義史のB型ワールド

2011年7月11日

この前、大阪に来た時に食べた”皿うどん”がイマイチだったので、お口直しに”中央軒の皿うどん”を食べて来た!!!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:05 PM
 
代理人記録
 
この日は5月の中旬頃から始まった、ちょっと忙しめの仕事(特に精神的な面とか?)もいよいよ佳境に入った某日、久々に大阪に出向いての作業となった。が、予定していた作業は思いの外スムーズに進み?割と早い目の時間に解放された。てな事で例に寄って何処ぞで何ぞ食うてから帰ろう!って事で、大阪梅田界隈を散策したのだが、一番関心のある、ルクア&三越のレストラン街は相変わらずの大盛況でビジネスマン?がちょっと寄って飲んで食べる?には不向き・・・。そう思って地下街を徘徊したのだが、何かこれと言って食べたい物が無い。こんな時は、何時ものパターン?でお手軽な『中央軒』に寄って”長崎ちゃんぽん”か”長崎皿うどん”を食べて帰る事にした。
 
中央軒/大阪丸ビル店
こちらがこの日、またまた行ってしまった『中央軒/大阪丸ビル店』。大阪市民御用達の『中央軒』は、梅田周辺にはこのお店の他に、地下鉄東梅田駅から阪急梅田駅へ向かう梅田地下街の中にもお店があるのだが、そちらのお店は店内が狭くて、混雑時は相席にされるので、梅田近辺の『中央軒』に行く時は、何時行っても直ぐに席に着く事が出来るこちらの『大阪丸ビル店』に来る事が多い。
 
で、この日、久々に『中央軒』に来る気になったのは、少し前に大阪に来た時に”JR天満駅近くで食べた格安の皿うどん”がイマイチの味だったので、このままだと私の中で”長崎皿うどん”の味のイメージが悪いまま?って事もあり、その味を払拭する為に、美味しい長崎皿うどんを求めて中央軒』を選んだのだった。
 
中央軒の長崎皿うどん
てな事で、この日私が食べたのが当然の如く、こちらの”中央軒の長崎皿うどん”で、お値段は840円也。『中央軒』の商品説明に寄ると”カラっとした揚げ麺と、麺に絡む溢れんばかりのボリュームの具”が特徴との事。で、早速食べてみると、この日の餡は、私の体調のせいなのか、あるいは夏場?って事で味付けが違うのか、ちょっとショッパイ気もしたが、それでも何時もの様に美味しい”中央軒の皿うどん”だ。やはり”某格安長崎ちゃんぽんのお店の味”とは一味も二味も違う・・・。やっぱ関西で”長崎皿うどんを食べるなら中央軒”に限りますねえ。
 
中央軒の長崎皿うどん
ちなみに今回食べた”中央軒の長崎皿うどん”の麺はこんな感じの極細の揚げ麺だったが、メニューを見ていたら”太麺版の皿うどん”もあった。私は大阪在住の頃から30年近く中央軒の長崎皿うどん”に慣れ親しんで来たが、”太麺版の皿うどん”は食べた事が無いので、次回『中央軒』に行った際にはぜひ”太麺版の皿うどん”を食べてみようと思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.