義史のB型ワールド

2011年10月29日

祭りの後・・・と言えば高砂駅前のお好み焼屋でプチ宴会!取り敢えず”にくてん”だけご紹介!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 4:15 PM
 
代理人記録
 
高砂神社の祭り見物を終えた後はと言えば、ここ数年、幼馴染の同窓生が集まって一杯酒を酌み交わす事が恒例となっている。が、今年は8台練りを最後まで観ていたので、ちょっと遅れて高砂駅前に行ってみると、駅前のお好み焼『木曽路』にお馴染みのメンバー(とは言え、今年はちょっと少なかったか?)が既に集って宴会が始まっている。って事で、遅ればせながらの参加となった。
 
そんな事もあり、既にみんなが頼んだ料理をただ戴くのみだったので、写真は全然撮る事も無かったのだが、その途中で料理の追加で”高砂名物にくてん”を頼んだので、ちょっと前の高砂万灯祭の日に食べた”高砂にくてん”との比較も兼ねて簡単にご紹介。
 
高砂駅前木曽路にくてん
まずは鉄板の上にお好み焼の生地をクレープ状に置いて、その上からキャベツと、にくてんの最大の特徴であるジャガイモを乗せる。ここまでは割りとオーソドックスな”高砂にくてん”の作り方と変わり無い。
 
高砂駅前木曽路にくてん
続いて、すじ肉とコンニャク、それに天かすの様な物をトッピング。この辺りの味付け具合が、お店毎に味に違いが出る最大のポイントかも知れない・・・。
 
高砂駅前木曽路にくてん
そしてトッピングの上から具のつなぎの為?のお好み焼の生地を少しかけ、その後ひっくり返して暫しの間焼く。その後、もう一度表を上にしてソースと青のりをかけると”高砂にくてん”の完成!
 
高砂駅前木曽路にくてん
そして出来上がったのが、こちらの”木曽路のにくてん”。他のお店や露店で売っている”高砂にくてん”は二つ折りにしている物が多いが、このお店では食べ易い様に?そのまま出しているとか、何かそんな話・・・。で、この後、人数分?と言うのか適当にカットして貰って食べたのだが、出来立て、焼立てって事でジャガイモのホクホク感に、すじ肉のコンニャクの味が相まって普通に美味しい。”万灯祭で売ってる様なにくてん”とは一味違う!とお店の方が云ってたけど、なるほど?と頷ける味だった・・・。
 
この後、午後9時45分頃まで宴は続いたのだが、お店の閉店時間が迫って来た事もあり、今年のプチ宴会はこれにて終了。と言いつつ、この後、少しだけ2次会をする事になるのだが、その様子はまた後程・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。