義史のB型ワールド

2011年8月8日

数年ぶりの”いなみうどん”で”とり唐ミニ親子丼”ってのを食べた!ちょっと変わっているが中々旨い!!!

Filed under: 麺類と粉もん, — 代理人 @ 9:21 PM
 
代理人記録
 
相変わらずラーメンを食する日が多い・・・。そんな事もあって、偶には美味しいうどんかそばが食べたくなって来た。美味しいうどん屋orそば屋?で直ぐに頭に浮かぶのが、稲美町にあるその名も『手打ちうどんのお店いなみ』と、その向い側にある『そば料理のいなみ』。気持ち的にはどちらのお店でも良かったので、どちらのお店に入るかはお店に到着してから決めよう?って事で取り敢えずお店のある稲美町まで行ってみた。
 
うどん料理いなみ
で、先に『そば料理のいなみ』のお昼のメニューを見てみたのだが、特に目ぼしいメニューが見当たらなかったので、その反対側にある超人気店ある『うどん料理のいなみ』通称『いなみうどん』の方に行ってみると、お店の前に何かピンク色した派手なメニューが置いてある。その内容はと言うと”とり唐ミニ親子丼セット”との事。うどんかそばを食べに来たのだが、この”とり唐ミニ親子丼”ってのもちょっと食べてみたくなったので、最終的にこのメニューに釣られていなみうどん』に入ってみる事に決定!
 
うどん料理いなみとり唐ミニ親子丼セットのメニュー
ちなみにこちらが『うどん料理いなみ』のお店の前に置いてあった”とり唐ミニ親子丼セット”のメニューで、一番上に”新感覚DON! ひと味ちがう親子丼!”と書かれてあって、何かこの一言が、この日、私を『いなみうどん』のお店の方に引き寄せた最大の要因なのである。やっぱ、他のお店に無い物?って、ブログネタに持って来いだもんねえ・・・。
 
うどん料理いなみ夏季限定の冷たいうどんのメニュー
で、店内に入ってから席に置いてあるメニューを見ると、この様な”夏季限定の冷たいうどん”のメニューもあり、その中にある”冷やしカレーうどん”とか”冷やしきつねうどん”等も何処と無くB級グルメっぽくて心惹かれる物があったのだが、うどん?の割にお値段がちょっと高い様な気がするし、気持ち的にはすっかり表の看板で見た”とり唐ミニ親子丼”になっていたので、この日は素直に”とり唐ミニ親子丼セット”を注文!
 
うどん料理いなみおいも豚のメニュー
更にうどんのメニューの他に、この様な”おいも豚”とやらを使ったメニューもあって、何か以前のうどん専門店?みたいな印象とはこちょっと変わって来た様な印象を受ける。とは言え、他のお客さんの注文の様子を見ていると、ほとんどのお客さんが普通にうどん類のメニューを頼んでいたけど・・・。
 
うどん料理いなみとり唐ミニ親子丼セットのうどん
で、セット注文後暫く待っていると、まず最初に運ばれて来たのがこちらの”とり唐ミニ親子丼セット”の”かけうどん”。外はすっかり真夏日・・・、って事で気分的には”冷たいぶっかけ系のうどん”が食べたかったのだが、変更出来るのかどうか尋ねると”出来ない!”との事だったので、温ったかお出汁のうどんだ。
 
うどん料理いなみとり唐ミニ親子丼セットのうどんの麺
それは兎も角、セットの”とり唐ミニ親子丼”が何時出て来るのか判らないから、待ってても仕方ないので、早速この”かけうどん”を食べてみると・・・。以前、時々来ていた頃の記憶のイメージでは、もっと讃岐うどん風のコシのある麺だと思っていたのだが、長時間、湯掻いて置いていたからなのか、何かちょっと柔くて関西うどんの麺の様になっている。偶々、お昼の繁雑時だけの事なのか、あるいは関西風の麺に変えたのか?久々なだけにちょっと判断は出来ない。ちなみにお出汁は、それこそ関西風のちょっと甘目で、何処と無く懐かしい味もあって、中々美味しかった
 
うどん料理いなみとり唐ミニ親子丼セット
で、先に運ばれて来た”かけうどん”を半分ぐらい食べ進んで、このままだとうどんを先に完食してしまうぞ?と思った時になって、漸く”とり唐ミニ親子丼”が運ばれて来て、これで”とり唐ミニ親子丼セット”の全品が揃った。これでお値段は800円なので、高いのか安いのか・・・、ま、平均的な価格?ってとこかな?
 
うどん料理いなみとり唐ミニ親子丼
そしてこちらが表のメニューを見て、今回『いなみうどん』に入るきっかけとなった”とり唐ミニ親子丼”で、お店の説明に寄ると”中はふんわり外はサクっと揚がったとりの唐揚げを、当店人気の焼豚のたれにくぐらせさらにたれをまわしかけます。まん中にふんわり温泉玉子をのせたひと味ちがう親子丼”との事。うどん屋さんなのに、”当店人気の焼豚のたれ”とは如何なる物?と、これまたちょっと謎に包まれた感じではあるが、雰囲気的には”親子丼”では無く”唐揚げ丼”の様な丼だ。
 
うどん料理いなみとり唐ミニ親子丼のたまご
と言う事で、早速”とり唐ミニ親子丼”を食べてみると、商品説明にあった様に唐揚げに焼豚のたれの味が浸みていて、そのまま食べても普通に美味しい唐揚げだ。真ん中にトッピングされた玉子は、ご覧の様な温泉玉子風の半熟とろとろで、御飯や唐揚げに絡ませて食べると、これまた旨い。御飯の上にはレタスを中心とした野菜が敷き詰めてあって、これまたシャキッとした食感も楽しくて、シンプルながら中々美味しいとり唐ミニ親子丼”だった。
 
てな事で、この日は久々に『いなみうどん』に行って来たのだが、コシの無いうどんは兎も角として、お出汁は普通に美味しかったし、何よりこの日食べた”とり唐ミニ親子丼”も見た目も楽しく味的にも結構美味しい丼で、総合的には大満足。上で書いた様に”おいも豚”とやらを使ったメニューも豊富にある様なので、これを機会に、また近々食べに行ってみたいと思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.