義史のB型ワールド

2011年11月10日

スシロー秋祭りに大とろ登場!って事で、またまたスシローで大とろ三昧?今回は何時もと違うネタも食べた!

Filed under: — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
何かここ最近、美味しい鮨・・・、と言うのか大トロを全然食べて無いぞぉ・・・。と思っていたら三ヵ月に一回のお楽しみ?とも言える『スシロー』の”大とろ”祭り?がまたまた始まった・・・。って事で、久々に”大とろ”を食べに出掛ける事に・・・。
 
スシロー秋の満腹祭第3弾
こちらが今回のスシロー秋の満腹祭第3弾の内容で、私のお目当ての”極上まぐろ大とろ”の他に、あんまり普段はお目に掛からない”貝柱トマトバジル”とか”赤えび とびこのせ”等の一風変わったメニュー何かもある。折角なので、今回は”大とろ”以外のメニューも食べてみよう!てな思いも込めての訪問だ。
 
スシロー高砂店
てな事で、こちらがまたまた行って来た『スシロー高砂店』で、この日の訪問は夕闇迫るディナータイムの時間帯なのだが、例に寄って店内は既にそこそこのお客さんで賑わっている。何と言うのか、回転寿司屋さんって相変わらず何時行っても結構賑わってるのよね・・・。ま、私の様に”大とろ”に釣られてやって来るお客さんも多いのかも知れないが・・・。
 
スシロー高砂店タッチパネル
そんな中、私が鎮座したのは今年のGW前後から『スシロー高砂店』にも導入されたタッチパネルが目の前にあるカウンター席。以前、店内が超大賑わいの時に来たら目の前にタッチパネルが無くて、私の好きなネタが注文出来なくて悔しい思いをしたので、今回は気兼ねなく好きなネタを注文出来る様に、タッチパネルの目の前の席に陣取ったのであった。
 
スシロー高砂店極上まぐろ大とろ
で、席に着くと、ほどなくして私の訪問を待ってたかのように目の前のレーン上に”極上まぐろ大とろ”が廻って来たので、すぐさま手にしたのが、こちらの”極上まぐろ大とろ”。当ブログで何度も書いて来た様に、”スシローの大とろ”にも、その時その時に寄って当たり外れがあるのだが、今回の”大とろ”は前回の夏の時と同じぐらいに中々エエネタの様で、口の中に入れると脂身が蕩けて中々旨い!値段が100円だと思うと十二分に美味しい大とろ”だ。
 
スシロー高砂店赤えびとびこのせ
続いて目の前のレーンを廻って来る寿司の中から手にしたのが、こちらの”赤えびとびこのせ”。ここ最近、『サンモール高砂店内にある鮮魚つりた』や、私のお気に入りの加古川にある鮨屋『与多呂』等で”ちらし寿司”を食べた際に、その上に載っているプチプチした物が中々旨かった?って事もあり、この”プチプチのとびこ”の味がどんな物なのか試してみたかったのだった。で、この”とびこ”の味であるが、確かにプチプチ感は、”つりたのちらし寿司”や”与多呂のちらし寿司”の物と似ている様な食感はある。が、やっぱ何かちょっと味が貧相?と言うのか、何かそんな感じ。あらためて”つりたのちらし寿司”のプチプチの旨さを実感したのであった。
 
スシロー高砂店いかの天ぷらにぎり
その次に食べたのは、こちらの”いかの天ぷらにぎり”で、普段であれば”えび天にぎり”を食べる処なのだが、先に”えびのにぎり”を食べた事や、目の前を廻って来たのを見たら、何と無く美味しそうに見えたので手に取ってみたのだった。で、早速この”いかの天ぷらにぎり”を食べてみると、レーンの上を廻っていたにしては、割と揚げ立て熱々で普通に美味しい。私のお気に入りだった『揚げ立て天ぷら定食のお店まきの』で食べる”いか天”も美味しいけど、この”いかの天ぷらにぎり”もまんざら捨てたもんじゃあ無いかも・・・。
 
スシロー高砂店貝柱トマトバジル
で、ここからはタッチパネルを使って別途オーダーした、今回のフェアメニューの中にあった寿司達で、まず最初に運ばれて来たのが、ちょっと見た目が鮮やかな創作寿司の”貝柱トマトバジル”。内容はと言えば、寿司のネーミング通り、寿司飯の上に貝柱とトマトを載せてバジルソースを掛けた、ちょっと洋風テイストな感じの創作寿司なのだが、これが意外と旨い!基本的には貝柱とバジルソースの味かな?と思うのだけど、トマトもちょっとした味のアクセントになっていて、単純に美味しかった
 
スシロー高砂店炙り赤えび塩レモン
そしてその次にやって来たのが、こちらの”炙り赤えび塩レモン”。先ほど食べた”赤えびとびこのせ”が”とびこ”は兎も角”赤えび”はそこそこ美味しかったので、炙ったらもっと美味しいのでは?と思って頼んだのだった。で、早速食べてみると期待通り、芳ばしさと旨みが増して、こちらも中々美味しかった。何せ私の大好きな『与多呂』の”特上にぎり”には生海老は入って無いからねえ。最近、生海老を食べるのは、”スシローに来た時だけ”?なもんで・・・。
 
スシロー高砂店極上まぐろ大とろスシロー高砂店極上まぐろ大とろ
で、ちょっと変わりネタ?が続いた処で、またまた”極上まぐろ大とろ”を食べる事に。ちょっと記憶が曖昧なのだが、多分、左側がタッチパネルでオーダーした”大とろ”で、右側が丁度同じ様なタイミングの時にレーン上を廻っていた”大とろ”。ご覧の様に自分でオーダーした物と、適当に廻っている物とではネタが違う。とは言え、この日の”大とろ”はどちらとも、そこそこに脂が乗っていて、一番最初に食べた”大とろ”同様に、中々美味しかったかな。
 
スシロー高砂店真鱈白子
そして再び、タッチパネルでフェアメニューの中から、これまたちょっと珍しいネタ”真鱈白子”を注文!白子と言えばフグが定番だが、流石に100円の回転寿司屋さんで、フグの白子がある訳は無く?、時々お目にかかる”真鱈の白子”の軍艦巻きだ。で上にゼラチン状のポン酢が乗っているのだが、これって我が家の冷蔵庫に入っているジュレぽん酢と同じ物なのかな?それは兎も角として、実際に口の中に入れていると、それなりにふんわりとした食感があり、中々美味しかった。100円で食べる白子としては十分合格ラインに達したお寿司かも。
 
スシロー高砂店極上昆布〆あんこう肝
そして”真鱈白子”と一緒に運ばれて来たのが、これまたちょっと珍しいネタの”昆布〆あんこう肝”。ちょっと前に神戸で食べた”フォアグラ”が凄く美味しかったので、同じ肝繋がりで”あんこうの肝”がどんな味なのか試してみたくなりオーダーしたのだった。が、しかし!やっぱ100円の回転寿司で出て来る一品?って事で、ちょっと癖がある味。先ほどの”真鱈白子”とは違い、こちらの”あんこう肝”はイマイチだったかな・・・。
 
スシロー高砂店極上まぐろ大とろ
てな感じで、この日はフェアメニューを中心に、色々食べたので十分にお腹が膨らんだので、そろそろ帰ろうか?と思った処にまたまた”極上まぐろ大とろ”が廻って来てので、最後の〆に・・・、って事で手にしてしまった。が、最後に食べたこちらの”極上まぐろ大とろ”は、雰囲気的にこの日食べた中では一番イマイチな脂のノリで、食べてみた印象はと言うとちょっと中とろっぽい感じだった。それまでの”大とろ”がそれなりに美味しくて良いイメージがあったのだが、最後の最後で、ちょっと失敗した?様な気分で会計ボタンを押したのであった。
 
てな事で、この日はまたまた”大とろ”に釣られて『スシロー』に行って来たのだが、最後の”大とろ”は兎も角として、全体的にはまずまずの”大とろ”、そして中々楽しい、ちょっと風変わりな種のフェアメニューのお寿司だったかな。次に『スシロー』に来るのは冬の”大とろ”祭り?の時かな?その前に、ちゃんとしたお店で”大とろ”の握りを食べてみたい気はするけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.