義史のB型ワールド

2011年7月20日

久々に”たまごかけご飯専門店”に行って”虎巻玉子の穴子めし”を食べた!穴子も虎焼玉子も熱々じゃ無いのが残念!!!

Filed under: — 代理人 @ 10:13 PM
 
代理人記録
 
忙しかった日々も取り敢えずひと段落!って事で、久々に姫路まで行ってとあるラーメン屋さんに行ったのだが、何故かそのお店が閉まっていた・・・。ちょっと当てが外れてしまったのだが、気分はすっかりラーメン・・・って事で今度はJR姫路駅周辺のラーメン屋さんを目指していたのだが、姫路駅の北方面に居た事もあり、ふと頭に浮かんだのが先日”近畿・中国・四国B-1グランプリ in 姫路”来た時に久々にお店の前を通って思い出したたまごかけご飯専門店たまごや』。以前、このお店に来た時は持ち帰り専用メニューだった”虎巻玉子のあなごめし”が何時の間にか店内でも食べれる様になっていたので、前々から一度食べてみたいと思っていたので、これも折角のチャンス?って事で、その”虎巻玉子のあなごめし”を食べに行ってみた。
 
たまごかけご飯専門店たまごや
こちらが久々に行った『たまごかけご飯専門店たまごや』でお店は先日も紹介した通り、姫路城の真ん前にある家老屋敷館の一角にある。2年前に来た時は、このお店が出来たばかり?だったので店内は比較的空いていたのだが、この日は土曜日?のランチライムど真ん中って事もあり、店内はほぼ満席で偶々レジ横のカウンター席が空いていたので、何とか席に着く事が出来たのだが、私が入店して間も無くすると、外ではテーブル席空き待ちのお客さんの列が出来ていた。2年の間に結構メジャーなお店?に成長したのね・・・。
 
たまごかけご飯専門店たまごやのお献立
ちなみにこちらは『たまごかけご飯専門店たまごや』のお店の前に立ててある”たまごやのお献立”のボードで、やっぱりお客さんの入りが良いのか2年前に来た時に表にあったシンプルな”たまごやのお献立”のボードと比べると、ちょっと派手目な感じのメニューになっている。そして以前は持ち帰り専用のメニューだった”虎巻玉子のあなごめし”もしっかりとレギュラーメニューの仲間入りをしている・・・。
 
たまごかけご飯専門店たまごや店内のメニュー
そしてこちらは『たまごかけご飯専門店たまごや』の店内に置いてあったメニューで、それを見ると何時の間にやら、うどんやそばのメニューも始めた様で”玉つけ蕎麦”とか”穴玉蕎麦”等がある。”たまごかけご飯専門店”で、うどんやそばってどうなの?と思ってしまうが、個人的には穴子大好きって事もあり”穴玉蕎麦”ってのはちょっと気になるかも・・・。てか、B級グルメネタ的には何かピッタシな気がするので、何時か食べてみないといけないかも・・・。
 
たまごかけご飯専門店たまごやのおしながき
そしてこちらはカウンター席に置いてあった、多分2年前に見たのと全く同じ”おしながき”。これをみると、この日私が食べる予定の”虎巻玉子のあなごめし”は”お持ち帰り・お土産”となっていてお値段も800円だ。新しいメニューの方では980円となっていたから、どうやら店内で食べると味噌汁と小鉢が付いて180円アップ?と言う事になるのかな?
 
たまごかけご飯専門店たまごやのこだわり
ちなみに店内のメニューを捲っていると、その中にこの様なページがあり、それを読むとこのお店の米とか卵は自社農場からの直送との事。てか、確かこのお店は、元々が鶏卵場をやっていた人?が、お店を開いたはず・・・。って事で、卵が自社農場直営なのは当たり前と言えば当たり前なのだが・・・。ま、そんな事もあって、このお店で”たまごかけご飯”を頼むと卵はお替りし放題?なので、当然、このお店の一番人気メニューが”たまごかけご飯”だし、実際、半分以上のお客さんが食べていた様な気がする。
 
たまごかけご飯専門店たまごや/虎巻玉子の穴子めしのセット
それは兎も角として、お店が大賑わいって事で、ちょっと間が開いてから漸く運ばれて来たのが、こちらの”虎巻玉子の穴子めし”のセットで、味噌汁と小鉢と香の物が付いてお値段は980円也。値段が値段なので、もうちょっとボリュームのある”穴子めし”が出て来るのかと思いきや、意外と小ぶりな感じの”穴子めし”だ。
 
たまごかけご飯専門店たまごや/虎巻玉子の穴子めし
そしてこちらがメインの”虎巻玉子の穴子めし”で、お店の説明に寄ると”厚焼き玉子と国産天然穴子を贅沢にご飯に盛り秘伝の特性タレをかけたたまごや自慢の穴子めし”との事。見た目は違うが、5月の初めに姫路駅前の鮨屋で食べた”むし穴子丼”と似て無くも無い?様な・・・。で、この”穴子めし”は、ご飯は熱々なのだが、穴子も厚焼き玉子も焼き置きしていた物の様で両方とも既に冷めている。特に厚焼き玉子は焼立てと冷めてからとでは全然印象が違うと思うので、ちょっと残念・・・。
 
たまごかけご飯専門店たまごや/虎巻玉子の穴子めしの穴子
それはさて置き、早速、穴子から食べてみると・・・、お店の説明では”瀬戸内海でとれた大変貴重な穴子を使用”と言う穴子ではあるが、何と無くちょっと細見な感じ。タレは甘目だがどちらかと言うと割とあっさりしていて、食べた感じは極々普通。何かもっと美味しい穴子を期待していたのだけど、期待が高過ぎたのか、割と普通の味の穴子だったかな?比べちゃ悪いのかも知れないが、私が時々行っている加古川の鮨屋”与多呂の穴子の箱寿司の穴子”の方が肉厚もあるし、数倍美味しい様な気がする・・・。
 
たまごかけご飯専門店たまごや/虎巻玉子の穴子めしの虎巻玉子
そしてこちらは”虎巻玉子の穴子めし”のもう一つのメイン?である”虎巻玉子”で、お店の説明に寄ると”少し甘めのこだわり出汁で巻いた卵焼き”との事。以前、”近畿・中国・四国B-1グランプリ in 姫路”に来た際にお店の前を通った時、お店の前で玉子を焼いて売っていたので、てっきり熱々焼立ての玉子焼きで出て来ると思っていたのだけど、上で書いた様にすっかり冷めた”虎巻玉子”だ。お店が空いている時であれば、一から焼くのかも知れないが、何かちょっと残念。そんな気持ちもあってか、味的にも極々普通の”出汁焼き玉子”だったかな・・・。
 
たまごかけご飯専門店たまごや/虎巻玉子の穴子めしの高野豆腐
そしてこちらは”虎巻玉子の穴子めしのセット”に付いていた小鉢でその中身を見ると”高野豆腐の卵とじ”の様だ。”高野豆腐”って事で”虎巻玉子の穴子めし”のタレよりも、味付けが濃い様な感じで、甘さも強めな事もあり、何か雰囲気的にこちらの方が美味しい様な印象。しいて不満点を挙げるならば、”たまごやさん”なのだから、”卵とじ”の卵の量がもっと多くても良かったかな
 
たまごかけご飯専門店たまごや/虎巻玉子の穴子めしの味噌汁
ちなみに今回食べた”虎巻玉子の穴子めし”にも”味噌汁”が付いていたのだが、その内容を見ると”海苔がたっぷり入ったお味噌汁”だ。個人的には海苔がたっぷりよりも、”たまごや”なんだから、味噌汁の中にも溶き玉子(玉子とじ風)を入れて欲しい気もする。そう言えば、最近あまり玉子が入った味噌汁ってお目に掛かった事が無いなあ・・・。所謂、玉吸いと呼ばれる料理程の玉子の量では無く、綴じ玉子が少し具の中に入っている風のお味噌汁って結構美味しい物なんだけどなあ・・・。てか、大阪在住の頃、そんな味噌汁が出て来るお店が数軒あってランチに良く食べていたのだけど・・・。それは兎も角として、この”海苔がたっぷり入ったお味噌汁”は最近食べた味噌汁とは一味違っていて、これはこれで中々楽しかったかな・・・。
 
てな事で、この日はラーメンを食べたくて姫路方面へ出掛けて行ったのだが、ふと思い出して前々から一度食べてみたいと思っていたたまごかけご飯専門店たまごや』の”虎巻玉子の穴子めし”を食べて来たのだが、期待が高かった事や上で書いた様に、穴子も虎巻玉子も冷めていたし、何より値段が980円もした!って事で、何かちょっとイマイチだったかなあ・・・。やっぱこのお店では素直に”たまごかけご飯”を食べるのが正解なのかも知れない・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。