義史のB型ワールド

2011年8月20日

ロイヤルホストでロイヤルターリと言うカレーのセットを食べた!もっと旨いかと期待したが、所詮、ファミレスの味?

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:22 PM
 
代理人記録
 
私は長年のJAFの会員である。大阪在住の頃に買った中古の某ターボ車は、色んなトラブルがあり良くJAFにお世話になったのだが、その後は新車で車を買っている為か、全然JAF様にお世話になる機会が全く無い。そんな事もあり毎年、解約しようと思いつつ、年会費を自動引き落としにしている為、何時の間にか更新時期が過ぎていてずるずると会員を続けているのだった・・・。
 
で、実際の処、車自体の事でお世話になる事はほとんど無いのだが、JAF会員には車の緊急時のサービス以外に、様々なサービスがあり、大阪在住の頃にはJAF会員カードを見せると映画館が割引になったり、あるいは和歌山マリーナシティーの入園料が無料だったりと、色んな処でサービスがある。そして毎月送られて来る会員誌には様々な割引券が付いていて、今回はファミレスの『ロイヤルホスト』の15%の割引券が付いていたので、滅多にファミレス系には行かない私なのだが、没にするのも勿体無い?って事で割引券を持って『ロイヤルホスト』に行ってみる事に・・・。
 
ロイヤルホスト割引券
ちなみにこちらがJAFの会員誌に付いていた”ロイヤルホストご飲食代15%割引券”。ただ今『ロイヤルホスト』では夏のカレーフェアをやっていると言う事で、この”15%割引券”の他にも、カレーを食べるとサラダとスープが無料になる券も付いていたのだが、取り敢えず、金額的に15%割引の方がお得だし、カレー以外にも使えるって事で、こちらの券を使うと言う思いでお店に向かったのだった。
 
ロイヤルホスト/姫路本町店
そしてこちらが今回行った『ロイヤルホスト/姫路本町店』。某会社勤めをしていた頃は、お手軽ランチの定番でもあったファミレスだが、最近は余り行く機会も無く、この近辺に『ロイヤルホスト』なんてあったっけ?と思って検索したら姫路のお城近くで見つかったので、この日こちらのお店にやって来たのであった。私が『ロイヤルホスト』に来たのは、4年ちょっと前に1ヶ月ほど和歌山に出張していた時、仕事を終えホテルに戻る前にみんなで夜飯を食べに行った時以来の様な・・・。
 

ロイヤルホストロイヤルターリメニュー

で、ランチタイムって事で、お得なランチメニューが沢山あったのだが、折角15%引きの割引券がある事や、この時は『ロイヤルホスト』では夏のカレーフェアをやっていたので、どうせ滅多に来ないであろう事から一度に色んなカレーの味が楽しめるロイヤルターリ”と言うカレーのセットを食べてみる事に・・・。
 
ロイヤルホストロイヤルターリ
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ロイヤルターリ”で、お値段は通常価格1554円の処、JAFの15%(233円)引きで 1321円也。ライスは大盛りでもOKとの事だったが、料理注文時は全体のボリュームがどんな物なのか、良く判らなかったので普通のままで注文。最近、巷に増えたインドカレーのお店で、1500円クラスのカレーのセットを頼むと鶏肉を焼いた物が一つぐらい付いているだが、流石にファミレス?流石に『ロイヤルホスト』?なのか、チキンは付いて無かった・・・、残念・・・。
 
ロイヤルターリ
ちなみに、上の写真入りメニューと若干被るのだが、参考までに”ロイヤルホストの公式サイトに載っていた”ロイヤルターリ”の商品説明の写真も乗せて置こう・・・。値段が2つ書いてあるのは、今時の流行に寄る、都会価格と地方価格がある為の様で、価格から判断すると姫路はお安い地方価格?の様だ・・・、って当たり前か?
 
ロイヤルホストロイヤルターリのパロタ
そしてこちらは今回食べた”ロイヤルターリ”のど真ん中に置いてあった、ナンでもチャパティでもクルチャでもトルティーヤでも無い”パロタ”と言う代物との事。で、”パロタ”って一体何じゃらほい?って公式サイトの説明を読むと”サクサク!モチモチ!の食感が人気の、「インドのクロワッサン」と呼ばれるパン”との事。更に”インドのほかにもマレーシアやシンガポール、中近東で「なんにでも合う主食」として、カレー、サラダ、スイーツなどとして食べられている”んだとか・・・。ちなみに”パロタ”は単品で1枚200円で追加?出来るらしい・・・。ま、1枚食べれば十分な気がするのだけど・・・。
 
パロタ
で、”ロイヤルホストの公式サイト”にはご丁寧に”パロタの食べ方”まで載っている・・・。が、しかし!!!公式サイトには載っているのだが、実際の現場?ではこの様な説明書きは一切無く、普通の”ナン”みたいに、適当にちぎってカレーに浸して食べたのだけど・・・。公式サイトに載せるより、料理の脇にでも置いて貰った方が親切だと思うのだけど・・・。
 
ロイヤルホストロイヤルターリのスパイシービーフカレー
それは兎も角として早速、3種類のカレーを食べる事に。まず最初に食べたのはカレーの定番中の定番とも言える”スパイシービーフカレー”で、先ほど紹介したメニューの説明に寄ると”黒胡椒の辛さと、玉ねぎで味付けした本格カレー”との事。で、このカレーのお味であるが、”ロイヤルホスト”では毎年カレーフェアをやっていて今年で29年目?って事で、気合が入っているからもっと美味しいカレーなのかな?と言う期待をしていたのだけど、実際に食べてみると、そこそこ美味しいのだけど、何かそんなレベル。ま、ご自慢のカレーはこのカレーの味とは違うのかも知れないのだけど・・・。
 
ロイヤルホストロイヤルターリのスパイシービーフカレーのビーフ
ちなみに”ビーフカレー”って事で、大きなお肉の塊がゴロっと入っていて、こちらのお肉は普通に美味しかった・・・。
 
ロイヤルホストロイヤルターリのマドラス風海老カレー
続いて食べたのは、こちらの”マドラス風海老カレー”と言うカレーで、これまたメニューの説明を読むと”魚介の旨味を引き出したカレーソースと、さらりとした辛さが特徴のカレー”との事。所謂シーフードカレー的な一品っぽいのだが、こちらも何か割と普通。特に何の印象も無く、食べてしまったかな・・・。
 
ロイヤルホストロイヤルターリのマドラス風海老カレーの海老
ちなみに”海老カレー”って事で、大きな海老の塊がゴロっと入っていて、こちらの海老は普通に美味しかった・・・。
 
ロイヤルホストロイヤルターリのヨーグルトチキンカレー
そして最後に紹介するのは、3種類目のカレーで”ヨーグルトチキンカレー”との事。これまたメニューの説明を読むと”5種類のフルーツとヨーグルトで仕上げたマイルドカレー”との事。確かにマイルド?な感じのカレーではあるが、こちらも先の2種類のカレー同様に、割と普通っぽい味だった気がする・・・。
 
ロイヤルホストロイヤルターリのヨーグルトチキンカレーのチキン
ちなみに”チキンカレー”、大きなチキンの塊がゴロっと入っていて、こちらのチキンは普通に美味しかった・・・。
 
ロイヤルホストロイヤルターリの玉子
で、こちらはライスの脇に添えられていた”ゆで玉子”。何でこのカレーのセットに”ゆで玉子”が必要なのか良く判らんが内容的にも味的にも極々普通の”ゆで玉子”だった。ちなみ”ゆで玉子”と一緒の添えられていた福神漬だと思っていた物は、実際に食べてみると何と無くラッキョをスライスした様な味の物で、こちらはちょっと変わっていて中々美味しかった
 
ロイヤルホストロイヤルターリのサラダ
そしてこちらは如何にもおまけで付いてます!と言わんばかりの”サラダ”で、ドレッシングも割とありきたりな味がして、こちらもあっても無くても良かったかな?と思う様な”サラダ”であった・・・。
 
てな事で”15%割引”に釣られて数年ぶりに訪れた『ロイヤルホスト』で、夏のフェアメニューである”ロイヤルターリ”と言うカレーのセットを食べたのだが、値段が平均的なファミレスよりちょっと高目な割に、カレーの味はやはりファミレスレベルだった様な気がする。この内容で、このお値段であれば、巷に溢れているインド料理のお店で素直にチキンとナンがセットになったカレーセットを食べる方がエエかも知れない・・・。

私の大好きなSF映画”X-MENファースト・ジェネレーション”を観て来た。若い頃のお話って事で馴染の顔は無いが結構面白かった!!!

Filed under: 映画 — 代理人 @ 7:01 PM
 
代理人記録
 
記事を書くタイミングがずれてしまったのだが、取り敢えず、この映画を観て来た!と言う記録を残す為に、遅まきながら書いておこう・・・。
 
時期的には7月初旬頃の話であるが、レイトショーで私の大好きなSF映画でもある”X-MEN”シリーズの番外編?と言うのか新シリーズ?とも言える『X-MENファースト・ジェネレーション』を観て来た。
 
X-MENファースト・ジェネレーション
こちらが少し前に観に行って来たSF超大作『X-MENファースト・ジェネレーション』。映画のサブタイトルから想像が着く様に、大ヒットSF映画『X-MEN』三部作の前段のストーリーで、大ヒットSF映画スター・ウォーズに例えるならば、如何にしてアナキンがダース・ベイダーになったのか?みたいな内容で、要は、如何にしてプロフェッサーXとマグニートーが友人同士から敵対する関係になったのか?を軸とした、いわばX-MEN誕生ストーリーなのだ。
 
てな事で、登場するのは若い頃のプロフェッサーXとマグニートーなので、所謂ピカード館長?の姿は無い・・・。てか、何でプロフェッサーXが頭ずる剥け・・・、じゃ無かった、車椅子に乗っているのか?とか、敵方のマグニートーが怪しいヘルメットを被っているのかそう言った謎?は解明される物の、役者さん的には、知った顔は全然出て来ない。唯一、映画の中盤辺りにカメオ出演で、ウルヴァリンや、後のミスティーク等がチラッと出て来るぐらい。
 
で、以前の話・・・、って事で時代設定はキューバ危機の頃で、ストーリー的にはキューバ危機を救ったのはX-MEN!と言う話にもなっている。そんな事もあり、新たなミュータントが大勢出て来て、全3部作にも負けず劣らずの迫力ある映像が楽しめるのだが、X-MEN誕生と言う割に、彼らよりも先に悪の軍団?が既にいた?みたいな処が、何かちょっと素直に受け止める事が出来なかった気がする・・・。全体的には面白い映画ではあったのだが、やっぱ主役級に馴染みの無い顔が全然無いのはちょっと寂しかったかも・・・。とは言え、この映画はそこそこ流行ったので、続編が出来るとか言う噂もチラホラ・・・、って続編ってX-MEN三部作じゃ無いの?と思わず突っ込みたくなるのだけど、それとは並行して『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』も続編が出来るらしいので、もう何が何だか・・・、みたいな。とは言え、新作が公開されたら、また観に行ってしまいそうな気がするけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.