義史のB型ワールド

2011年10月27日

はなまるうどんと吉野家が一つになった!って事で、遅ればせながら食べに行ってみた。味的には・・・だったけど。

Filed under: 麺類と粉もん, — 代理人 @ 11:38 PM
 
代理人記録
 
先日から讃岐風セルフうどんチェーンの『丸亀製麺』や『讃岐うどんや』の事を書いているが、『丸亀製麺』の歴史を語る上で決して欠かす事が出来ないのが『はなまるうどん』の存在。昔から四国の讃岐うどんは超有名で、数年周期?あるいは定期的?に讃岐うどんブームが発生するのだが、最近の讃岐うどんブーム(第4次らしい)の火着け役とも言えるのが、この『はなまるうどん』では無いかと思う。その発端は、中ジョッキの生ビールが1杯1000円、あるいは餃子1人前500円と言う、関西人からはちょっと想像し難い物価指数の東京に於いて、”かけうどん”なら1杯100円と言う驚異的価格で、今から10年程前にお店を出し、一気に『はなまるうどん』ブーム、及び讃岐うどんブームを巻き起こしたのだった。その『はなまるうどん』の大成功を遠目で見ていたトリドールが、こりゃ行けるで・・・、と似た様な讃岐風セルフうどん店『丸亀製麺』を開いた・・・、と私は睨んでいる。
 
で、この前に紹介した記念すべき『丸亀製麺第一号店』が誕生した頃は、『はなまるうどん』は既に全国に100近い店舗数を数え、私もその頃、姫路に出来たはなまるうどん』の支店に、遥々と食べに行った物だった(何年か前、管理人さん一家とパソコンショップに行った際にも、昼飯を食べに行った事があるのだが・・・、覚えてるかな?)。が、その後は『丸亀製麺』の勢力拡大に伴い、徐々に形勢逆転!それに伴って『はなまるうどん』は吉野家グループの傘下に吸収されたのだった・・・(『吉野家』はその頃『びっくりラーメン』も傘下に入れたが、あちらは大失敗したけど)。
 
それから数年、『はなまるうどん』が吉野家の傘下・・・、って事で有りそうで無かったお店『はなまるうどん』と『吉野家』のコラボ店が、今年の9月に姫路飾磨に出来たので、祭り見物の序で?あるいは話のネタも兼ねて、遅ればせながら食べに行って来たのでご紹介!(ちなみに、コラボ店舗は全国初登場だが、何処かの高速道路のPAでは『はなまるうどん』と『吉野家』が出店している処があり、そこでは”はなまるうどん”と”吉牛”が一緒に食べる事が出来るらしい・・・。)
 
はなまるうどん/飾磨浜国通り店
こちらが今回行った『はなまるうどん』と『吉野家』の初コラボ店である『はなまるうどん飾磨浜国通り店』で、お店のある場所はミドリ電化姫路店を少し西側に行った処で、以前からあった『はなまるうどん』のお店を改装して、この度このコラボ店に生まれ変わった・・・はず・・・。で、知らない人が見ると『吉野家』と『はなまるうどん』の店舗が2軒並んでいる様にも見えるのだが、実際はそうでは無く、これで一つの店舗になっており、当然出入口は一か所しか無い。で、立地条件の良さや、お手軽価格なお店って事もあり、営業マンやワークマンな方々が引っ切り無しにやって来る超人気店?の様子。
 
ちなみに姫路には『はなまるうどん』の店舗が3店舗(現在は姫路郊外を含むと5店舗?)もあったのに対し、加古川・高砂近辺には『丸亀製麺』の勢力もあってか、中々進出して来なかったのだが、2008年?だったか、イトーヨーカドー加古川店が改装された時に、新しく誕生したフードコートの中に漸く出店!漸く、この近辺でもお手軽に”はなまるうどん”を味わう事が出来る様になったのだが、今となっては知名度も、味的にも『丸亀製麺』の方が上になってしまった?ので、今現在、敢えて”はなまるうどん”を食べに行く必要も無いかも・・・。
 
はなまるうどん/飾磨浜国通り店牛丼セットポスター
それは兎も角として『はなまるうどん飾磨浜国通り店』の入口にはこの様な「はなまるうどん」と「吉野家牛丼」をセットにした限定メニューである”牛丼セット”なる商品のポスターが置いてある。元々”はなまるうどん”でもメニューの中に”牛丼”はあったので、この組合せ自体はそれほど珍しくは無いのだが、その”牛丼”に吉野家ブランドが付いた事の価値は大きい!。って事で、当然の如く、今回はこの”牛丼セット”を食べる事に決定!!!ちなみにこの”牛丼セット”の内容はどんな物かと言うと、”ミニ吉牛”と”わかめ、とろろ昆布、ざる、ぶっかけ、温玉ぶっかけ、きつね”の6種類のうどん中から一つがセットになった物で、お値段はワンコインの500円との事。
 
話は変るが、その昔、未だ私が学生の頃、大阪にも未だそれほど『吉野家』のお店が数える程しか無く、当時は大阪では圧倒的に『なか卯』の方がお店の数の方が多かった。で、『なか卯』に行くと、『吉野家』では決して出来ない組合せである”牛丼とうどんのセット”が食べれたので、未だその頃は食欲旺盛な若者だった事もあり、好んで『なか卯』に行って”牛丼とうどんのセット”を食べていた物だった。でもその頃から、本当は”牛丼は吉牛”を、それにプラスして”うどん”が食べたい!と思っていたのだが、あれから約30年程経って漸く実現?した?って事かも知れない。出来る事なら、うどんは『丸亀製麺』の方が良かった???かも・・・。
 
はなまるうどん/飾磨浜国通り店店内
それは兎も角として、早速コラボ店の中に入ると、店内はこんな感じで、手前には『はなまるうどん』のコーナーがあり、その奥に『吉野家』のコーナーがある二段構えのお店・・・、ってか、雰囲気的にはショッピングセンターのフードコートの小さい版?みたいな感じ。で、当然の如く『吉野家』自体もセルフ形式になっている。一昔前ならセルフ形式の『吉野家』って珍しかったのだけど、最近は駅構内や、ショッピングセンターのフードコート等にも多く出店していて、セルフ形式の『吉野家』も偶に見かける様になって来たのだが、個人的にはセルフ形式の『吉野家』を利用するのは、30年以上に渡って吉野家』を利用している私でも初めての事だ。
 
で、上でも書いた様に、この日は表に看板があった”牛丼セット”を食べる事にしたのだが、それってどうやって注文するのかと言うと、まず最初に『はなまるうどん』の注文コーナーで”牛丼セット”を頼むと、そこで先にセットの”ぶっかけうどん”と”ミニ牛丼の札”だけを受け取り、続いて『はなまるうどん』の清算レジで会計を済ませ、その次に、先ほど貰った”ミニ牛丼の札”を『吉野家』の注文コーナーで見せると、”ミニ牛丼”が渡される・・・、と言うちょっと一風変わったシステムになっている。”牛丼セット”以外をセットで食べようと思うと、それぞれのレジで精算?しなければならないのかな?そこまで良く見なかったので、ちょっと違うかも知れないが・・・。
 
はなまるうどん/飾磨浜国通り店店内製造天カス
ちなみに”うどん”には天カスが必須!って事で、商品を受け取った後、セルフコーナーに行って天カスを入れようとしたら、綺麗に形が整った天カスの横に、この様な”店内製造天カス”と書かれた形がバラバラだけど、美味しそうに見えたのでそちらをチョイス
 
はなまるうどん/温玉ぶっかけうどん ミニ牛丼のセット
てな事で、こちらがこの日、私が食べた”牛丼セット”で、6種類のうどんの中から私が選んだ”温玉ぶっかけうどん”と”ミニ吉牛”のセットで、お値段はワンコインの500円也。ビジネスマンや学生さんにはちょっと微妙な量?にも見えるが、今の私にはちょうど良いボリュームな感じ。
 
はなまるうどん/温玉ぶっかけうどん
まず最初に手を付けたのは、こちらの『はなまるうどん』代表の”温玉ぶっかけうどん”で、単品価格だと税込で294円。”店内製造天カス”と薬味の”生姜”は後から自分でトッピングした物。内容的には極々有触れた”讃岐風ぶっかけうどん”に温玉をトッピングしただけのシンプルな物だが、私の好みで言うと、麺とお出汁ともに、ちょっと前に食べた”丸亀製麺の肉ごぼうぶっかけうどん”、あるいは”讃岐うどんやのすじ玉ぶっかけうどん”の方が美味しい様な印象。確かに値段的にトッピングされてる内容が全然違うのだけど、麺とお出汁だけを単純比較してもそんな感じだったかな。あらためて『丸亀製麺』に追い抜かれた事を実感?したお味だったかも・・・。
 
はなまるうどん/ミニ牛丼
続いて食べたのは『吉野家』代表の”ミニ牛丼”で、セットの差額計算をすると、この”ミニ牛丼”のお値段は206円?と言う計算か。ミニと言う割には私には必要十分な量があって、ある意味セットはお得かも。が、実際に食べてみると何かちょっと煮詰まった感のある辛い味で、何時もの”吉牛”の美味しいタレの味がし無い・・・。もしかすると”吉野家の牛丼”と言うのは名ばかりで、以前からメニューにあった”はなまるうどんの牛丼”だったりして・・・(んな訳は無いと思うけど・・・)。
 
てな事で、この日は9月の中旬頃に姫路に誕生した『はなまるうどん』と『吉野家』の初コラボ店に行って、このお店限定メニューである”牛丼セット”を食べてみたのだけど、単に”はなまるのぶっかけうどん”と”ミニ吉牛”がセットになっただけの、どうって事の無いメニューだった。どうせなら、ぶっかけうどんの上に”吉牛の具”をそのままトッピングするとか、もっと大胆なメニューが食べたかったかも・・・。と言う事もあり、取り敢えず、面白半分?でコラボ店に行ってみたけど、お店のある場所とその内容を考えると、今のままのメニューである限り、当分の間、私がこのお店に行く事は無いだろう・・・
広告

遅ればせながら飾磨の恵美酒宮神社の秋祭りの様子をご紹介・・・。

Filed under: 祭り — 代理人 @ 8:04 PM
 
代理人記録
 
少し前に”飾磨浜の宮天満宮の秋祭りの名物である台場差し”を紹介したが、その日の本来のお目当ては、その”浜の宮天満宮”の直ぐそばにある”恵美酒宮天満神社”の秋祭りの見物!って事で、遅ればせながら”恵美酒宮天満神社”の秋祭りの様子を簡単にご紹介・・・。
 
恵美酒宮天満神社秋祭り
我々が”恵美酒宮天満神社”に着いたのは午後1時半をちょっと廻った処で、丁度、最後の屋台が宮入をして来た処だった。以前紹介した”浜の宮天満宮の台場差し”と同様に、こちらの”恵美酒宮天満神社”では練子24人だけで屋台を担ぐ台場練り”が披露されるのだが、全ての屋台が既に宮入をしていた事もあり、今年は残念ながら”台場練り”を一度も見る事は出来なかった・・・。
 
で、この後、我々は先に紹介した”浜の宮天満宮の台場差し”の見物へと出掛け、再び”恵美酒宮天満神社”に戻って来たのは午後3時半頃。そこから暫くの間、屋台の宮出を見ながら、練り合わせが始まるまでのひと時を過ごす事に・・・。
 
恵美酒宮天満神社秋祭り
そして午後4時過ぎ、遂にその時がやって来た!神社前の練場で屋台の練り合わせが遂に始まったのだ。この後、午後7時過ぎまでの間、途中休憩の無くほぼノンストップで練り合わせが続くこの連続性と、一度担ぎ上げた屋台は余程の事が無い限り落とすことの無い練り合わせが魅力で、毎年、この神社まで祭り見物にやって来るのだった。
 
恵美酒宮天満神社秋祭り
で、この”恵美酒宮天満神社”には今現在8台の屋台があるのだが、8年に1度の本神事には御旅所で8台の練り合わせが行われる物の、神社前の練場での練り合わせに於いては、最近は5台以上の練り合わせが行われる事が無い。一説に寄ると警察からの申し伝えで練り合わせは3台までとし、4台以上の練り合わせになった場合は、即刻離れる事?とか言う話になっているのだとか・・・。流石?飾磨警察署が直ぐ近くにある神社ならではの事か?
 
恵美酒宮天満神社秋祭り
そしてこちらは午後6時近くになった練り合わせの様子。段々と夕暮れが迫り、我が携帯電話のカメラでも動き廻る屋台をピンボケせずに捉えるのが限界になって来た。ちなみにこの写真がそれなりに綺麗に撮れてる?のは、TV中継用のライトのおかげ?でもある・・・。
 
恵美酒宮天満神社秋祭り
もう一枚、午後6時頃に撮った写真をご紹介!この日は日曜日の夜!って事もあってか、神社前の練場には例年以上の観客でごった返していて、屋台が迫って来ても中々動けず?と言うのか、動く事が出来ず、危ない場面が何度かあった。ま、それが一つの祭りの楽しみ?とも言えるのだけど・・・。
 
恵美酒宮天満神社秋祭り恵美酒宮天満神社秋祭り
てな事で、午後7時過ぎ、まだまだ練場には屋台も残っているし、また各町それぞれの街角で、これまた練り合わせが行われると言う話もあったのだが、私の携帯電話のバッテリーが切れた?と言う事とは関係無く、神社前の練場での練り合わせも、一通り終わった様で、屋台が1台、2台と帰路に着いた処で、我々も引き上げる事に・・・。それにしても昨年は雨に祟られ私も見物に来なかったのだが、今年は晴天にも恵まれ、中々楽しい練り合わせを見せて貰った。やっぱ”恵美酒宮天満神社”は見応えがありまっせ!来年も晴れてたら、また観に来る事にしよっと・・・
 
今日現在、播州地区の秋祭りはほぼ全て終わってしまったが、こうして、私の中での今年の祭りシーズンが始まったのであった。何時もの如くのスローペースな更新で、申し訳無い・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.