義史のB型ワールド

2011年12月3日

先日行われたB-1グランプリ姫路で食べた”四日市とんてき”。やっぱ本物?は旨い!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:05 PM
 
代理人記録
 
今回行われた『B-1グランプリ in 姫路』で、個人的に一番食べたかったのが、先にも書いた様に”四日市とんてき”。今年の2月頃に、加古川の明姫沿いにオープンした洋食屋さんで”トンテキ”を食べて以来、個人的にちょっとしたマイブームになっていて、最近でも”姫路のレストラン播磨の里”で食べたり、”かごの屋のランチ”で食べたり、果ては”宮本むなしの期間限定メニュー”でも食べたりしているのだが、そうなるとやっぱり、元祖とんてき?とも言われている、三重県四日市のご当地グルメ?”四日市とんてき”を食べずして”トンテキ”は語れ無い!って事で、楽しみにしていたのだった。
 
と書いてふと思い出したのが、数年前に”カレーハウスCoCo壱番屋でトンテキカレー”を食べた事・・・。そう言えば、CoCo壱番屋と言えば名古屋が本拠地なので、四日市も直ぐ近く・・・、って事で、ある意味、ご当地カレー?を目指していたのかも知れない・・・。
 
四日市とんてき
で、先にも書いた様に、会場に着いてゐの一番に四日市とんてき”の列に並ぼうとしたら、料理の提供が追い付かない?って事で、行列制限が出来ていたので、先に隣にあった”かほく冷たい肉そば”を食べて時間を調整した後、再び、列の最後尾にやって来たら、未だ行列制限とかが続いている。何じゃそりゃ・・・、と思ってスタッフの方に後、どれぐらいかかんねん?と尋ねると、もう間も無く・・・、と言う事だったので、その場で待っていると2、3分ほどして行列制限解除となったので、早速、列に並ぶ事に・・・。
 
四日市とんてきB-1四日市とんてき協会
で、行列制限が出来ていた割には列は順調に進んで、結局の処、10分少々並んだだけで無事に”四日市とんてき”の売り場に到着!最初の行列制限は何だったんだ!って感じ。ま、ブースの中を見ると物凄い大勢のスタッフが居るし、”四日市とんてき”は基本的には豚肉を焼くだけ?の簡単調理なので、他の料理に比べて回転は良い方なのだろう・・・。
 
四日市とんてき
ちなみに”四日市とんてき”のブースでは、列に並んでいる間にお茶のサービスがあったり、またこの様な”四日市とんてき”の紹介ポスター等が数多く並べられていた。それを読むと、今回の”四日市とんてき”は”みえ豚”を使ったスティックタイプのとんてきで、しかも四日市萬古焼(ばんこ焼)の陶板を使って焼いているとの事。ちなみに”みえ豚”とは”三重県内3地域で飼養されていた銘柄豚(伊賀豚、鈴鹿高原豚、松阪豚)が統一”されて”みえ豚”と呼ぶようになったらしく、その特徴はと言えば”飼料に木酢酸を混ぜることにより、豚肉特有のにおいが少なく柔らかくなっている”との事。ふーん・・・、としか言い様が無いのだが、”松阪豚”ってのもあったのね?ってのが、ちょっと意外だったりして・・・。
 
四日市とんてき
で、いよいよ”四日市とんてき”のブースの売り場にやって来ると、そこにはご当地、四日市のお店まで出向くと食べる事が出来るのであろう?本物の?”四日市とんてき”の見本が置いてあった。以前、”姫路の播磨の里で食べたトンテキ”も中々楽しげだったが、流石に本物?は見た目も豪快だ!てか、”播磨の里で食べたトンテキ”は、ハンバーグがセットになったミニサイズ?だったので、大トンテキを頼めば、これと似た様な物が出て来たのかも知れないが・・・。
 
四日市とんてき
そして実際に手渡されたのが、こちらの”四日市とんてき”で、当然の如く?食べ切りサイズとなっていて、お値段は400円也。で、普段食べている?”トンテキ”にトッピングされているのはニンニクチップが多かったのだが、本物?の”四日市とんてき”にはニンニクの塊がそのまま添えられている。で、”とんてき”自体も、ポスターに書いてあった通り、スティックタイプとやらで、食べ易い様にカットされている。ちなみに今更であるが”四日市とんてき”がどんな物かと言うと、商品の説明に寄ると”分厚く切った豚肉を、ラードで焼きあげ、ニンニクと 黒っぽい色の味の濃いタレで味付けしたもの”との事。
 
四日市とんてき
と言う訳で、早速”四日市とんてき”を食べてみると・・・、ウマい!!!流石にご自慢の”みえ豚”だから?かどうかは、判らないが、お肉はとっても柔らかで、以前”宮本むなしで食べた豚テキ”の歯応えのある豚肉とは雲泥の差の柔らかさだ。そして適度に絡められた特製のタレが、これまた旨い!はっきり言って、トンテキ用のタレさえあれば、家でも作れるのでは無いか?と思ったりはしていたのだが、流石にこの柔らかいお肉と特製のタレの組合せは中々、真似出来ない?のだろう・・・・・・、か????
 
てな事で、今回行われた『B-1グランプリ in 姫路』で個人的に一番食べたかったのが、この”四日市とんてき”だったのだが、流石に本物?のトンテキは中々美味しかったので、気持ち的には、もう一皿追加したい気分もあったのだが、そこは数多くの全国のご当地グルメのお店が並んでいるB-1グランプリ本選の会場!って事で、これからゆっくりと、会場内を散策して廻るのだが、その話はまた後程・・・(おっと、先に書いたんだっけ?)。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。