義史のB型ワールド

2011年11月24日

久々に行った”鮨の与多呂”!!!この日の変わり種?は”鯛の肝”だ!!!

Filed under: — 代理人 @ 10:02 PM
 
代理人記録
 
ここ最近、お鮨を食べに行くのはスシローが多かった・・・。ま、低価格で”大とろ三昧”出来るので嫌いでは無いのだが、やっぱ偶にはちゃんとしたお鮨が食べたい!と思っていた処に、久々にお鮨を食べに行く話が持ち上がった。となると向かう先は加古川市役所近くにある、当ブログではすっかりお馴染みとなった『鮨の与多呂』!てな事で、またまた『与多呂』に行って来たのでご紹介!
 
鮨の与多呂
こちらが約4ヶ月ぶりに行って来た『鮨の与多呂』。過去に加古川高砂近辺のお鮨屋さんに一通りは行ってみたが、はっきり言って、加古川近辺お鮨を食べに行くのはこのお店しか無い?と言う気がするぐらい、私の中ではお気に入りのお店なのだ。
 
鮨の与多呂/鯛の肝
で、何時もの様に”特上にぎり”を注文後、ウダウダと喋っていると唐突に?運ばれて来たのは、最近になって我々も漸くこのお店の馴染み客の仲間入りが出来た?って事で、サービスで運ばれて来た一品で、その内容はと言えば”鯛の肝”との事。”鯛の子”は昔からお馴染みだが、”鯛の肝”とは初めてのご対面だ!てな事で、まずは一切れを摘まんで食べると・・・、流石に””の王様である”フォアグラ”の様な旨みは無いが、まさにお酒のおつまみになりそうな珍味系のお味。これを口にしては、お酒を我慢する事は出来ない!てな事で、義兄はビールを、私は気持ちだけ味わう為にノンアルコールビールを注文!基本的に魚嫌いな私だったけど、中々美味しい”鯛の肝”だった。
 
鮨の与多呂/上箱穴子
そして間も無くして運ばれて来たのが、叔母が頼んだ”上箱穴子”。例に寄って、1つ味見で食べたけど、何時も通りの柔らかい穴子で中々美味しい
 
鮨の与多呂/特上にぎり
そしてこちらが、一度だけ”ちらし寿司”に浮気した事もあったけど、基本的にこのお店に来た時は何時も食べている”特上にぎり”で、お値段は3150円也。内容はと言うと握り鮨、6貫の他に、ウニの軍艦巻きと蒸し穴子の海苔巻が付いた全8貫で、これまた何時も通り。握り寿司のネタは、その季節季節に応じた旬の物に入れ替わっている事もあるのだが、基本的にはどの鮨ネタも新鮮で美味しい。そして握り以上に美味しいのが、ウニと蒸し穴子ウニは新鮮で変な癖も無く、甘くて美味しい。蒸し穴子も物凄く柔らかくてとろける様な感じで、これまた旨い!しいて言うと、海老が生海老だったら文句の付け様が無いのだけど・・・。
 
鮨の与多呂/特上にぎりのとろ
そして毎回、『与多呂』へ来た時の私のお楽しみと言えば、こちらの”とろ”。が、この日のトロは”大とろ”と言うよりも、どちらかと言うと”中とろ”に近い感じで、若干、脂のノリがイマイチだったけど、それでも口の中に入れると、そこそことろける感じはあり普通に美味しかった。でもやっぱり何時もの様な、メチャ旨の”大とろ”が食べたかったかも・・・。
 
てな事で、約4ヶ月ぶりに行って来た『与多呂』なのだが、相変わらずお鮨は旨い!それに加え、我々はランチタイム専門のお客さんだが、それでも結構な常連客?となって来たからか、時々サービスの1品が出て来たりするので、お楽しみも増えて来た。またお鮨が食べたくなったら、『与多呂』に行こうっと!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。