義史のB型ワールド

2011年7月8日

東北大震災からちょうど3ヵ月!って事で”もんジロウ”が限定ラーメンに登場!って事で久々に”もんど”に行った。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 10:11 PM
 
代理人記録
 
3月末に看板メニューだった”もんどラーメン”を封印して以来、”裏メニューの限定ラーメン”の案内も全く来なくなった『新在家ラーメンもんど』であったが、この日、久々に”限定ラーメン”の案内が来た。それを読むと東北大震災以来、限定ラーメンも封印していたのだが、3ヶ月経ったって事で、久々に”限定ラーメン”を復活させるとの事。で、その”限定ラーメン”はと言えば今年の初めに初登場した”もんジロウ”との事。この日は、土曜日ではあったのだが、ちょっと忙しい日々のど真ん中。ちょっと躊躇いもあったのだが、この機会を逃すとまた何時もんジロウが食べれるかどうか判らない?って事で、久々に『新在家ラーメンもんど』に行って来た。
 
新在家ラーメンもんど
で、どうせ何時もの様に長時間待つ事になると予想されるので、この日はお店の開店時間より前に行ってみた。するとお店の前には全く行列が出来て無い・・・。これはまた異様な・・・、と思ったら、何時もならお店開店前には置いて無い、待ち客リストの紙が置いてあって、そこに名前を書いた後は、近くに用意された”もんジロウ待合室”とか、あるいは車の中で待機している様子。
 
新在家ラーメンもんどもんジロウ待合室新在家ラーメンもんどもんジロウ待合室内

そしてこちらがこの日、用意されていた”もんジロウ待合室”で、前日の天気予報ではこの日は朝から土砂降りの雨?と言う話だったので、雨の中待って貰うのは悪い?って事で、この待合室が用意されていたのだった。ちなみに、上の写真には全然お客さんが写って無いのだが、この写真を撮ったのは”もんジロウ”を食べ終えて帰る際に撮ったので、誰も居なかったのだがお店到着直後にこの部屋を覗くと10数人のお客さんが椅子に座って居て、全員が思いっ切り入口の方に向かって視線を送っていたので、ちょっと入り難く、雨も降って無かったので、結局、この辺りをウロウロしつつ、お店の開店時間が来るまで暇を潰したのであった。
 
新在家ラーメンもんど開店直前
そしていよいよ開店時間が近づくと先ほど紹介した”もんジロウ待合室”から、あるいは車の中から出て来たお客さんが続々とお店の前に集まり、待ち客リストに書いた名前が呼ばれる瞬間を待つ。以前にも書いた事があるが、このお店開店直後の一巡目に店内に入店出来るかどうかは、結構大きな差があって、一巡目に入れ無いと、最低でも一番最初のお客さんがラーメンを注文して食べ終えて出て来るまで席が空かないので、正午近くになるまで入店出来ない。って事で祈る様に待っていると、最後のギリギリの処で名前が呼ばれ、どうにか、一巡目に店内に入る事が出来た
 
新在家ラーメンもんど/もんジロウのメニュー
で、お店入って直ぐの目の前にあるカウンター席に座ると目の前にはこの様な”もんジロウ”のメニューの張り紙がしてある。”もんジロウ”は超極太麺なので麺を湯掻くのに10分程かかる!って事で、この日のメニューはこの”もんジロウ”の並盛とスペシャル盛の2種類、と後は”塩おにぎり”があるのみで、他のラーメンや、あるいは餃子唐揚げ等のサイドメニューは一切無い。もしもそれを知らずにやって来たお客さんが居ると・・・、ちょっと可愛そうな気もするが・・・。
 
ちなみにこの日の店内には、以前、もんどからの案内メールに書いてあった”もんジロウのテーマソング”がずっと店内に流れていた・・・。店内に居た約1時間の間、ずっと聞かされていた?ので、何か頭の中が洗脳された様で、帰り際に思わず口ずさんでしまったのだが・・・。
 
新在家ラーメンもんど/もんジロウ
それは兎も角として、先にも書いた様に、お店開店と同時に入店は出来た物の、最後の方にギリギリで入ったって事で、順番は一巡目のほぼ最後の方。って事で中々私の順番が廻って来ない・・・。しかもほぼ同時に入った隣の先客と、奥のテーブル席から移動して来た、反対隣の客のラーメンが運ばれて来ても、私の分は無く、結局、お店入店後、約40分経って漸く運ばれて来たのが、こちらの”もんジロウ”の並盛で、お値段は750円也。結構、待ち草臥れた・・・
 
新在家ラーメンもんど/もんジロウ
この”もんジロウ”は案内メールに寄ると”にんにくトッピングや背脂増しなど今話題の二郎系メガ盛りラーメン”って事でご覧の様に、麺も野菜もテンコ盛りで具のチャーシューも馬鹿でかい。ただ、今年の初めに来た時に甥っ子が食べた”スペシャル盛”に比べるとチャーシューも一枚だし野菜も少ないし、ニンニクの量も控え目。実際、両隣の方が(一人は女性)が食べている”スペシャル盛”は中々豪快なボリュームだった。ブログに載せるには絶対”スペシャル盛”の方がインパクトがあるのだが、如何せん、今の私にはこれ以上のボリュームのラーメンを食べ切る自信は全く持って無いので致し方が無い・・・。
 
新在家ラーメンもんど/もんジロウ
と、だらだら書いた序でにもう一枚、別角度から見たショットの写真をご紹介。トッピングの”分厚切りとろり熟成チャーシュー”が中々旨そうに見えるでは無いか・・・。って事で、早速”もんジロウ”を食べてみると・・・、背脂たっぷりのこってり系スープにニンニクも加わって結構ヘビーなスープなのだが、何と無くではあるが、今年の初めに食べた時程の感動が沸いて来ない。何故かな?と思ってじっくりと考えてみると、偶々であるが、ちょっと前に”加古川大盛軒で二郎系の角ふじ麺”を食べたばかりだった事もあり、何と無くニンニクの量が物足りなく感じたからの様だ。
 
日頃はラーメンにニンニクを入れるのを嫌う私ではあるが、この二郎系のラーメンには何故かニンニクが良く合うのでニンニクたっぷりの方が美味いのだ。今年の初めに食べた時は、甥っ子が”スペシャル盛”を食べたので、そちらにはニンニクもテンコ盛りだったので、半分ぐらい分けて貰って並盛に足して食べた事もあり、結構、ニンニク風味たっぷりな濃厚背脂こってりスープだったので、この日はちょっと物足りなさを感じた様だ。思わず、隣のお客さんに、ニンニクだけちょっと分けて・・・、とお願いしそうになった程だ・・・。ボリュームは並盛で十分なんだけど、ニンニクだけはもう少し足して欲しかったかも・・・
 
新在家ラーメンもんど/もんジロウ
そして”もんジロウ”と言えば何と言っても、まるでうどんかと見間違える程の”超極太の麺”!流石に2回目となると初めて食べた時程の驚きは無いが、ご覧の通りの”超極太麺”だ。ちょっと前までなら”加古川大盛軒でもこれに近い極太麺のラーメン”が食べれたのだが、今はもうその極太麺は食べれ無いので、まさに”もんジロウ”が裏メニューで登場した時しか食べれ無い麺なのだ。しかも麺だけで250gとボリューム満点!ただ、この日の麺はモチモチと言うよりは、ちょっとねちゃっとした感じで、こちらも最初に食べた時程の美味さとはちょっと違う様な印象だったけど・・・。
 
新在家ラーメンもんど/もんジロウ
ちなみに先に紹介した具の”分厚切りとろり熟成チャーシュー”も、ご覧の通りの超極厚のチャーシューで食べ応え十分。この極太のチャーシューを見ると、10年近く前に遥々、但東町まで食べに行った『壱学』を思い出す。あのお店の大将はチャーシューにする前の巨大な豚肉の塊を見せながら、何やかんやと説明してくれたっけ・・・。最近では結構、分厚目のチャーシューを出すお店は増えて来たが、これほど大きなチャーシューが入ったラーメン屋さんは中々無いからねえ。普段からでも100円か200円アップ程度で、この”分厚切りとろり熟成チャーシュー”が選べる様になったら嬉しいのだけど・・・。
 
新在家ラーメンもんど/もんジロウ完食
てな感じでこの日も何とか”もんジロウ”を完食。”スペシャル盛”を食べていた両隣のお客さんを見ていると、ニンニクたっぷりなせいもあって飲み干す事が出来なかったのか、結構な量のスープを残していた。そう言えば以前食べた時、我が甥っ子すらさえも結構な量のスープ残してたから、”スペシャル盛”はそれが限界なのかも知れない・・・。
 
てな事で、約5ヶ月ぶりに食べる事が出来た”もんジロウ”は、今回もまた中々楽しかったのだが、上でも書いた様に、この数日前に”加古川大盛軒で同じく二郎系の元祖角ふじ麺”を食べたばかりだったので、ニンニクの度合いとかスープの味とかは何と無く”元祖角ふじ麺”の方が私の好みにマッチしている様な気がしないでも無いが・・・。でもまた”もんジロウ”が裏メニューに登場したら食べに行ってしまうだろうなあ・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。