義史のB型ワールド

2011年8月11日

何か偶に食べたくなる!って事で、久々にスガキヤラーメン食べて来た!序でにカレーライスも食べたけど・・・。

Filed under: カレー,ラーメン — 代理人 @ 10:45 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に、久々に”スガキヤのカップラーメン”を食べたら、無性に本物?の”スガキヤラーメン”が食べたくなって来た。てな事で、イオン感謝デーの日、キリンのイオンアルカリ水を買いに出掛けた序に、アスパ高砂店内にあるフードコートに寄って”スガキヤラーメン”を食べて来た。
 
スガキヤ/アスパ高砂店
こちらが約1年半ぶりに食べに行った『スガキヤ/アスパ高砂店』で、すっかり記憶から消えつつあるので、最近流行り?の忘備録として書いておくと、この場所には6年ぐらい前の一時期、関東でそこそこ人気があった?と言う噂の『らぁめん花月・嵐』があった場所だ。当然の如く?私も『らぁめん花月・嵐』のラーメンを食べた事があるのだが、味がどうのこうのと言う前に、セルフ形式のお店で、普通の配膳サービス?があるお店と同じ価格設定って処が、客が寄り付かなかった一番の要因だったんでは無いかなあ・・・。
 
スガキヤアスパ高砂店ワンコインセット
それは兎も角としてこの日、私が食べたのは”スガキヤラーメン”と”カレーライス”がセットになった”ワンコインセット”で、お値段はその名の通りワンコインの500円也。ラーメンとカレーのセットと言えば若い頃だと黄金のセットとも言える超ワクワクなセットだ。そう言えば、今年のGW期間中にも姫路のリニューアルしたラーメン屋さんでラーメンとカレーがセットになったカレー定食とかを食べたし、サザンプラザ加古川のレストラン街にある格安のラーメン屋『博多金龍』でもカレーを食べた事があるぐらい、今でも大好きなセットでもある。
 
スガキヤアスパ高砂店ワンコインセットのラーメン
そしてこちらが久々に食べる”スガキヤラーメン”で、お値段は290円で、青春時代の頃に比べると倍ほどのお値段にはなっているが、それでも今でもこの価格と言うのは結構安いお値段だと思う。で、私は『スガキヤ』には今でも年に一回ぐらいの割合で来ているのだが、最近『スガキヤ』に来ても”コク旨ラーメン”とか”しょうゆラーメン本店の味”等の期間限定ラーメンとか、あるいはちょっと邪道だった”すき焼き丼”等を食べる事が多く、ノーマルな”スガキヤラーメン”を食べるのは4年ぶりに近い。で、そのお味であるが、場所柄もあって、割と雑に作ってる?感じの、相変わらずちょっと濃い目な味で、若干しょっぱい気もする。それでも、この安っぽさ?も”スガキヤラーメン”の味のテイストの一つ?って事や、懐かしさもあって普通に美味しい。ちなみにちょっと前に食べた”スガキヤのカップラーメン”よりは大分、味は濃いかったかな・・・。
 
スガキヤアスパ高砂店ワンコインセットのラーメンの麺
ちなみにこの日の麺はこんな感じで、これまた雑な感じで若干ダマになっている。アスパ高砂店内にあるフードコートと言う場所柄、そして既に夏休みに突入したのか、子供達の姿も多く、『スガキヤ』にも次から次へとお客さんがやって来るので、おばちゃんの手が雑になるのも判らんでも無いが、一回でもエエから真剣に作ったスガキヤラーメン”を食べてみたい気がする・・・。
 
スガキヤアスパ高砂店ワンコインセットのカレーライス
そしてこちらがワンコインランチのもう一品の”カレーライス”で、差額計算をすると、このミニカレーのお値段は210円と言う計算。ご覧の様に、カレーのルーには冷房の風が当たったかの様な、膜が張っている。きっとラーメンが完成するよりも先に、カレーだけ用意して長時間の間、トレイの上に置かれていたんだろうなあ・・・。ま、『スガキヤ』で食べる210円?のカレーに文句を言う方が間違ってる様な気もするが。で、このカレーはご覧の通り、ほとんど具が入って無い、レトルトチックな味のカレーで、雰囲気的には290円の中華そばが売りの幸楽苑で食べた事があるカレーの味に近い様な気がする。
 
てな事で、この日は久々に”スガキヤラーメン”を食べに行って、その序でにセットのカレーも食べてみたのだが内容的には食べる前から大体想像出来る業務用のレトルトチックな感じがする味だった。そう言う意味で行くと、この手の格安ラーメンチェーンで食べるカレーの中では『博多金龍ラーメン』のカレー内容的にも味的にも一番美味しい様な気がする。と言っても所詮、おまけレベルの味である事には違い無いのだけど・・・。どちらにしても、”スガキヤラーメン”自体は結構好きなラーメンなので、また食べてみたいのだが、上でも書いた様に、一度、麺の湯掻き加減から、スープの濃度調整等を完璧にしたスガキヤラーメン”を食べてみたい気がするのだが・・・。

相変わらず”富士宮やきそば”はカップ麺でしか食べる事が出来ない?って事で今回は”うるおいていカップ麺”食べた!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 8:58 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に”日清ひるぜん焼そば”の冷凍麺とカップ麺を紹介した序でに、その前に食べたカップ焼きそばの”富士宮やきそば”のカップ麺をご紹介!!!”富士宮やきそば”と言えば、ご存じB-1グランプリの第1回&第2回大会で優勝し、その後はB-1グランプリの殿堂入りをした超有名焼きそばで、先日開催された『近畿・中国・四国 B-1グランプリ in 姫路』では120分待ちの行列が出来ていたぐらい、今でも人気の”焼きそば”なのだ。
 
富士宮やきそばうるおいていカップ麺
で、こちらが今回買って食べた”富士宮やきそば/うるおいてい”のカップ麺で、ここ最近すっかりご無沙汰していた十勝新津製麺製のカップ麺だ。で、発売元の説明を読むと”ご当地B級グルメで有名な静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」を、地元の名店「うるおいてい」店主監修により再現。歯ごたえの良いノンフライ麺と旨味・甘味・酸味に加えスパイス・ロースト感を加えた深みのあるソースが見事に調和しています”との事。
 
富士宮やきそばうるおいていカップ麺
で、このカップ麺の中には十勝新津製麺定番の氷結乾燥ノンフライ麺と液体ソースの他に、これまた十勝新津製麺定番のレトルトの具と共に、キャベツ等の乾燥具材、あおさ、紅しょうが、それに”いわしの削り粉”も入っていて、何か盛り沢山。昨年買って食べたマルちゃん製の”富士宮やきそば”カップ麺と比べると、袋の数が倍入っている・・・。数年前に買って食べた十勝新津製麺製の”富士宮やきそば”と比べても、小袋の数が増えている。ま、十勝新津製麺製の商品はその分、お値段も高いのだけど・・・。
 
富士宮やきそばうるおいていカップ麺富士宮やきそばうるおいていカップ麺

そしてこちらが完成した”富士宮やきそば/うるおいてい”のカップ焼きそばで、十勝新津製麺定番のレトルトの具材の肉かすと豚肉が大量に入っていて中々美味しそう。で、早速、この”富士宮やきそば/うるおいてい”を食べてみると、確かにカップ焼きそばとしては具沢山で麺もそこそこ美味しいのだけど、何か今ひとつ物足りない感じ。上で書いた数年前に買って食べた十勝新津製麺製の”富士宮やきそば”の方が遥かに美味しかった様な気がする。ま、昨年食べた、”マルちゃん製のカップ焼きそば”よりは美味しい事には違い無いが・・・。
 
てな事で、またまた”富士宮やきそば”を食べたのだが、相変わらずカップ麺で、以前食べた生麺タイプの富士宮やきそばですら無い。加古川・高砂近辺では”富士宮やきそば”をメニューに出すお店はほとんど無く、以前食べに行ったら麺切れで食べれ無かった『花門亭/加古川メガコート店』もお店自体が無くなってしまったし・・・。って事で、私が本物の”富士宮やきそば”を食べる日はやって来るのか・・・。11月に姫路で開催される予定の”B-1グランプリ”本選で長時間?並んで食べるとするかな?

WordPress.com Blog.