石店メニュー
そしてこちらが『木曽路/明石店』の入口のボードに飾ってあったメニューで、お店の看板メニューである”しゃぶしゃぶやすき焼き”の他に、季節が冬!って事で”とらふぐ”のコース料理等もある様だ。で、最初はこのメニューの中にある、お昼限定の”すきやき定食”を食べ様と思いつつ、店内へと入って行ったのだが・・・
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/明石店妻籠メニュー
席に着いてからじっくりとメニューを見ると、その中に期間限定のメニューの中に”牛肉陶板焼”がメインのコース料理を発見!”すきやき定食”は何時でも食べれる様だし、何より限定メニューに弱い私・・・、って事で、今回は”牛肉陶板焼”がメインのこちらの”妻籠”(税込価格2100円)と言うランチを食べる事に決定!
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠のお造りと焼八寸
で、お店が満席に近いぐらいに賑わっていたので料理が出て来るまで結構待たされるかも?と思っていのだが、そこは手慣れたチェーン店の様で、然程待たされる事も無く、直ぐに運ばれて来たのがこちらの”妻籠”ランチのお造りと焼八寸。”牛肉陶板焼”に釣られてこのコースを選んだのだが、これを見る限りは完全に日本料理!って感じがする。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の焼八寸
それは兎も角として、まずは”焼八寸”から食べてみると・・・、左から”もずく酢”、”焼き魚”、”小鯛の寿司”、それにゼラチン状の・・・、何とか言う料理の4品。内容的にはどれも大体見た目で想像した通りの味。ま、値段が値段なので多くは期待出来ない事は招致の上だが、やっぱ高砂にある『生簀割烹 輝高』の料理と比べると、平凡だよねえ・・・。ああ『輝高』に行きたい!
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠のお造り
そしてこちらは”お造りの3種盛”で、その内容はと言うと”まぐろの赤身と烏賊”、それと手前左側は、多分今が旬の””かな?こちらのお造りも大体見た通りの味・・・。ああ”大トロの刺身”が食いてぇ!!!
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/きのこご飯
で、私が食べたランチの”妻籠”コースは普通の白ご飯か五穀米か何かそんなご飯のどちらかが選べたので、普通に白いご飯を選んだのだが、同行者が白いご飯の方がエエ!と言うので、チェンジして食べたのがこちらの”木曽路御膳”に付いていた”きのこ御飯”。とは言え、キノコは椎茸とかシメジだけで、所謂普通の”炊き込みご飯”に等しい。あ、わざわざ”きのこご飯”と書いてあるのは”鶏肉”とかそんなのが入って無い!って事を表したかった?って事なのかな?
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の揚物と茶碗蒸し
そして最初に運ばれて来た”焼八寸”と”お造り”を食べ終えた頃に、”妻籠”ランチのメインである”牛肉陶板焼”の用意と、その他に”天ぷらの盛合せ”とか”茶碗蒸し”とか”味噌汁”等の料理が運ばれて来て一気にテーブルの上が賑やかになった。ちなみに、後から紹介する”牛肉陶板焼”をおかずに食べるには、わざわざ交換して食べた”きのこご飯”よりは、普通に白いご飯の方が合ってた様な気がする・・・。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の牛肉陶板焼しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の牛肉陶板焼
そしてこちらがメインの”牛肉陶板焼”で、テーブルの上に運んで来てから携帯コンロ?で焼いて食べると言う、世間一般のこの手のお店にありがちなスタイルの”牛肉陶板焼”だ。てな事で”焼八寸”と”お造り”を食べ終え、次の料理である”天ぷら”や”茶わん蒸し”を食べ掛けた頃に完成したのが、上の右の写真。何か”陶板焼”と言うよりは”陶板蒸し”?みたいな気もしたのだけど・・・。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の牛肉陶板焼
それは兎も角として、こちらがその”牛肉陶板焼”のお肉を野菜の上に広げた様子。最初見た時はお肉が少なそうに見えたのだが、こうやって広げてみると一枚一枚のお肉はそれなりの大きさがあるし、枚数も4枚程ある!って事で、結構なボリュームがあった。で、お肉自体はご覧の様に”しゃぶしゃぶ”用のお肉みたいな感じの薄切りカットなので、上でも書いた様に”陶板焼”と言うよりは完全に”蒸したお肉”?、あるいは”焼きしゃぶ”?な感じ。これを添付?のポン酢を浸けて食べるのだが、そこは流石に”しゃぶしゃぶ専門店の木曽路”!って事もあってか、お肉も柔らかくて中々旨い!下手なお店のしゃぶしゃぶ肉とは一味違う!後はポン酢がもうちょっと美味しかったら言う事は無い?と言う感じではあったけど・・・。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の牛肉陶板焼
ちなみに”牛肉”の下には、白菜やエノキを初め、この様な大き目カットの玉ねぎ等、結構な量の野菜が盛られていて食べ応えも十分。これらの野菜も焼いたと言うよりは、蒸した様な?温野菜っぽい感じの味だったけど・・・。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の天ぷら
そしてこちらが後から運ばれて来た”天ぷら”で、その内容はと言えば”海老とレンコンとカボチャに獅子唐”で、特にどうって事の無い”天ぷら”ではあるが、揚げ立て熱々だし海老天の身もプリッとしていて普通に美味しいかった
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の茶碗蒸し
そしてこちらは見たまんまの”茶碗蒸し”で、これまた内容的には極々普通だが”鶏肉と椎茸”等の具もちゃんと入っているし、当然の如くこちらも熱々だったので、普通に美味しい茶碗蒸し”ではあったが。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠の味噌汁
ちなみにこちらは”妻籠”ランチに付いていた”味噌汁”だが、流石にこちらの”味噌汁”は極々普通で特に語るべき点の無い”味噌汁”だったかな。
 
しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路/妻籠のデザート
で、食後にはデザートも付いていて”妻籠”ランチでは”バニラアイス”か”抹茶アイス”が選べるとの事だったので、私の好きな”抹茶アイス”を選択。これまた良くあるタイプの”抹茶アイス”ではあったが、温かい”牛肉陶板焼”を食べた後!って事で、中々美味しかった
 
てな事で、今回は明石にある、しゃぶしゃぶと日本料理のお店『木曽路/明石店』に行って来たのだが2000円のランチの割にはそれなりに色んな料理が出て来て、そこそこ楽しかったかな?となると、当然?の如く、この日食べなかった”すきやき定食”も気になるし、”しゃぶしゃぶ”も食べてみたい!それより何より、今が旬の”とらふぐ”のコースでも・・・、と言う話も出て居るので、また近々このお店に来る事になるかも・・・。ま、個人的にはその前に、何処のお店でもエエから”蟹が食べたい!”と思うのだが、このお店には流石に””は無さそうなので、他のお店に行く事になるのかも・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.