義史のB型ワールド

2011年8月27日

お店が広くなってから初めての一平で、またまたカツライスを食べた!久々だったけど、やっぱり旨い!!!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:25 PM
 
代理人記録
 
急遽行って来た有馬温泉1泊2日の旅を終え、家に帰って来たのは未だ午後12半頃。しかし朝食をたっぷり食べた為、全然お腹が空かない。昼飯の代わりに有馬温泉へ行く前に立ち寄った山陽自動車道三木SAで買った”ブリュレドサンク”を食べただけでその日のランチは終わり・・・。って事で、その日の夜、再び全員集まって久々に伊保にある”一平のかつめし”を食べに行く事になった。
 
すし・かつめし一平
こちらが久々に行って来た『すし・かつめしの一平』で、当ブログでもすっかりお馴染みのお店であるが、10数年前、にわかに”かつめし”が加古川名物として話題になる前は、高砂市民は”かつめしは高砂名物?と言うか、一平名物”だと長い間思っていたぐらい、高砂市民に密着したお店だ。そんな事もあり、数年前までは2、3ヶ月に一回ぐらいの割合で行っていたのだが、最近は諸事情もあり、一気に訪問回数が減って来て、調べてみると今回の訪問は実に1年4ヶ月ぶり?の事であった。ま、お店の前は週に2、3度は通っているので、そんなに行って無かったとは全然気が着かなかったのだけど・・・。
 
すし・かつめし一平店内
そしてこちらが『すし・かつめしの一平』の店内で、お店の奥には、今年の初め頃?だっけに増築した新しいお部屋が見える。が、我々は何時もの如く、道路側の何時もの席に座る事に。実は、この数日後にも『一平』に行って来たのだが、その日も先客があった事もあり、何時もの席に座ったので、全然、奥の新しい部屋とは縁が無いのだった・・・。ブログネタ的には新しい部屋の様子を見てみたい気がするのだけど・・・。
 
すし・かつめし一平のカツライス
で、この日、私が食べたのは、何時もの如く”かつめし”では無く”カツライス”で、お値段は1110円也。何故、私が”一平の名物である’かつめし’”では無く”カツライス”(実際には”ビフカツ”と”ライス”の2品なのだが、お店では”カツライス”で通じる)を頼むのかと言うと、以前にも書いた事があるのだが、”かつめし”だと付け合せが”かつめし定番のボイルしたキャベツ”なのだが、”カツライス”(”ビフカツ”)には、生キャベツサラダとポテトサラダが付いて来るので、敢えてこちらの”カツライス”を頼むのであった。その分、値段的にはちょっと割高になるのだけど・・・。
 
すし・かつめし一平のカツライス
そしてこちらが”カツライス”のメインである”ビフカツ”で、単品価格は900円なので、この一品だけで”かつめし840円よりも高い。で、”ビフカツ”及び、その上に掛かっているタレは”かつめし”と同じタレなので、”ビフカツ”と一緒にライスを食べると、普通に”かつめし”の味なのだ。で、久々に食べた”カツライス”なのだが、相変わらず旨い!肉自体はそれほど大した事は無いのだが、ややチープな食感のする、カツの衣、そして何より、『一平』の命とも言える、ちょっと甘目の”かつめしのタレ”が”ビフカツ”や”ライス”に馴染んで物凄く旨いのだ!やっぱ慣れ親しんだお味には、何かホッとした気分になりますねえ・・・
 
てな事で、1年以上『一平』と遠ざかっていた・・・、と言うか今年になってからあまり”かつめし”自体を食べに行って無かったのだが、久々に食べた”一平のカツライス”はやっぱり美味しかった。そんな事もあり、後日、またこの”カツライス”を食べに『一平』に行ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。