義史のB型ワールド

2011年7月25日

これが噂?でも無い・・・、播州餃子!!!ホルモン餃子もあるでよ!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:57 PM
 
代理人記録
 
少し前に、久々に『新在家ラーメンもんど』へ来た時、待ち客リストに名前を書いた後、じっと並んで待つのも何だし・・・、って事で、久々にJR東加古川駅前周辺を散策したのだが、その時、駅前通りと2国の交差点の角っ子辺りに新しいお店の餃子専門店が出来ているのを発見!その時以来、ずっと気になっていたのだが、それ以降暫くの間ちょっと忙しかったので、全然行くチャンスが無かったのだが、その忙しさも漸くひと段落した・・・、って事で、その時見つけた餃子専門店に行ってみた。
 
播州餃子・賀古里
こちらが今回初訪問の『播州餃子・賀古里』で、お店がある場所はJR東加古川駅前の国道2号線の交差点近くで、以前、フォアグラを食べに来た事がある居酒屋『花鳥風月』があった跡地で、以前の店舗は完全に解体して新規に建造したお店の様だ。が、何かパッと見た感じが、和菓子屋さん?とか饅頭屋さん?に見えてしまって、とても餃子専門店に見えないのがちょっと残念。てか、最初営業しているのかどうかすら判断出来なかったのだが、暖簾が掛かっているし、その暖簾の中に小さな営業中と書いた板も掛かっていたみたい・・・。
 
(<–この写真は某グルメサイトから拝借)
で、恐る恐る扉を開けて入店・・・、お店入って直ぐにあるカウンター席に着席。透明のボードがあるものの、目の前のカウンター正面には店主の兄ちゃんが餃子を焼いているし、スタッフのお姉さんも、来店客を待って入口方面をずっと見ている事もあり、何かずっと見られている様で居心地はちょっと悪い様な・・・。ま、店内が賑わっていればそんな事は無いのだろうけど、この日は偶々なのか、結構店内が閑散としていた物で・・・。
 
播州餃子・賀古里ランチメニュー
それは兎も角として、こちらが『播州餃子・賀古里』のランチメニュー。看板メニューと思われる”播州鉄板餃子”は一人前280円と、餃子専門店としては割とリーズナブルな価格。その他”播州ホルモン餃子”、”播州地鶏しそ餃子”、”とんこつスープ餃子”等がありそれぞれ380円で、こちらは値段的にはちょっと微妙か・・・。その他、お得な餃子の定食メニューがあったのだが、初訪問だし場合に寄っては次回の訪問があるかどうかも判らないので、”ボリュームたっぷりな賀古里の餃子が全て食べられます”と書かれた”賀古里餃子定食”と言うのを注文!!!
 
播州餃子・賀古里餃子のタレと辛みそ
ちなみにカウンター席の上にはこの様な餃子のたれや、辛みそだれ等が置いてあったのだが、みそだれが辛みそとなっていたのでこの日は結局一度も使わずに食べ終えてしまった。また次回のお楽しみ?って事にして置こう・・・。
 
播州餃子・賀古里/古里餃子定食の海老天チリソース
で、ここから暫くは餃子が焼き上がるまでじっと我慢の子状態なのだが、暫く経って餃子が焼き上がるタイミングを待って、まず最初に運ばれて来たのが、こちらの”賀古里餃子定食”の一品料理。で、内容は日替りらしいのだが、この日は”海老天?海老のフリッター?のチリソース?”の様な物だ。これ自体の味は可も無く不可も無くって感じだったけど、餃子との相性はどうかな?と思う様な料理の様な気がしたのだけど・・・。
 
播州餃子・賀古里/賀古里餃子定食
そして、先に運ばれて来た一品料理の”海老天のチリソース”の写真をと撮っていると間も無くして餃子とライスが運ばれて来て、ほぼ全品が揃った”賀古里餃子定食”の様子がこちらで、後から出て来る”スープ餃子”を入れて、お値段は780円也。その昔、大阪在住の頃に『餃子の王将』へ行って良く食べていたのが”餃子定食”で、その内容はと言えば、餃子2人前に唐揚げとみそ汁とご飯が付いて480円ぐらいだった・・・。雰囲気的にはその当時の”餃子定食”に似ていて、何と無く懐かしい気もする・・・。
 
播州餃子・賀古里/賀古里餃子定食の餃子3種
そしてこちらがメインの”賀古里の餃子3種”で、運んで来た時にどれが何餃子なのか説明してくれたのだが、聞いた時点で頭の中から消えて行ったので全く持って覚えて無いのだが、メニューに寄ると”播州鉄板餃子”、”播州ホルモン餃子”、”播州地鶏しそ餃子”の3種のはず。で、お店の説明に寄ると”極薄皮で黒毛和牛を使ったパリパリ・ジューシー・アツアツの鉄板羽根付き餃子。皮は極薄皮。黒毛和牛と豚肉と地元食材を使用。タレは自家製、羽根は秘伝の自家製白い水、鉄板で提供”との事。確かに羽根つきパリパリで中々美味しそうだ。
 
てな事で、早速、餃子から食べてみると・・・、”播州地鶏しそ餃子”はネーミング通り”しその風味”たっぷりな感じで、個性的な味で、逆に地鶏の味は良く判ら無い。で、”播州鉄板餃子”、”播州ホルモン餃子”は最初説明してくれたのだが、どちらがどうなのか直ぐに記憶から消えたので、これまたどちらが何餃子なのか良く判らんのだけど、片方の餃子は凄く美味しい様な気はした。が、少し前に管理人さん邸を訪れた際に手土産で持って行った”加古川ホルモン餃子”の様な、ホルモンの食感は無くて、味的にはこの前食べた”加古川ホルモン餃子”の方が美味しかったかな
 
播州餃子・賀古里/賀古里餃子定食
そんなこんなで”賀古里の餃子3種”を味わっていると、少し遅れて”スープ餃子”が運ばれて来て、全料理が揃った”賀古里餃子定食”の様子はこんな感じで、これでこのお店の4種類の餃子が全部揃った事になる。一度の訪問で全ての味の餃子が楽しめるって事で、この定食は中々楽しい様な気がする・・・。
 
播州餃子・賀古里/賀古里餃子定食のスープ餃子
そしてこちらがその”スープ餃子”で、お店の説明に寄ると”餃子に合う特製とんこつスープ”との事。確かメニューの説明ではスープ餃子の中身も2個の餃子が入っていて、全部で8個の餃子が味わえる?と言う話だったと思ったのだが、この”スープ餃子”には餃子が3個入っていて、ちょっと得した気分。で、以前から当ブログでも何度も書いているが、私はスープに浸かった”スープ餃子”と言うのか”水餃子”が結構大好き!って事もあり、この”スープ餃子がこの日食べた餃子の中で一番美味しかった様な気がする。ま、それって餃子の味が・・・、と言うよりどちらかと言うとスープの味が私の好みにマッチしていた?って事が最大の要因な気はするのだけど・・・。
 
播州餃子・賀古里/賀古里餃子定食の餃子3種
最後に、一通り各種類の餃子を味わった後、鉄板上の各3種の餃子をひっくり返して表側?から見るとこんな感じ。左側の餃子は若干しその色が見えるので”播州地鶏しそ餃子”だと直ぐに判るのだが、後の2種類はどちらが”播州鉄板餃子”で、どちらが”播州ホルモン餃子”なのか、見ただけでは良く判らない。上でも書いた様にどちらか片方は結構美味しかったので、それを確認する為にもう一度行ってみないといけないかな?とは言え、全体的な印象はと言うと、そこそこ美味しい餃子ではあるのだが、格別に旨いか?と聞かれると微妙かも・・・。ま、出来たばかりだし、温かい気持ちを持って食べに行くお店なのかも知れない・・・。
 
てな事で、前々から気になっていた餃子専門店に行ってみたのだけど、味的には割りと普通かも。が、この日はランチタイムの訪問だったので上記のメニューしか無かった?のだが、壁に貼られたメニューを見ると”播州ホルモンうどん”とか”播州地鶏の鉄板焼”等の餃子以外のメニューも豊富にある様なので、また機会があれば夜の時間帯にも行ってみたいと思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。