義史のB型ワールド

2011年8月25日

有馬兵衛の向陽閣へ~♪、はこんなお宿。1泊だけじゃあ勿体無い?!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 11:41 PM
 
代理人記録
 
小一時間程の有馬温泉街散策を終え『有馬温泉兵衛向陽閣』に戻って来たのは午後2時15分過ぎ。本来であれば未だチェックタイム時間まで後15分ほどあるのだが、我々は早くから到着していた?って事もあり、戻って来るなり直ぐに部屋に案内される事となった。
 
有馬兵衛向陽閣
と、その前に・・・、こちらがあらためてご紹介する、この日泊まったお宿である『有馬温泉、有馬兵衛向陽閣』。数年前はTVのCMで良く耳にした事がある、お馴染みのお宿であるが、流石にそれだけの年数が経ってる?って事もあって、全体的に?と言うのかあちらこちらに草臥れた感が滲んでいる。そしてこの道路の下から見た時は、その全貌が見えなくてそれほど大きな旅館でも無いのかな?と思ったのだが、実際にチェックインすると、館内は結構広くてうかうかしていると迷子になりそう?なぐらいの旅館?だった。
 
有馬兵衛向陽閣_ロビー待合コーナー
で、こちらは『有馬温泉兵衛向陽閣』に到着した時のロビーの様子で、流石に我々が最初に到着した時は、ロビーには客の姿は全然無かったのだが、チェックインタイム直前の午後2時半前には、結構大勢のお客さんでロビーは賑わっていた。お盆前なのに、みなさん結構やって来ているのね・・・。
 
有馬兵衛向陽閣_客室廊下
てな事で、ロビーから客室まで案内のおねえちゃんに着いて行くのだが、ロビーは南館の1Fなのだが、宿泊するお部屋は北館の12Fで、一度、南館の8Fまでエレベータで上がり、そこから北館に繋がる渡り廊下を渡って北館へ行った後、またまたエレベーターで12Fまで上がると言う、何か一人で館内をうろついたりすると、迷子になって帰って来れない?様な迷路状態。ちなみに上の写真は泊まった部屋の前の廊下から西館方面を見た様子。廊下が延々と続いていて先がどうなっているのか良く判らないのだが、今回は西館の方には用が無かったので、結局、西館は謎のまま帰って来たのであった。
 
有馬兵衛向陽閣_館内案内マップ有馬兵衛向陽閣

ちなみに上の写真の左側は『有馬温泉 兵衛向陽閣』の館内マップで、右側の写真は、先ほどの渡り廊下の窓から西館を見た様子。我々が渡った、北館への渡り廊下と並行して、西館に繋がる渡り廊下も見える。何か、この旅館館内で探偵ごっことか、鬼ごっこをしたら楽しそう?な気がする。
 
有馬兵衛向陽閣_エレベーターから見た景色有馬兵衛向陽閣_部屋から見た景色

そしてこちらの写真は、左側は北館のエレベーターから見た有馬温泉の中心地の様子(手前の下の方に見えるのは『兵衛向陽閣』の南館)で、先ほど、我々が散策して来た一帯で、右側の写真は案内されたお部屋から東側を見た様子で、有馬温泉の高台の方にも数多くの旅館やホテルの姿が見える。流石、関西の代表格とも言える温泉地だ!と、あらためて実感!!!
 
有馬兵衛向陽閣_客室有馬兵衛向陽閣_客室有馬兵衛向陽閣_客室

そしてこちらがこの日、宿泊するお部屋で、玄関を入って直ぐの処には4人掛けの応接セットがあり、その向こうには腰が悪い叔母の為に簡易ベッドを用意した小部屋があり、更にその奥に畳み十二畳ぐらいのメインのお部屋があった。流石に、数年前に泊まった、『福井県山代温泉ホテル百万石の梅鉢亭』のお部屋にあった、膝ぐらいの高さまで盛り上がった座布団は敷いて無かったが、中々広々としていて、ゆっくりくつろぐには持って来い?のお部屋。ただし、先にも書いた様に、部屋の中をあちこち見て廻ると、若干の年季を感じずには居られ無かったけど・・・。
 
有馬兵衛向陽閣_お茶菓子有馬兵衛向陽閣_お茶菓子

そしてこちらは泊まったお部屋に用意されていた”お茶菓子”で、一つは温泉ならではの温泉まんじゅうで、もう一つは普通のお菓子みたいな物で、有馬温泉名物の炭酸せんべいの姿は無し。ま、炭酸せんべいを出されても全然嬉しく無いのだけど・・・。で、何で2種類あったのか、ちょっと記憶が定かでは無いが、今食べるとディナーに差し障る?って事で、結局、2品ともお土産代わりにお持ち帰りして家で食べたのであった。ちなみに、右側のお茶菓子には、ちょっとピリ辛い黒豆?みたいな物も添えられていて、そちらはお部屋で食べたのだが、何かビールのおつまみになりそうな味で、そちらも中々美味しかった。
 
で、この後、しばし部屋で休憩した後、先ほどの温泉街散策でかいた汗を流す為に、早速、露天風呂へと向かうのだが、その話はまた後程詳しく・・・。
 

有馬兵衛向陽閣_縁日コーナー

で、こちらはこの旅館のとある一室で開催されていた”縁日会場”の様子で、最初は無料でガラガラ抽選が出来るって事で、ディナータイムの後に様子を見に行ったのだが、一番奥のコーナーで、昔懐かしい、射的コーナーがあったので、思わずお金を払って射的をしてしまった。残念ながら、私は全然当たらなかったのだが、甥っ子が見事、日本酒の小さなボトルを当てて、この後、部屋に戻って祝勝会を開いたのであった。ちなみにガラガラ抽選会で当たったのは、お部屋のお茶菓子に無かった、炭酸せんべい。こちらも家に持って帰ってから食べたのだけど、やっぱ炭酸せんべいは炭酸せんべいの味でした・・・。
 
有馬兵衛向陽閣_阪神淡路大震災その時展示会場有馬兵衛向陽閣_阪神淡路大震災その時展示会場

で、日付は変わって翌朝の朝食後、これまた館内の別の部屋で展示されていた”阪神淡路大震災その時”と題された写真展?を見学。今年起きた、東北大震災ですっかり影が薄くなってしまったが、我々には忘れがたい阪神淡路大震災が発生した時には、このお宿にも、約630名ほどの宿泊客が居たらしく、その日の様子やら、壊れた旅館の様子が貴重な写真で飾られていた。真ん中のテーブルには、当時の神戸新聞も展示されていて、今更ながら、あの日の恐怖?を再認識したのであった。
 
有馬兵衛向陽閣_ありまサイダーてっぽう水
そして有馬温泉と言えば”有馬温泉は日本のサイダーの発祥地”?って事で、やはりサイダーを飲まずして有馬温泉は去れない・・・、って事で、チェックアウトする直前に飲んだのが、こちらの”ありまサイダーてっぽう水”で、商品案内によると”地サイダーブームの火付け役的存在の有馬サイダー”との事。更に説明を読むと”昔のサイダーのように飲むと「ゲップ」が出るほど炭酸がきついのが特徴”らしい・・・。とは言え、我々は結構、サイダー世代だし、コカコーラ等の強炭酸のドリンクを昔から数多く飲んで来た!って事で、それほど、刺激のある炭酸のきつさだとは思えず、普通に、昔長柄の懐かしいサイダーのお味だったかな?
 
有馬兵衛向陽閣_AKB48炭酸せんべい有馬兵衛向陽閣_ロビー売店
そしてこちらは、前日の旅館到着時からちょっと気になっていた”AKB48の炭酸せんべい”。AKB48と言いつつパッケージに載っているのは5人だけだし、おじさん世代には、あまり馴染みの無い顔ぶれだったし、何より、幼い頃から食い飽きた炭酸せんべい!って事で、パッケージは気になった物の、結局、お土産に買う事も無く、旅館を後にしたのであった。
 
てな感じで、唐突に決まった有馬温泉1泊2日の旅はこうして、あっと言う間に終わってしまったのだが、露天風呂の様子や何と言っても一番のメインであるディナーの様子は未だ紹介出来て無いので、有馬温泉のお話はまだまだ続くのであった・・・。

有馬温泉無事到着!でもチェックイン時間までまだまだあるので、有馬温泉街中を散策!!!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 7:36 PM
 
代理人記録
 
山陽自動車道上り三木SAのレストランでランチを食べた後、いよいよ有馬温泉に向かって出発!途中、局地的豪雨に降られたり、六甲北有料道路を走るつもりが一般道に降りてしまったりと、色々あった物の三木SAから約40分で無事に有馬温泉に到着!
 
有馬温泉兵衛向陽閣
こちらがこの日のお宿で、その昔?TVのCMでお馴染みだった『有馬兵衛の向陽閣』。有馬温泉には午後1時過ぎに到着したのだが、旅館のチェックイン時間は午後2時半って事で、1時間以上時間がある。雨も上ってたので、取り敢えず旅館に車を停め、荷物も旅館に預けて有馬温泉の温泉街をぶらぶらと散策する事にした。
 
有馬温泉散策_ねねの像
有馬兵衛向陽閣』を出て太閤通り方面へ向かうと、直ぐそばにあったのが、この”ねねの像”と、その向こうにチラッと見えるのが赤い欄干の”ねね橋”。その昔、豊臣秀吉が有馬温泉に足繁く通った?って事もあり、有馬温泉の街中にはこの様な、太閤殿下に纏わる像や史跡があちこちにある様だ。
 
有馬温泉散策_川床
そしてこちらはその”ねね橋”から下を見た有馬川親水公園?の様子。そう言えば、私が有馬温泉に行った時はお盆前の夏日真っ盛りって事で、連日連夜、この場所で”有馬涼風川座敷”とやらが開催されている・・・、との事であったが、夜のディナーを食べて再び温泉に浸かってゆったりした頃は、そんな事もとっくに忘れて”有馬涼風川座敷”の様子を見に来るのを忘れていたのだった・・・。
 
有馬温泉散策_金の湯
そしてこちらが太閤通りから直ぐ上に上がった処にあった、有馬温泉のシンボル的存在とも言えそうな『金の湯』。我々のお馴染み?の城崎温泉や、その昔、私がスキーヤーだった頃に時々行った野沢温泉等では温泉街のあちらこちらに外湯があるのだが、有馬温泉はほとんどのホテルや旅館が内風呂で巨大な大浴場を備えている為に、この『金の湯』と、後で紹介する『銀の湯』、それに『太閤の湯』と呼ばれる温泉テーマパークしか無いらしい。で、我々も、宿泊予定の『有馬兵衛向陽閣』にりっぱな温泉が3つもある?って事で、『金の湯』も外から眺めただけなのだった・・・。ちなみにこの外湯は有料でおま。
 
有馬温泉ニュールンベルグお店有馬温泉ニュールンベルグ店内
で、『金の湯』の足湯や何やらを見ていると、直ぐその前にちょっとお洒落な立ち飲みバー、『ニュールンベルグ』と言うお店が目に留まった。三木SAでランチを食べた時は、私が運転手って事もありアルコールは飲めなかった事や、雨上がりでムシムシしていた事もあり、まだスタートしたばかりにも関わらず、ここでビールでも飲んで小休憩してから散歩する事に決定!!!
 
有馬温泉ニュールンベルグ生ビール
てな事で、こちらがその時に我々が飲んだ”生ビール”で、お店の案内を読むと”近郊のキリンビール神戸工場から直送されたビール”との事。やっぱ、ビールはキリンでんな!!!で、私はオーソドックスに普通の生ビールを甥っ子と義兄はそれぞれ、黒ビールとハーフ&ハーフを飲んだのだった。やっぱ、昼間の生ビールは実に旨かった!!!願わくば、温泉に浸かった直後にも飲みたかったのだが、それは叶わぬ夢だった・・・。
 
有馬温泉ニュールンベルグソーセージ盛合せ
そしてこちらは生ビール飲むのに、あてが無いのも寂しかろう?って事で、このお店の名物とか言う”ニュールンベルガーソーセージの盛合せ”を一緒にオーダー。ご覧の通りの本格的なソーセージで生ビールとの相性も抜群で、中々美味しかった。ちなみにこのお店の奥にはテーブル席が多数あって、日帰りのお客さんっぽい感じの方が、お食事をしていた。メニューを見ると、このお店ではカレーも自慢の一品とかで、そのカレーを食べている人が多かった様な気がする。
 
有馬温泉散策_昔の家有馬温泉散策_本屋

で、ソーセージを片手に生ビールを堪能した後、再び、温泉街散策に戻る。流石に古くからの温泉街?って事で、街中にはこの様な、昭和か大正?あるいは明治を思わせる様な、レトロなお家が沢山残っていた。ま、高砂町内にも未だこれに近い建物は残っている様な気がしないでも無いが・・・。
 
有馬温泉散策_予約が取れなかったホテル
そしてそのまま、どんどんと山の上?の方に向かって歩いて行くと、何やらちょっとお洒落で小奇麗な会員制のホテルが出て来た。何とこのホテルは、有馬温泉への旅行が決まった時に、某会社の保養施設とか何かで契約がされている事もあり、最初に予約を入れたのだが、残念ながら満室で予約が取れなかったホテルハーヴェスト有馬六彩』だ。我々が宿泊する『有馬兵衛向陽閣』は如何にも昔長柄の温泉旅館?みたいな感じだが、こちらは正反対に今風のちょっとお洒落な雰囲気のホテルで、何か気持ち的にはこちらのホテルの方が良かった?と言う気も少し起きた。でも大浴場や露天風呂等を見ると、やっぱり『有馬兵衛向陽閣』で良かったかも・・・。
 
有馬温泉散策_炭酸泉源有馬温泉散策_炭酸泉源井戸

そしてそのままタンサン坂?を登って行くと、間も無くして辿り着いたのが”炭酸泉源公園”で、その一番奥には”天然の炭酸水が湧き出している”と言う”炭酸泉源”の井戸?みたいな物がある。これが有馬名物、炭酸せんべいや、サイダーの元となった炭酸水との事。とは言え、この井戸の表面には虫の死骸や落葉が浮いていて、ぱっと見た感じは、あまり綺麗な物では無かったのだけど・・・。
 
有馬温泉散策_炭酸泉源説明
ちなみにこちらはその”炭酸泉源”の説明が書いてあるパネル。興味がある方は、写真をクリックすると拡大表示になる(はず)なので、そちらをお読み下さい。
 
有馬温泉散策_炭酸泉源試飲
で、先ほどの井戸?からは直接、炭酸水を飲む事は出来ない・・・、って事で、直ぐ近くにこの様な蛇口が付いた炭酸水飲料コーナーがあった。って事で、早速、その炭酸水を飲んで見ると・・・。うぇっ!!!何か炭酸の味と言うより、水道管に長い間、溜まっていた水の様な、鉄臭い味・・・。思わず口から噴き出してしまった・・・炭酸水飲むなら、先ほどの『金の湯』とかで飲んだ方が良かったかも知れない・・・。
 
有馬温泉散策_銀の湯
てな事で、”炭酸泉源公園”を後にして登って来た時とは別のコースで旅館の方に戻る事に。その途中にあったのがこちらの『銀の湯』で、先ほど紹介した『金の湯』が赤茶色した濁り湯であるのに対して、こちらの浴場は”無色透明無味無臭のお湯”との事。当然の如く?こちらも有料なので、我々は外から施設を眺めただけで、直ぐにこの場を立ち去ったのだけど・・・。
 
有馬温泉散策_太閤の湯殿館
そしてその『銀の湯』から少し下った処に『極楽寺』があり、そのお寺の境内にはこの様な『太閤の湯殿館』と言うのがあった。有料施設には滅多に入らない我々なのだが、入口に”無料開放中!”の文字を発見!無料ならば見ないで立ち去る訳には行かない!って事で早速入館。この『太閤の湯殿館』とやらは、阪神大震災で倒壊した極楽寺庫裏の下から発見された豊臣秀吉の『湯山御殿(ゆのやまごてん)』の遺跡?で、館内には「蒸し風呂」と「岩風呂」の遺構をそのまま取り込んで展示されている。が、残念ながら館内は写真撮影禁止だったので、その様子を伝える事は出来ない。興味のある方は、また有馬温泉まで行って頂戴!
 
有馬温泉散策_太閤の湯殿館の庭
ちなみにこちらは『太閤の湯殿館』の目の前にあった『湯ぶね庭園』の跡?こちらは外にあるので流石に撮影禁止では無かった。雨上がりの優しい日差しの中、猫が日向ぼっこしておりました。
 
そんなこんなしていると旅館のチェックインの時間に近づいて来たので『太閤の湯殿館』からは一目散で旅館の方へ向かう。ま、途中、これっと言って立ち寄りたくなる様な施設も無かったけど。
 
有馬温泉散策_周回バス
そして出発点である『有馬兵衛向陽閣』の玄関まで戻って来ると、有馬温泉に到着してから既に何度か目にした周回バス”が、またまたやって来た。多分、無料バスなので、最初に一番高い処まで乗っていって、下りながら散策してくればちょっとは楽出来たかも知れない・・・。
 
それは兎も角として、この後『有馬兵衛向陽閣』にチェックインして、温泉街散策でかいた大量の汗を温泉に浸かって洗い流すのだが、その話はまた後程・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.