義史のB型ワールド

2011年9月22日

叔父と叔母が王将の餃子が食べたい!と言うので、姫路に出来た大阪王将に行って来た!

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 10:47 PM
 
代理人記録
 
この日は急に叔父と叔母が”王将の餃子が食べたくなったから連れて行って欲しい・・・”と言って来た。何時もならば、もうちょっと上等な物?を食べに行く処なのだが、”王将の餃子”と名指しなので、こればっかりは致し方が無い・・・。でも何か普通に”餃子の王将”じゃあブログネタ的にも面白く無い・・・。って事で、王将は王将でも最近この近辺にも増えつつある『大阪王将』に行ってみる事にした。
 
大阪王将/姫路市役所南店
てな事で、こちらが今回やって来た『大阪王将/姫路市役所南店』で、2年ぐらい前に『明石大久保店』がオープンしたのに続いて、昨年の秋頃に姫路市役所の直ぐ南に出来た大阪王将』のお店だ。姫路には『京都王将』の店舗は山ほどあるが『大阪王将』は今の処、このお店のみだ。で、この時は間も無く正午になると言う、ランチタイム直前の時間帯って事もあって、既に店内は大勢のお客さんで賑わっている。が、店内を見渡すとテーブル席にはまだまだ空席がある。どうやらホールのスタッフの数が足りて無くて、対応が出来ない様だ。そんな訳でお店入って直ぐの処で約5分ほど待たされてしまった。何と無くだが『王将』の割にちょっと要領が悪い様な気がしたのだけど・・・。
 
大阪王将/姫路市役所南店お得ボード大阪王将/姫路市役所南店餃子の日

で、しゃあ無しにお店入口の処でウロウロしていると、案内のボードには”餃子の日”と書いてある。更に席に着いてからメニューを見ていると、その中にも”餃子の日”と書かれたメニューを発見!要は毎月第一・第三の木曜日、『大阪王将/姫路市役所南店』では餃子1人前通常価格210円のところ、160円になるらしい。元々、お値段の安い”王将の餃子”なので、金額的には大した事では無いが、何かちょっと嬉しい・・・。
 
大阪王将/元祖焼餃子メニュー
そしてこちらはメニューの中に載っていた”元祖焼餃子”のメニュー写真。元々、『大阪王将』と『京都王将』は一つの『王将』だった事もあって基本的には”京都王将の餃子”とは変わらないのだが、何かメニュー写真を見ていると、やけに美味しそう?に見える気がするのだが・・・。
 
大阪王将/逸品メニュー
で、当然”餃子”だけでは物足りない?って事で、逸品物のメニューの中からオーソドックスに”海老のチリソース”と”酢豚”も注文。個人的には”海老チリ”よりも『京都王将』系ではあまり見た事が無いメニューである”海老の特製マヨネーズ”の方が食べたかったのだが・・・。
 
大阪王将/元祖焼餃子4人前
そんなこんなで、ランチタイムど真ん中って事で、料理を注文後、ちょっと時間が経ってからまず最初に運ばれて来たのが、こちらの”元祖焼餃子”4人前で、この日は上でも書いた様に”餃子の日”で1人前160円なので、4人前を食べても640円也。ご覧の通り、普段良く行く”京都王将系の店舗の焼餃子”と大差は無い。が、何かこの日、テーブルの上に置いてあった餃子のタレが、何か美味しく無い・・・。”京都王将系の餃子のタレ”とは全然違う味だ。2年ぐらい前に『大阪王将/明石大久保店』に行った際にも餃子は食べたのだけど、こんなタレだったけ?と言う、ちょっとイマイチなタレだった。ま、最終的には”餃子の王将”ではちょっと珍しい味噌ダレが置いてあったので、その味噌ダレを混ぜて味を調整して食べたのだった。
 
大阪王将/海老のチリソース
で、餃子を食べていると続いて運ばれて来たのが、こちらの”海老のチリソース”で、お値段は690円也。この”海老チリ”も以前『大阪王将/明石大久保店』で食べた”海老チリ”と何か見た目もちょっと違う様な気が・・・。で、そのお味はと言えば、パッと見た感じはちょっと辛そうだったけど、思った程の辛さでは無い。海老は思ったよりも大き目で、身もぷりぷりとしていて普通に美味しい。ただ全体的には割とオーソドックスな”海老チリ”だったけど・・・。
 
大阪王将/酢豚
そして次に運ばれて来たのが”酢豚”で、こちらもお値段は690円也。昔の王将のイメージでは690円出せば”酢豚定食”辺りが食べれそうな気がするが、『大阪王将』はちょっと値段が高め?って事もあって単品で690円もする様だ。とは言え、この酢豚が中々旨い!写真ではちょっと判り難いのだが、豚肉も結構大き目カットで意外とボリュームがある上に、シャキシャキ感の残った玉ねぎも甘味があって美味しいし、何よりオーソドックスな味付けなのだが、この甘酢?が美味しくて、この日食べた料理の中ではダントツの旨さだった。
 
大阪王将/冷やし中華セット
そしてこちらは、叔父がどうしても”冷やし中華”が食べたいと言う事で頼んだ”冷やし中華セット”。”チャーハン”は不要だったのだが、既に”冷やし中華”は8月一杯で提供が終わっていて、偶々、この日の日替りセットが”冷やし中華セット”だったので、セットで頼んだのだった。ちなみに私はこの”冷やし中華”を全く味見して無いので、味に関しては全く判りません・・・。
 
大阪王将/ミニチャーハン
そしてこちらが、その”冷やし中華セット”に付いていた”ミニチャーハン”で、ミニとは言え結構なボリュームがある。で、当然、作り立て熱々のチャーハンで、具の中に細切れされた焼豚も沢山入っていて中々旨い!”京都王将より大阪王将の方が美味しい!”と言う都市伝説があるのだが、”チャーハン”に限っては?まさにその言葉がぴったり当てはまる?と言う、中々美味しいチャーハンだった。
 
てな事で、この日は”王将の餃子”を食べる為に、ちょっと足を延ばして姫路にある『大阪王将』まで行って来たのだが、最大の目的であった”餃子”は、タレの味が『京都王将』系と違っていたので、何かちょっとイマイチ?だったかな?学生時代は大学の近くにあった『大阪王将』に良く行っていたのだが、社会人になってからは、大阪在住の頃も京都在住の頃も『京都王将』ばかり行っていたので、私の口が、すっかり『京都王将』の味に染まってしまったのかも知れない・・・。ま、上でも書いた様に”餃子”本体?はどちらのお店も似た様な物だと思うが、やっぱタレの味って結構重要なのね・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。